Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

話題の舞台『Honganji―リターンズ―』に出演!MYNAMEセヨンとBOYFRIENDのヨンミンにインタビュー!<後編>

2016/8/10 08:01

2016.08  取材:記事・写真/RanRan Entertainment

_Q0A6513a

ヨンミン    セヨン

――今回の役どころを教えてください。

セヨン 信長から本願寺を守るために戦う、下間仲世という武官役です。仲世は、僕とは正反対のキャラクターで、シリアスで、あまり話さず、自分の感情を身体の動きで表現するタイプ。本願寺の顕如さま、教如といった人たちを守るためなら自分をも犠牲にするという志で戦う人です。

ヨンミン 僕も、自分自身とは違うタイプのキャラクターです。橋本雷という織田鉄砲部隊最強のスナイパーで、冷たくて、父親の仇をとるという憎しみも抱いていて、ちょっとかわいそうなところもあります。僕は、雷は復讐心を抱くことによって冷たい人になったんだなと解釈しています。初演では雷は女性だったのですが、今回は男性という設定なんですよ。

_Q0A6520a

――セヨンさんは初演と同じ仲世役ですが、キャラクター設定は前回と同じですか?

セヨン 基本的な設定は同じなんですけれど、どんな性格の仲世にするかは、稽古しながら演出家と相談しているところです。というのは、顕如役と教如役が初演とは違うキャスティングで、演じる人が違うと雰囲気が変わるからなんです。僕は、今回は初演より少し明るい雰囲気になったような気がしています。

_Q0A6545a

――雷は“高い身体能力を持っている”という設定でアクションもありますが、ヨンミンさんは運動やアクションは得意ですか?

ヨンミン じつは運動はあんまり得意じゃないんです(笑)。なので、スタジオを借りて、1人で一生懸命練習しています。やっぱり殺陣が心配。相手にケガをさせたらどうしようと心配なので、殺陣の練習をしているんですけれど…。殺陣の練習って、1人じゃできないんですよね…(笑)。

セヨン 殺陣は初めてだと思うので、経験がないというところで、不安だし、難しく感じるんだと思います。僕は経験があるので、アドバイスしてあげるよ!(笑)

――2人ともK-POPグループのメンバーとしてダンスの練習も積んでいますが、普段、身体を動かしているぶん、殺陣もうまくできそうですね?

セヨン たしかに、動きを覚えるのは簡単にできます。でも意外に、殺陣がダンスに見えないようにするのが難しいんです。刀や銃を持つときの型を教えてもらうんですけれど、僕たちはダンスの型が身についているので、刀や銃を持ってもダンスっぽい動きになってしまって。軽快な動きと、殺陣の型をきちんと混ぜて演じるのが難しいなと思います。

ヨンミン 僕も難しさを感じます。ちょっとリズムを感じると、つい身体が動いちゃうんです(笑)。

_Q0A6491a

――仲のいい2人ですが、劇中では敵対する関係です。演じながらライバル心はわきませんか?

セヨン 稽古からそういう気持ちを持たないといけないなと思います。でも僕たち2人ともデビューして5年以上経つので、普段と本番の切り替えはバッチリです! ぜんぜん心配ありません。

ヨンミン じゃあ僕は、演技に入ったら目で威嚇します(笑)。

セヨン 僕も刀があるからね(笑)。

――稽古は大変なことが多いと思いますが、楽しいことはありますか?

ヨンミン 森蘭丸役の姜暢雄さんと伴長信役の板倉チヒロさんが、モノマネをしあったりして、すごく面白いんです。いつもみんなを笑わせてくれます。

セヨン そうそう。2人とも関西の人で、稽古や楽屋とステージのギャップがものすごくて、ステージでシリアスに演じている姿が不思議に思えるくらい(笑)。そうやって、いろいろな人と出会いがあるのが楽しいですね。僕は今回、10年来の知り合いのヨンミンが一緒にいることも楽しいです。

――今回の舞台で“自分のここを見てほしい”というところをアピールしてください。

セヨン 僕は、初演よりも成長した仲世を見てほしいです。それとやっぱり、仲世は殺陣やダンスといったアクションが見どころなので、そこをカッコよく見せたいと思っています。

ヨンミン 僕は、雷のクールな感情と姿を見せたいと思っています。僕はそういう性格ではないので、雷役を通して、僕の新たな面をお見せしたいです。

セヨン 初演では女性だった雷が、今回は男性という設定なので、初演を観た人も、また新しい雷を楽しめると思います。僕は、個人的には、男の雷のほうが好きなんですよね。“息子が父を思う”という感情がぐっと重くなっている感じがして。ああ、でもそれは、僕が男だからかな…(笑)。

_Q0A6478a

――最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。

ヨンミン 雷という役を自分のものにできるように頑張って稽古しているので期待してください。ぜひ劇場に来て、楽しく観てもらえるとうれしいです。今までにないクールなヨンミンをお見せします!(笑)セヨン 正直に言うと、僕自身いろいろな公演を観に行くんですけれど、満足できない内容だったら納得がいかないタイプなんです(笑)。だから僕がみなさんをがっかりさせないように、満足させられるように頑張ります! 最高の舞台で大きな声援と拍手をもらえるように努力します。楽しみにしていてください!

 

セヨン(MYNAME

1991年11月20日生まれ。177cm、O型。2011年に韓国で5人組グループMYNAMEのメンバーとしてデビュー。2012年に日本デビューを果たした。日本のバラエティ番組にも多数出演。日本映画『新大久保物語』ではMYNAME全員で主演も務めた。2016年10月1日に東京、10月8日に大阪で、MYNAME日本デビュー4周年記念プレミアムファンミーティングを開催。

MYNAMEオフィシャルサイト http://www.myname-jp.com/

ヨンミン(BOYFRIEND

1995年4月24日生まれ。180cm、A型。双子の弟クァンミンとともに子役として活動を始め、約300の広告に出演。2011年、クァンミンとともに6人組グループBOYFRIENDのメンバーとしてデビュー。2012年に日本デビュー。個人活動としてドラマ「家族を守れ!」などに出演している。BOYFRIENDのニューシングルが2016年秋にリリース予定。

BOYFRIEND公式ファンクラブ https://boyfriend-official.jp/

 

前編~http://ranran-entame.com/dorama/41769.html

 

1605-33_本チラシ-A_A4_0620_ol

『Honganji―リターンズ』

2016年8月21日~8月27日 東京・明治座
原作:保志忠彦      脚本:斎藤栄作
演出:ウォーリー木下   衣裳デザイン:小篠ゆま   題字:紫舟
出演:陣内孝則 壮一帆 諸星和己 市川九團次 ほか
セヨン(MYNAME) ヨンミン(BOYFRIEND)

ヘアメイク:宍倉翠(イリス)
スタイリング:
セヨン/Discus Kobayashi (chantier)
ヨンミン/手塚陽介

オフィシャルサイト http://www.stars-honganji.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事


Page Up