【後編】大貫勇輔インタビュー『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』でアニメ声優初挑戦!「尊敬する宮野真守さんと共演できて、本当に嬉しいです。」

2020/4/3 23:13

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

――伊藤監督からは演じるにあたってのリクエストはありましたか。

大貫君の声が合っているから、大貫君が醸し出す神戸感を大切にしてください、と言われました。それさえ大切にしてくれたら、現場で細かいことを話し合っていきましょうという感じでした。神戸を演じていて難しいと思うのは感情の起伏があまりない人間、あまり外に出さないので、どのくらい感情を声に出すかというのがすごく難しい、悩むポイントです。そこの微調整を毎回、監督と相談しながら録っています。

20200305-117s

――独特ですね。声の出し方を微調整するというのは?

ドラマと似ていると思います。顔のアップになった時に声のトーンだったり、瞬きのスピードだったり、目のちょっとした動作だったり、息の吸い方だったり、そういうたくさんの細かな要素をどういう風にするかで印象が変わるので。

――宮野さんにすごく憧れていたとおっしゃっていましたが、それはミュージカルがきっかけですか?

僕が一番最初に宮野さんを知ったのは、『DEATH NOTE(デスノート)』というアニメなんです。それを見た時に“すごくかっこいい声だな”というのがまず最初の印象でした。
アニメーションを見て、人の名前を調べたのは宮野真守さんが初めてでした。そこからバラエティ番組に出られた時に本当にトークが面白くて、声優のいろいろなテクニックを見て、すごいなと思ったんです。ミュージカルにも出演し、いろいろな事にチャレンジされている宮野さんをすごく尊敬していたので、今回まさかこういう風に共演できるとは思っていなかったので、とても嬉しいです。

20200305-120s

――大貫さんはダンサーであり、舞台と、映像と、そして今回は声優と、活躍されていますが、今後の活動はどのように考えていらっしゃいますか?

全部をバランスよくできるのが、一番理想的なのですが、僕の軸はダンサーで、あとはその中で映像と舞台と、そして声のお仕事も物凄く奥が深くて面白いので、もっともっとチャレンジしていきたいです。全部をバランス良くずっとやり続けるのが今の僕の理想です。

――ダンサーの方が他のジャンルのものをやるイメージとしては、並行してやるというより、何かやったらダンスに戻り、また他をやってダンスに戻り、と思っていたのですが、大貫さんの場合はそうではないのですね。

そういう時期もありました。俳優に憧れて、一切ダンスを止めた8カ月もあります。23歳の時に『ロミオ&ジュリエット』というミュージカルがきっかけでこの世界に入ったのですが、その前まではダンスだけが素晴らしいもので、他は嫌い、みたいな人間だったんです。そういう時代を経て、どんどん俳優に憧れて、ストレイトプレイを2作続けてやったこともありました。その後にダンス公演があった時に、すぐには自分の思っているクオリティの踊りができなかったんです。それを戻すまでに3か月ぐらいかかってしまい、“え、こんなに体変わっちゃうの”って思って。僕の良さはダンサーとしての肉体、自分の生きがいみたいなものは、今は俳優と感じていますが、ベースとなっているのはダンス、これを手放すのは嫌だなと思って、そこからまたトレーニングをするようになりました。そして、映像もやったら奥が深くて面白くて、どんどん、全部にはまっていっている感じですね。

20200305-092s

――次に何か挑戦したいことはありますか?

大貫:時代劇…大河ドラマに出演してみたいです!

――今回の声優の経験は、今までやってきたものに影響を与えるという風に考えていらっしゃいますか?

もちろんです。宮野さんを始め、声優の方々のいろんな技を少しでも盗みたいなと思っています。芝居ありきで、声のテクニックを持ってより表現を豊かにされているんです。豊かにしているテクニックの部分をちょっとでも盗みたいなとすごく思っています。

――すでにダンスの部分では、お芝居を活かしていらっしゃるということですか?

そうですね。お芝居をやってからダンスはすごく変わりました。

20200305-103s

――最後になりましたが、『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』の見どころを教えてください。

ガジェットといって、最新の技術、テクノロジーを駆使したAIだったり、いろいろなもの、機械が出て来るんです。それは現代の科学でも有り得るものを使っています。こんなものがあるんだという驚きがあると思います。そして、僕がこの作品を見た時に一番感動したのは、音楽がめちゃくちゃかっこいいんです。お芝居の流れの中で、バンって決まった時に音楽がすっと入ってくると「うわぁっ、かっこいい」と感じられ、より爽快感が増します。僕が演じる神戸と宮野さん演じる加藤のでこぼこコンビにくすっと笑える、いろいろな年代の方に楽しんでもらえるアニメになっていると思います。最後まで応援して楽しんでいただけたら嬉しいです。

――ありがとうございました。

20200305-151s

前編~ http://ranran-entame.com/dorama/66653.html

【作品基本情報】
富豪刑事 Balance:UNLIMITED
フジテレビ“ノイタミナ”ほか各局にて4月9日(木) 25時10分より放送開始
※レギュラー放送は24時55分~


【スタッフ】
原作:筒井康隆『富豪刑事』(新潮文庫刊)
ストーリー原案:TEAM B.U.L
監督:伊藤智彦
シリーズ構成・脚本:岸本 卓
キャラクターデザイン:佐々木啓悟
サブキャラクターデザイン:田辺謙司
美術設定:藤瀬智康/曽野由大/末武康光
美術監督:佐藤 勝/柏村明香
色彩設計:佐々木 梓
メカデザイン:寺尾洋之
CG監督:那須信司
撮影監督:青嶋俊明
編集:西山 茂
音楽:菅野祐悟
音響監督:岩浪美和
音響制作:ソニルード
スタイリングアドバイザー:高橋 毅
ガジェットコーディネート:ギズモード・ジャパン
アニメーション制作:CloverWorks
【キャスト】
神戸大助:大貫勇輔
加藤 春:宮野真守
清水幸宏:塩屋浩三
仲本長介:神谷 明
亀井新之助:熊谷健太郎
佐伯まほろ:上田麗奈
湯本鉄平:高橋伸也
武井克弘:小山力也
星野 涼:榎木淳弥
???:坂本真綾


 

関連記事


Page Up