Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【前編】水夏希、「私の人生はコメディ」 初ストレートプレイで挑むのは王道コメディ『カクタス・フラワー』 インタビュー

2018/11/2 12:09

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

1965年にブロードウェイで初演され、実に1234回の大ロングランを記録した傑作コメディ『カクタス・フラワー』が水夏希、吉田栄作、増田有華、松本幸大(宇宙Six/ジャニーズJr.)、松尾伴内、青木さやから豪華キャストによって上演される。NYを舞台に、ワケありのユニークな登場人物たちが、小さな嘘と思わぬハプニングの連鎖を面白おかしく演じる本作で、堅物の独身看護師ステファニーを演じる水に、コメディ初挑戦への思いを聞いた。

008a

——本作は、往年の名女優イングリッド・バーグマンとウォルター・マッソー、ゴールディ・ホーンが共演した映画版でもおなじみの、コメディの王道作品です。ご出演が決まったときのお気持ちからお聞かせください。

宝塚を辞めてから、コメディにはチャレンジしたいとずっと思っていたので、ついに実現できる、と感じましたね。

——これまで、コメディ作品にご出演されたご経験はなかったんですね。

実はほとんどないんです。宝塚時代に、古典のコメディ作品に出演したことはありましたが、それぐらいです。この作品も、コメディの王道とは言っても、ラブストーリーも人間ドラマもしっかりと描かれているので、お笑いだけのコメディではないのですが、それでも、こういったテイストの作品も初めての挑戦になります。

004a

——コメディに挑戦してみたいというのは、どういったお気持ちから?

自分で、私の人生はコメディだと思っているので。

——そんな…(驚)。

そうなんです(笑)。皆さん、「まさか、そんな」って思われるようなのですが、めちゃめちゃコメディなんですよ(笑)。なので、そういう私の新しい一面を知ってもらいたいという思いも大きいですし、もしかしたら、コメディは一番自分らしいんじゃないかとも思います。

005a

——では、お稽古されていても、どこかしっくりきてらっしゃる感じですか?

ストレートプレイが初めてなので、しっくりを感じるよりも、今はまだ、初めてのことに挑戦する難しさの方が勝ってますね。音楽も歌もないというのは、すごく新鮮であると同時に、恐怖でもあります。セリフ以外に頼るところがないので。

——そうでした! 本作がストレートプレイ初挑戦でもあるのですね。

はい。ミュージカルは「音楽があって、歌が入れば勝手にシーンが進む」んです。でも、ストレートプレイではそれがないので、セリフが止まってしまったら何も進まなくなる。それは、慣れない私には怖いことですね。今はまだ、手も足も出ないと感じていますが、共演者の皆さんがお芝居もコメディも経験が豊富な方が多いので、助けていただいています。

051a

——お稽古場の雰囲気はいかがですか?

今回は、全員初共演の方ばかりなので、最初は緊張しました。どんなお芝居をされる方なのか、どういうスタンスで稽古に向き合うのかということもわからないので、初共演の方とご一緒するのは、やはり緊張します。でも、今回は、コメディ作品なので、自分をさらけ出していけたらいいなと思っています。疑問に思ったことは何でも聞くようにもしてます。

——元AKB48の増田さん、ジャニーズJr.の松本さん、そしてお笑い芸人の松尾伴内さんなど、バラエティ豊かなキャスト陣ですよね。

そうですね! 先日、お稽古が終わったあとに、私と有華ちゃんと幸大くんと板垣さんの4人でおしゃべりしていて、「あとは劇団四季の方がいたら、大きなカンパニーはみんな揃うね」なんて冗談を言ってました(笑)。

082s

——共演者の方々の印象を教えてください。

松尾伴内さんと青木さんはとにかく面白い! 栄作さんは、クールなビジュアルからは想像もつかないような演技をされるので、お客さんはきっとギャップ萌えすると思います。有華ちゃんと幸大くんは、一生懸命で真面目。まだお若いですが、たくさんの現場をこなしてきたんだろうなと思わせる度胸もある。すごく雰囲気があって、勉強になります。

——今回のカンパニーの雰囲気はいかがですか?

皆さん、大人な方でお互いに受け入れあっているという空気を感じます。その中で、私は好き勝手に暴れさせてもらっています(笑)。本当に、皆さん、とても真面目で静か。私はおしゃべりばかりしてますね(笑)。

後編に続くhttp://ranran-entame.com/dorama/57892.html

Cactus Flower_Flyer

『カクタス・フラワー』
〈出演〉
水 夏希・吉田栄作/増田有華・松本幸大(宇宙Six)/松尾伴内・青木さやか
〈スタッフ〉
作:エイブ・バロウズ
上演台本・演出:板垣恭一
音楽:和田俊輔
主催・企画・製作 株式会社シーエイティプロデュース
〈日程〉
11月10日(土)〜12月8日(土) 東京・DDD青山クロスシアター
12月11日(火) 大阪・サンケイホールブリーゼ
12月13日(木) 静岡・静岡市清水文化会館(マリナート) 大ホール

IMG_8243-2s

プレゼント
今回、ランランエンタメでは水夏希さんのサイン入りチェキを3名様にプレゼントいたします!どしどしご応募ください。
<応募方法>
(1)ランランエンタメの公式Twitterアカウント「https://twitter.com/ranranentame」をフォローする
(2)プレゼント告知ツイートをリツイートする
(3)ダイレクトメッセージで申し込む
    ①希望
    ②お名前
          ③ご意見ご希望
    をご記入頂きご応募ください。
<応募締切>
第1回 2018年11月12日23時59分
第2回 2018年12月3日23時59分
第3回 2018年12月14日23時59分
<当選発表>
締切後、厳正なる抽選の上、当選者を決定。ご当選者様には、ランランエンタメ公式アカウントよりTwitterのダイレクトメッセージにて当選連絡をいたします。2日以内にご返信がない場合は当選の権利が移ります。
<ご応募について>
※リツイートは、公式リツイートに限定させていただきます。
※Twitterアカウントを非公開にしている場合、リツイートを確認することができないため、応募対象外となります。
※ご応募後のキャンセル、変更、返品、お届先の変更はできかねますので、ご了承ください。
※当選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。


<商品発送について>
※商品の配送は日本国内のみとさせていただきます。お届け日は、指定できません。
※当選者の長期不在や、賞品お届け先ご住所や転居先が不明等の理由により、賞品のお届けができない場合は、ご当選を無効とさせていただく場合がありますので、予めご了承ください。

<注意事項>
※プレゼントの応募によりお預かりした個人情報は商品の発送にのみ使用いたします。
※ご当選の権利は第三者への譲渡や現金とのお引き換えはできません。
※ご応募いただいた時点で、本応募要項に同意いただいたものとみなします。

 

関連記事


Page Up