カン・ジファン『コーヒーハウス』DVD発売開始

2011/1/20 01:27

カン・ジファンと「フルハウス」の監督が贈る―
ビタースウィート☆な≪ロマンチック・ラブコメディ≫!

ファン待望!カン・ジファン2年ぶりドラマ復帰作!

人気俳優カン・ジファンが2年ぶりにドラマ復帰!BOX1、2の販売累計約4万セットというメガヒットドラマ「フルハウス」を制作したピョ・ミンス監督とタッグを組み、最高のドラマが誕生!
カン・ジファンの魅力がたっぷり詰まった、甘くてほろ苦いロマンチック・ラブコメディ。

【作品ポイント】

■大ヒットドラマ「がんばれ!クムスン」「快刀ホン・ギルドン」、映画『映画は映画だ』の人気俳優カン・ジファンの2年ぶりのドラマ復帰作!
■監督は、ピ(Rain)&ソン・ヘギョ主演の「フルハウス」、ソン・ヘギョ&ヒョンビン主演の「彼らが生きる世界」など、ヒット作品を手がけてきたピョ・ミンス氏!
■相手役は、現在日本でも人気沸騰中のK-popガールズグループ「T-ara」(ティアラ)のメンバー、ハム・ウンジョン!
(※T-araと超新星とのコラボレーションユニット「TTL」のニューシングルが3月にリリースされる予定)
■10月30日からMnetにて週2回放送。フジテレビ「韓流α」放送可能性あり。
■DVD-BOXの特典映像として、10月10日名古屋ファンミーティング映像を収録!

【人物紹介】
■メインキャスト

イ・ジンス【32歳】(カン・ジファン)
若くしてベストセラー作品を生み出した人気小説家

自分自身もそうであるように、マナーが良くて親切でユーモラスな人間を好む。しかし不気味なほど気さくに笑い、嫌いな人ほど丁寧に接し、問題解決にはお金を払うというひと癖ある人物。大のアマチュア嫌いで完璧主義者のために、コーヒーでさえも自分の口に合うカフェが見つからず、結局自分でバリスタになってしまった。
ジンスが唯一契約をしている出版社代表のウンヨン(パク・シヨン)とは信頼できる事業パートナーとして、時に無礼な友人として妙な関係が続いている。
突然、アマチュアの代表格スンヨン(ハム・ウンジョン)を預かることになり厄介に思いながらも、その淡々とした性格でスンヨンをどうにかやり過ごすジンス。しかしプロになりたいと熱望するスンヨンに巻き込まれていく。
出演作品 :ドラマ「がんばれ!クムスン」「京城スキャンダル」「快刀ホン・ギルドン」 映画「映画は映画だ」


 ソ・ウニョン【31歳】(パク・シヨン)
韓国一の出版社代表

文化界の有名人であった祖父が運営していた出版社を引き継ぎ、優れた企画力で規模を何倍にも育て上げたキャリアウーマン。セクシーな美貌の持ち主でもありサクセス街道まっしぐらだが、妄想癖があり、まだ大人になりきれていない一面も。
世の中で嫌いな人物と言えば、双子のように奇妙な性格が一致している小説家イ・ジンス(カン・ジファン)と、分別がつかなかった頃に婚約破棄した元婚約者ジウォン(チョン・ウンイン)の二人。
突然、そのジウォンが香港から帰国し、事ある毎にウンヨンの前に現れ始める。
出演作品 :ドラマ「ザ・スリングショット~男の物語~」「甘い人生」 映画「マリンボーイ」 


カン・スンヨン【25歳】(ハム・ウンジョン)
コーヒーショップ「宮殿コーヒー」の娘

同年代の中でも平均値をかなり下回るスペックの持ち主で、公務員試験浪人をしながら、アマチュアながらも客にコーヒーを出しなんとなく働いている。
ある日店にやってきたジンス(カン・ジファン)と出会い、すっかり惚れてしまう。ジンスの秘書となり、漫画のような奇跡的な展開と胸を弾ませるが、びっくり驚天。何をするにも全てアマチュアレベルのスンヨン。生まれて初めて出会う奇妙な人間の好みに合わせてプロになるため、とんでもない試練の日々が待っていた。
出演作品 :映画「マドレーヌ」「野獣と美女」

