本格料理ドラマ「キムチ~不朽の名作」主演のパク・ソニョンにインタビュー!

2013/7/3 12:01

「朱蒙」の名プロデューサーが手掛けた、本格料理ドラマ!「キムチ~不朽の名作」!逆境に負けずに明るく前向きなヒロイン、グミを好演したパク・ソニョンのオフィシャルインタビューをお届けいたします。

★_MG_0972メイン-2

©CHANNEL A ALL RIGHTS RESERVED.

―グミのキャラクターをどのように作っていきましたか?

最初にグミというキャラクターに出会ったとき、愛すべきキャラクターだと思いました。すごく明るくて凛々しくてそして自分の考えがはっきりしていて、少しそそっかしいところもある、そこがとても気に入ったんです。それで、本来のキャラクターを壊さないようにしながらも、パク・ソニョンという女優として、何か特別なものを作り上げなければと思い、パク・ソニョンらしいファン・グミを作っていきました。

―キャラクターとご自身に似ている部分はありますか?

このドラマに出てくるファン・グミというキャラクターは、パク・ソニョンという人間と、すごく似ている部分が多いんです。実際に、私の素の姿がドラマのキャラクターにたくさん投影されていると思います。それで楽しくリラックスして撮影できたように思います。

―グミはハン・ジェソクさん扮するソンジュン、コ・ユヌさん扮するゴヌという2人の男性に愛されます。2人の男性を虜にする女性としての魅力はどこにあると思いますか?

グミの女性としての魅力ですか? アハハハ。さっきから「私に似てる」って、さんざん言っちゃったのに……(笑)。グミという人物のいちばんの魅力は、明るく健康なエネルギー(を持っていること)だと思います。会うと気分がよくなる人。でも、そういうエネルギーを与えてくれる人って、そうめったにはいませんよね? だから、グミの魅力は、明るく健康なエネルギー、そして、すべてのことに一生懸命でベストを尽くす、そんな姿ではないかと思います。

―ご自身は、ソンジュンとゴヌ、どちらがタイプですか?

そういう質問をすごくたくさん受けるんですが、実際には、ゴヌとソンジュンを半分ずつ混ぜたキャラクターだったらすごくいいですね。でも、ドラマに出てくるキャラクターとしては、やっぱりソンジュンが私の個人的な理想のタイプと少し近いんじゃないかと思います。表には出さないけれども温かくて、そしてどことなく魅力があって。悪い男なんだけどハートが温かいキャラクター。

―料理のシーンを演じるために、どんな指導を受けましたか?

これは本来、料理のドラマですよね。もともとは漢方医で、後から料理をするようになるので、料理を始めたばかりの頃のシーンではぎこちなくても構わないのですが、だんだん、うまくなっていかなきゃいけないわけです(笑)。料理をあまりやったことがなかったので、本当にすごく心配しました。それで、撮影が始まるずいぶん前から、料理教室に通って一生懸命練習しました。料理も作ったし、特に、見せる部分、包丁さばきはとても難しかったです。だから一生懸命やったんですが、やってみたらすぐに上達したんですよ。それで、私って本当に料理が上手なのかしら、なんて思いながら、一生懸命練習しました(笑)。

―ドラマに出てきた料理を家でも実際に作ってみたことは?

家でもずいぶん作ってみました。実際に習って、家でもう一度作ってみたんですが、普段は作ったことがなかったような料理を作ってみたらすごくおいしかったんです。本当に、想像もできない料理を作ったんですが、すごくおいしいんですよ。それで、ああ、料理ってこういう楽しみがあるんだな、これだからグミが料理にのめり込むんだな、と思って、家でもいろいろ作ってみました。

得意料理を教えてください。

もともと、特にはないんですが、キムチチゲをサッと作るとか、そういう簡単なものしかできなかったんです。でも、ドラマで習った通りに作った料理の中で、清麹醤(チョングクチャン ※納豆チゲ)。清麹醤を作ったんですが、教えてもらった通りに作ってみたら、すごくおいしくできました。それから、キムチを漬けることも習って、一度やってみました。それほど深い味は出ませんでしたが、ああ、できるものなんだなと、そんなふうに思いました。

―最近はキムチを漬けない家も多くなっていると聞きましたが、パク・ソニョンさんの家ではどうだったのでしょうか?

