Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』ポルトガルのジョーシキとは?

2016/5/15 11:15

『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』

毒を以て毒を制す?許すことで薬物を押さえるのがリスボン流!

ポルトガルs

スノーボード選手を彷彿とさせるポルトガルのジョーシキに迫る特別映像公開!

アメリカ復権をかけて、ヨーロッパのジョーシキを侵略するミッションに挑むことになったマイケル・ムーアが向かったのは、ポルトガルのリスボン警察本部。ムーアを迎えてくれたのは警察官のN.リベイロ氏とR.マルタ氏だ。二人に向かってムーアが「ドラッグ使用で逮捕したことがあるか?」と聞くと「ヘロイン、大麻、覚せい剤どれでも逮捕しない」と信じられない答えを耳にする。ムーアが「今コカインを持っていても?」と驚きつつ質問すると、リベイロ氏は笑顔で「大丈夫です」と回答。「今ポケットにコカインを持ってます。大量に」と言うとさすがにリベイロ氏も険しい顔に…。

次にマイケル・ムーアが向かったのは厚生労働省のN.カパーズ博士の元。一風変わった怪しげな雰囲気を醸し出す博士に「麻薬患者に見える」というムーアの失礼な言葉にも「よく言われる」と返答するカパーズ博士。その後に「ドラッグを使っている?」と質問された時には「使ってるよ。酒、インターネット。コーヒー…快楽を得られる」と茶目っ気たっぷりに解答。本題に入り、ムーアが昨年ドラッグで逮捕された人数を質問すると答えは「ゼロ」。2年前も5年前も同様に「ゼロ」。なんとこの15年間ドラッグで逮捕された人物はいないという。一体なぜなのか…?この続きは是非劇場で確認してほしい。

驚きと笑い、そして感動に満ちた、マイケル・ムーアの集大成『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』は、5月27日(金)より全国ロードショー。

<STORY>

これまでの侵略戦争の結果、全く良くならない国・アメリカ合衆国。米国防総省の幹部らは悩んだ挙句、ある人物に相談する。それは、政府の天敵である映画監督のマイケル・ムーアであった。幹部らの切実な話を聞き、ムーアは国防総省に代わって自らが“侵略者”となり、世界各国へ出撃することを提案。そして空母ロナルド・レーガンに搭乗し、大西洋を越えて最初の侵略先・ヨーロッパを目指すのだった…。

監督・製作・脚本・“侵略”:マイケル・ムーア

原題:WHERE TO INVADE NEXT 2015年アメリカ映画 119分 シネスコ レイティング:PG-12

配給:KADOKAWA ©2015, NORTH END PRODUCTIONS

公式サイト:http://sekai-shinryaku.jp  公式SNS・ツイッター;http://twitter.com/sekaishinryaku

Facebook:https://www.facebook.com/michaelmoore.sekai.shinryaku

関連記事


Page Up