     
ハン・ジウォン 【36歳】(チョン・ウンイン)
コンサルティング会社役員でウンヨンの元婚約者

ウンヨン(パク・シヨン)をソウルメイトと信じ、ウンヨンとの運命的な愛を必ず成し遂げたいと願う自称ロマンチスト。
裕福な家庭のお坊ちゃまで、世の中は自分を中心に回っていると考えているため、ウンヨンの友人に関心を持ったのが原因で婚約破棄にあったことも、ウンヨンの行き過ぎた潔癖症と嫉妬心のためだと思っている。なぜかウンヨンが今でも自分を変らず愛しているという確信を持っているため、ウンヨンへのアピールも超ストレート。しかし自分を毛嫌いするウンヨンが、どういうことかゲイのようなジンス(カン・ジファン)には笑みを浮かべることに嫉妬心を燃やす。
出演作品 :ドラマ「善徳女王」「ラストスキャンダル」

カン・ジンマン(50歳、スンヨンの父)/アン・ギルガン(「王と私」「イルジメ〔一枝梅〕」)
宮殿コーヒーのオーナー。問題ばかり起こしている息子にはつい言葉より足が出てしまうが、娘のスンヨンには愛情たっぷり。
妻が生きていた時に運営していた「宮殿チキン」は好調だったが、その後変更した「宮殿ピザ」は絶不調で結局今の「宮殿コーヒー」になった。サービス精神の不足だけではなくコーヒーの質もよくないため、売れるわけもなく、今年で「宮殿コーヒー」もつぶれると予想。

ホン・ボクニョ(70代、スンヨンの祖母)/キム・ジヨン
ホン家の実質的な家長。嫁が癌で死んでから孫たちの世話をみることで精一杯。若いころモテた自分に比べてつまらない20代を過ごしているスンヨンを哀れに思い、スンヨンには母親以上に手を焼く。

 カン・スンチョル(高校2年生、スンヨンの弟)/キム・ミンサン
毎日仕事もなく家にこもっているスンヨンを情けなく思うが、心ではスンヨンのことを誰よりも大事にしている。最近、スンヨンが彼氏と別れたことで、「宮殿コーヒー」の前をウロウロしているドンウクを見つけてスンヨンに紹介しようとする。 

キム・ドンウク(28歳、バリスタ)/パク・ジェジョン
ウンヨンが運営している「カフェブラウン」本店のナンバーワンバリスタ。イタリアでの留学経験を活かしてバリスタチャンピオンシップで受賞までした優れた能力の持ち主。
無口で初対面の人には誤解を受けることも多いが、実はひどい訛りがコンプレックスで口を開こうとしない。
スンヨンとは家が近くてよくプライベートでも会うが、話が深まれば深まるほどスンヨンのことを好きになっていく。

 オ・ヒョンジュ(27歳、出版社の社員)/チョン・スヨン
ウンヨンの会社の社員。
憧れの存在であるウンヨンのように、いつかは自分も独立して経営者になるという願望を抱えながら、なんとか乗り越えている。

コ・ユンジュ(25歳、バリスタ)/チョン・ジア
「カフェブラウン」のバリスタ。本物と区別がつかない偽ブランドで着飾っているが、実はウンヨンのように貧乏な生活をしてきた。カフェに就職してからドンウクに一目惚れしたが、明るい性格とは裏腹に恋愛には奥手で自分の気持ちを隠すことで精一杯。しかし、ドンウクがスンヨンに片思いしていることに気づき、ショックを受ける。

パク・ヨンチョル(27歳、従業員)/チンソン
ウンヨンの従兄弟。「カフェブラウン」のトラブルメーカー。
卒業後、ゴロゴロしながらやる気もなかったが、コネで「カフェブラウン」に入る。しかし、仕事には全く興味もなくやる気もないため、ウンヨンにひどく怒られるが、従兄弟であるため首を切られることもないまま「カフェブラウン」でかろうじて生き残っている。


【DVD情報】

■BOXⅠ
全8話収録(1話~8話)
発売日:2011年1月19日
価格:15,200円(税抜)/15,960円(税込)
DISC構成:本編DISC4枚×特典DICS1枚(特典映像30分以上収録予定)
封入特典:カラーブックレット12P(予定) 

 ■BOXⅡ
全10話収録(9話~18話)
発売日:2011年2月16日
価格:19,000円(税抜)/19,950円(税込)
DISC構成:本編DISC5枚×特典DICS1枚(特典映像30分以上収録予定)
封入特典:カラーブックレット12P(予定) 

 ■レンタル
4月2日:VOL.1~VOL.5
5月3日:VOL.6~VOL.9

関連記事


Page Up