もともとは母の手伝いで…… 母が作ってくれていたのですが、私は今、韓国ではなくてアメリカに住んでいるんですね。それで、アメリカではどうしても韓国にいるときほど韓国料理を食べることができないので、家でキムチを一度漬けてみたんです、初めて。おいしくないんです。やはり、キムチという食べ物は、本当に奥妙な食べ物なので、熟成をさせるような食べ物だから、実力も熟成されなければダメみたいですね。

―では韓国に戻ってきたとき、いちばんに食べたいのはどんな料理ですか?

いちばん食べたいのは、母が作ってくれる料理、“母の味”ってあるじゃないですか。そういうのは海外では食べられないので、母の料理がいちばん食べたくなりますね。

本作を通して、食べ物について学んだことは?

子どものころは、何でもかんでもよく食べました。食べることがどれだけ大切かということをよく分かっていなかったのですが、今、年齢を重ねて、このドラマを通して食についてたくさん接してみて、食べるということがどれだけ大切かということが分かりました。だから私も、インスタント食品は少しずつ減らして、良質の材料で、新鮮に、健康な食事をしようと努力をしているのですが、忙しくてなかなかうまくいかないこともあるんです。でも、そういうことが大事だと分かりました、このドラマを通して。だから、たぶん実生活でも少しずつ実践していけば、体も軽くなって健康になって、そういうことを感じられると思います。このドラマをご覧になれば。

―本作も数ある料理ドラマの中で「チャングム」に近い品格ある高品質ドラマだと思いますが、パク・ソニョンさんはどう思いますか。「チャングム」と比べられることについてどう思われますか。

「宮廷女官 チャングムの誓い」から、非常にたくさんの題材を持ってきたと聞きました。だから、名前も「グミ(グムヒ)」でしょう、チャングミ。ハハハ。「チャングムの誓い」が時代劇でそのようなことを表現したならば、このドラマは、とても西洋的な……グミは漢方医だけれども、西洋的な……私たちが現代社会で暮らしながら表現できるチャングムの誓い? そういうことを描こうとしたドラマです。それから、「チャングムの誓い」が時代劇ならば、このドラマは現代劇としてそういうものにたくさん触れられる……料理も出てくるし、薬膳料理も出てくるし、きっとそういう面白味があると思います。

ーパク・ソニョンさんはかつて「真実」で悪役を演じて大きな話題を呼びました。そんなソニョンさんから見て、今回のイ・ハニさんの悪役ぶりはいかがでしたか?

彼女はもともと演技がうまいので。実際、彼女はまったく悪役が似合わないような人なのに、いざ演技をするとうまいんですよね。だから、すごく驚きました。すごく上手に演じるので。ドラマでは、ああいう悪役がいてこそ、いろいろとバランスがとれてドラマをいい方向へ引っ張って行ってくれるので。とはいえ、悪役といえば(自分も)一家言ある身なので、ハニさんがうまく演じてくれてありがたかったです。実際にはすごく健康的で明るい人なので、弟がいたなら紹介したいくらいの、そんな子でした。だから、ありがたかったですよ。

―サネの弟子を演じた元U-KISSのアレクサンダーさん、それからグミの兄、グモ役を演じたシン・スンファンさんとのエピソードがあれば教えてください。

アレクサンダーさんは、撮影現場へ来て、いつも出番待ちばかりしていた気が……(笑)。韓国語の発音がうまくできないので、「ヌナ~(お姉さん)、これで合ってますか?」ってよく聞かれました。だから私たちが「上手よ」と励ましてあげていたのを覚えています。スンファンは個人的な後輩でもあって、以前からの知り合いなんです。ドラマを撮りながら、「あんたは本当に正真正銘の国民的悪役だ」「どうしたらこんな、恩を仇で返すような役を上手に演じられるのか」そんなふうに言うほど、スンファンがうまく演じてくれて、毎回、けんかして、怒って。「国民的ならず者」そんなふうに言ってました。そんな思い出があります。撮影しているときはすごく面白かったのですが、ドラマをご覧になった方々には、たぶん、悪く言われるでしょうね(笑)。

―グミはパク・ケヒャン先生や母親(サネ)など尊敬する人が周囲にいて幸せですが、パク・ソニョンさんが尊敬する人とはどんな方ですか?

