Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

第3回ドラマ甲子園大賞受賞作品『変身』完成披露記者会見

2016/10/9 11:26

第3回ドラマ甲子園大賞受賞作品『変身』

主演戸塚純貴、堀井新太、松井愛莉ほか

CS放送フジテレビTWOで10月19日放送

%e7%ac%ac%ef%bc%93%e5%9b%9e%e3%80%8c%e3%83%89%e3%83%a9%e3%83%9e%e7%94%b2%e5%ad%90%e5%9c%92%e3%80%8d%e5%a4%a7%e8%b3%9e%e5%8f%97%e8%b3%9e%e4%bd%9c%e5%93%81%e3%80%8e%e5%a4%89%e8%ba%ab%e3%80%8fc(左から)濱田マリ、堀井新太、佐藤孝樹監督、戸塚純貴、松井愛莉

CS放送フジテレビONE/TWO/NEXTで2014年から行われているオリジナルドラマ企画「ドラマ甲子園」の第3回目の大賞受賞作品『変身』の完成披露試写会と記者発表が9月29日(木)に行われた。約30分のメイキング番組と1時間のドラマ本編試写の後、記者発表がスタートした。

◆脚本・監督 佐藤孝樹 コメント
「今回自分が書いたものが映像になるという素晴らしい体験をさせてもらいました。一生忘れられない高校時代の夏休みの思い出になりました。感謝しています。多くの方に観ていただいて、おもしろいと思っていただければと思います」
~制作中の出来事~
「プロの方への演技指導にあたり、コミュニケーション能力がとても不安だった。でもクランクアップ時に皆様から寄せ書きをいただいて嬉しかったです」
~実際に出来上がった作品を観て~
「ちょっとはずかしいです(笑)」
~見どころ~
「戸塚さんが出ずっぱりで、僕の投影を素晴らしく演じていただいて感謝しています」

◆戸塚純貴 コメント
「初めてのドラマ主演ですが、この企画をとてもたくさんの事を学びました。誰でも無限の可能性があるんだなと。スタッフが一丸となってできた熱い作品です」
~監督について~
「自分の初主演以上に監督も緊張しているんだろうなと思ったけど、脚本を見た時、こんなことが書けるんだ!すごい!と思いました」
~見どころ~
「女性を美しく撮れる素晴らしい監督です。高校生らしさがたくさんつまった作品なので、この1時間を皆さんに共有してもらいたい」

◆堀井新太 コメント
「この企画に声をかけてもらえて本当に嬉しいです。作品をみんなで愛して作って、なんだか原点に戻った感じです。高校生が初監督した作品とは思えないです。僕も作品と一緒に成長していけたらと思います」
~監督について~
「撮影中、普通は『よーいスタート!』と声をかけるところを『よーいドン!』と言っていた。こういうところは高校生らしいなと思いました(笑)撮影中、僕らとごはんを食べた後打ち解けて、演技の指示もわかりやすくなりました。将来はテレビ局に入りたいと言っていたので、今後ともよろしくお願いします(笑)」
~見どころ~
「戸塚くん演じる桜井になんで優しくするのかがわかるラストをみてほしい」

◆松井愛莉 コメント
「初めて企画を聞いた時、新しくておもしろいと思った。監督の理想像の女性だったので、不安もあったが監督と話し合って作っていった。楽しくみんなでがんばって作った作品ですので、たくさんの人に観てもらいたです」
~監督について~
「最初は目をみてくれなかった(笑)。 普段の時と監督の時の顔が違いました」

◆濱田マリ コメント
「初めてこの企画を聞いたときは、本当にこんな高校生がいるの?って思いましたが、本当にいました(笑)佐藤監督のデビュー作に出演できてすごく楽しくて幸せでした」
~監督について~
「指示だしのタイミングが素晴らしい!!素晴らしいコミュニケーション能力の高さです!優しくアドバイスしてくれて、惚れそうでした。監督、好き!(笑)」
~みどころ~
「戸塚さんの芝居の間がすばらしい!」

第3回「ドラマ甲子園」大賞を受賞した『変身』(全1話)は、10月19日(水)午後10:30~11:30、またメイキングは同日午後10:00~10:30、いずれもCS放送フジテレビTWO ドラマ・アニメにて初回放送される。

■第3回「ドラマ甲子園」大賞受賞作品『変身』番組概要
タイトル:第3回「ドラマ甲子園」大賞受賞作品『変身』
放送チャンネル:CS放送フジテレビTWO ドラマ・アニメ
放送日時:10月19日(水)午後10:30~11:30
放送回数:全1話
放送形式:VTR
放送情報はこちら!http://otn.fujitv.co.jp/drama-koshien/

<スタッフ>
監督・脚本:佐藤孝樹
製作:清水賢治
制作統括:手塚久、窪田正利、五百城重典
プロデュース:鹿内植田淵麻子
プロデューサー:後藤妙子(バンエイト)
アソシエイトプロデューサー:井口喜一(バンエイト)
制作著作フジテレビ

<キャスト>
桜井祐介(15)高校1年生:戸塚純貴
河野響(15)高校1年生:堀井新太
黒木美寿々(15)高校1年生:松井愛莉
霧島妙子(45)祐介たちの高校の図書司書:濱田マリほか

<あらすじ>
桜井祐介(戸塚純貴)は高校デビューを目指し、同じ中学校の人が誰もいないような高校に入学しようとしたものの、その高校には河野響(堀井新太)という同じ中学校のやつがいたことがわかり、落ち込む。しかし、華やかな世界の人間であったはずの響ではあるが祐介の事を気に入り、二人は仲良くなる。
祐介は、図書館で黒木美寿々(松井愛莉)と出会い、その可愛さに一瞬で恋に落ちる。しかし祐介は彼女の連絡先すら聞けていなかった。見かねた響が奥手な祐介の恋愛を指南してやると言ってきて、二人の作戦が始まる。作戦は連絡先を聞く、デートに誘う、告白するという三段階。祐介は女性に慣れてないので常に発想がネガティブだが、そんな祐介を響が説得したり、実際に方法を伝授したりと完全サポートし、祐介はデートに誘うところまでこぎつけ、そのデートでは告白もしようと準備する。その時に準備した告白は、美寿々の顔をたたえる内容であった。
美寿々とのデートを思いっきり楽しんでいた祐介だったが…。

関連記事


Page Up