Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

『白鳥麗子でございます! THE MOVIE』初日舞台挨拶

2016/6/14 01:53

河北麻友子、総額1000万円以上!ブルガリ宝飾品を身につけ登場!

同棲中の本命カレシに「チャライから嫌い」とダメ出し?

P2590578s

【日程】2016年6月11日(土曜日) 15:45~16:15(約30分間)
【会場】シネマート新宿 SCREEN1 東京都新宿区新宿3丁目13-3 新宿文化ビル6F
【登壇】河北麻友子、水野勝(BOYS AND MEN)、小林豊(BOYS AND MEN)、久松郁実、上野優華、吉原雅斗(BOYS AND MEN)、久万真路監督/計6名

鈴木由美子の大ヒットコミックを、河北麻友子主演で20年ぶりに映像化したテレビドラマ(2016年1月 ~3月/全10回)の劇場版『白鳥麗子でございます! THE MOVIE』が6月11日(土曜日)、公開初日を迎え、同日シネマート新宿にてキャスト&監督が登壇する初日舞台挨拶が開催された。麗子は愛する哲也と一緒に、静岡県下田に帰省するが、そこでは白鳥家が関わるリゾート計画が進行中! 哲也の父ら地元の漁師たちは猛反対で、両家も対立関係に陥っていた。そこに新たな恋のライバルが現れて…。

誰もがうらやむセレブ令嬢・白鳥麗子を演じた河北。この日は作品の世界観そのままに、総額1000万円以上するブルガリの高級ジュエリーを身にまとって登場! さらにスリットから美脚が見え隠れする黒のドレスはベルサーチ、靴はルブタンというラグジュアリーなコーディネートで会場を圧倒した。
また、舞台挨拶では司会者から河北に対し、「同棲中の恋人・ 秋本哲也(水野)と、新たに出会う御曹司・桐生希一(小林)のどちらがタイプか?」という質問も。演じた本人2人を目の前に、さぞ答えにくいかと思いきや「桐生さんがいいです。てっちゃん(哲也)はチャライから嫌い」と即答。まさかの“ダメ出し”に、水野は「悔しいですけど・・・、きっと皆さんもそう思っているはず(笑)。でも、映画は・・・見とけよ! しっかり名誉挽回しています」とドラマとは違う“脱チャラ男”をアピールしていた。

◆河北麻友子(白鳥麗子/ドラマに引き続き登場/ニューヨーク育ちのリアルお嬢様)
皆さんに早く見てほしいという気持ちでいっぱい。今回演じた麗子は、自分と共通点が多すぎて、それを話していたら時間が無くなりそう。でも、麗子は料理がヘタですが、私はちゃんと料理をします。得意料理は・・・ナスのおひたし。
今回の映画はドラマからスケールアップしていて、麗子のお嬢様ぶりもレベルアップしている。結婚式のシーンもあるので、ウェディングドレス姿にも注目!

◆水野勝(同棲中の恋人・秋本哲也/ドラマに引き続き登場/BOYS AND MEN)
とても人気がある原作ですし、出演できて光栄です。ただ20年ぶりの映像化なので、まったく新しいものになる期待がありました。麗子みたいな女性は・・・スーパーポジティブ過ぎて、振り回されるのが大変そう(苦笑)。

◆小林豊(政略結婚を持ちかける御曹司・桐生希一/劇場版で初登場/BOYS AND MEN)
クールでカッコいい役柄を演じることがうれしい。普段の自分に似ていて・・・いや、すごくギャップがあるので、撮影中は河北さんから「どっちが本当の小林君なの?」と言われていました。ぜひ、ギャップを楽しんでください。

◆久松郁実(哲也に思いを寄せる幼なじみの留美/劇場版で初登場)
今日は来てくださり、皆さんありがとうございます。私もドラマを観ていて、哲也くんはチャライと思っていました(笑)。

◆上野優華(白鳥家のメイド・うずまき/ドラマに引き続き登場)
本番も休憩中も、麗子さんはオーラがすごくて、ずっとキラキラしていました。私なんか話しかけていいのかと遠慮していました。

◆吉原雅斗(哲也のバスケ部の友人・健吾/ドラマに引き続き登場/BOYS AND MEN)
僕らの曲(主題歌「Forever and Always」、挿入歌「With …」)がすごくいいタイミングで流れるんです。やっぱり監督は天才だなと思いました。

◆久万真路監督
麗子は哲也一筋だと思っていましたが、まさか桐生のほうがいいと即答するなんて・・・。今から映画を作り直そうかなと思います。(壇上で言い争いをする河北と水野を見ながら)僕の教育が悪かったのかな・・・。

『白鳥麗子でございます! THE MOVIE』は全国ロードショー

関連記事


Page Up