子どものときは、有名な偉人などを見て尊敬の念を抱きましたが、年を取ってみると、自分が本当に尊敬するべき人は、両親だと思うようになりました。私の母、私の父が、私をこのように育ててくれて、こうして生きてきたことが、すごくありがたく、尊敬すべきことだと思うんです。大人になったんですね。

ーグミは医者から料理人へと転身、大きな人生の決断を下します。パク・ソニョンさん自身は、このような大きな決断を迫られたときはどのように対応しますか。

グミと似ています。グミは、ともすると、韓医者から料理人へ職業を変えるということは簡単なことではないのに、決断して進んでいくじゃないですか。それと同じく、そんな中でもいちばん大切なことは、自分が好きなことをするということだと思うんです。自分が好きな仕事ができるということは、どれだけ幸せなことでしょうか。 私もそんな選択の岐路に立たされたら、好きなことを選ぶのが正しいと思います。私はたぶん、グミのように、今している仕事よりもっと好きな仕事ができるなら、私もたぶんそのような決断をするのではないかと思います。

―好きな日本料理や場所はありますか?

日本食は何でも好きですよ。うどんとか……。日本食は基本的に味付けが韓国料理とは違いますが、全部おいしいので、何でもよく食べます。だから、日本に行くといつも食べ過ぎてしまいます。仕事以外でも、友達と旅館のようなところで1泊して、温泉に入って、ゆっくりしながら遊んだりしました。日本はいろいろな楽しみ方ができる、韓国ととても近い国じゃないですか。すごくいいと思います。

―今後挑戦してみたい役柄やジャンルは?

今後やってみたいのは、人々に、前向きで温かいエネルギーを与えられる、そんな役をやってみたいです。だから、あえて挙げるなら、そういう映画やドラマができたらいいなと思っています。

―最後に、日本のファンにメッセージをお願いします。

視聴者のみなさん、「キムチ 不朽の名作」は、さまざまな複合的な要素で作り上げられた“職人ドラマ”です。ご覧になると、いろいろな料理を見ることもできるし、薬膳料理についての情報も得ることができるし、そんな中にも三角関係や甘酸っぱい恋愛ストーリーも出てくるし、そして、親子間の温かい情愛や家族の結びつき、人間性の回復……このようなすべてのことがひとつにまとめられた、複合ジャンルのドラマなんです。ドラマをご覧になれば、いろいろな世代にわたって、お母さんからおばあちゃん、子どもまで、一緒に見ることができる、温かいドラマだと思います。たくさん見てくださいね。

仮ジャケ最新 - コピー-2
DVD情報

「キムチ~不朽の名作〈完全版〉」
DVD発売日:8月2日
※レンタル同時リリース
※キャストインタビューほか特典映像収録
※オリジナル&日本語吹替収録
発売元: ポニーキャニオン
価 格:¥16,800(税込)
公式サイト:http://kimuchi.asia/

CAST/STAFF

製作:コ・デファ 「朱蒙」「ファン・ジニ」「パスタ~恋が出来るまで~」
監督:チャン・ヒョンイル 「野人時代 将軍の息子 キム・ドゥハン」
脚本:キム・シネ 「ハノイの花嫁」「エデンの東」
ファン・グミ役:パク・ソニョン 「王と私」「真実」
キム・ソンジュン役:ハン・ジェソク 「イヴのすべて」「太陽の女」
ソ・ヨンジェ役:イ・ハニ 「パスタ~恋が出来るまで~」『私は王である』
オ・ゴヌ役:コ・ユヌ 「善徳女王」「私も花!」
パク・ケヒャン役: コ・ドゥシ 「キムマンドク~美しき伝説の商人」
カン・サネ役:イム・イェジン「マイプリンセス」「宮~Love in Palace~」 ほか

★ストーリー★

韓国の食文化を代表する“キムチ”を題材としたこのドラマの舞台となるのは、何百年も続く大韓金氏の“宗家”— その宗家と関わる女性3代の複雑に絡み合う“縁”と“確執”が、宗家の女主人“宗婦”が守るべき韓国伝統料理の世界とともに描かれる。
グミ(パク・ソニョン)は幼い頃から料理人になるのが夢だったが、病弱な父を助けるため、母の願いもあって漢方医の道を選ぶ。後にユギョン病院に就職し、理事長の息子ソンジュン〈ハン・ジェソク)と惹かれ合うが、ソンジュンの元恋人ヨンジュ(イ・ハニ)が登場し、グミとヨンジュの2人は、恋のライバルというだけでなく、キムチの宗家に伝わる料理書の“秘伝の味”を巡る料理対決のライバルへと発展していく。そんな中、グミは母の出生の秘密だけでなく、グミ自身の出生の秘密を知ることとなり、グミを取り巻く環境はさらに複雑化していく・・・。

関連記事


Page Up