Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

高島礼子、イ・ホンギ主演「のり子、ソウルへ行く!(原題)」制作発表会

2011/9/4 02:23

登壇者:高島礼子、イ・ホンギ、勝村政信、伊倉愛美、イ・キョウク監督

 韓国の中秋(旧盆)にあたる9月10日(土)の午後11時20分より韓国国営放送局KBSにて放送予定の「のり子、ソウルへ行く!(原題)」制作発表会が8月27日(土)に浜名湖レークサイドプラザ(静岡県)にて行われた。イ・キョウク監督、諦めていた夢を叶えるため家族のため憧れの韓流スターに会うためソウルに行く主演ののり子役高島礼子、スターを目指し奮闘中の青年ミンハ役イ・ホンギ、のり子の夫博史役勝村政信、のり子の娘みゆき役伊倉愛美が登壇。

 まず、イ・キョウク監督より本ドラマについての説明と、出演者から一言ずつ挨拶。

イ・キョウク監督「韓流スターを好きな日本人の主婦の勤勉さや誠実さを見て、このドラマの制作を思い立ちました。のり子の前向きな点をどう生かすかを一番気にかけて作りました。良い作品に仕上がっていると自信を持っています。のり子とミンハが、ある時は友達のように、ある時は姉弟のように、またある時は親子のように仲良くなっていく過程を是非観てください。」

高島礼子「韓国ドラマで主演が日本人という作品は初めてのことだと思います。貴重な体験をさせていただき、感謝しています。」イ・ホンギ「高島さんは韓国ドラマ初挑戦ということで、現場に適応できるか心配でした。高島さんと仲良くなるために、最善を尽くしました。ドラマを楽しみにして下さい。」

勝村政信「浜名湖が横に見えるロケーションでの制作発表はいいですね。太陽も出ていて良いなと思い窓の方を見たら…、カメラの照明でした!15歳の娘がK-POPが大好きなので、このドラマ出演は娘からのポイントが上がったと思います!実は10年前に韓国作品に出演したことがあり、韓国の共演者やスタッフからとても良くしてもらいました。今回の出演が恩返しになればと思います。」

伊倉愛美「私もK-POPファンなので、この作品に出演できていることが夢のようです。現場も楽しくて、温かく迎えてもらっています。たくさんの方に観てもらいたいです。」

続いては、主演の高島礼子、イ・ホンギの2人への質疑応答へ。

見どころと韓国ドラマ初挑戦について高島礼子は「見どころは国や言葉を越えて友情が成り立つということです。あとは、のり子は歌を歌います。のり子と同じく音痴な私ですが、頑張りました!ホンギくんもFTISLANDの曲を歌っているので、ファンの方にはたまらないと思います。また、この撮影で一番感謝したいのはホンギくん。私が韓国語も韓国ドラマも初挑戦で、韓国語がうまくできなかったりして自信がなくしているときに彼が心配してくれ、笑いを提供してくれました…。」と涙を浮かべ、頭を下げた。

 これに対してイ・ホンギは「共演の話を聞いたときは、とても有名な女優さんなので緊張しました。現場で初めてお会いしたときも、とても緊張しました。僕は日本のドラマに出演したときに言葉も通じず1人の時間がとても不安だったという経験があります。今回韓国ドラマ初挑戦の高島さんと早く仲良くなるために、おもしろい話やダンスなどを準備して撮影に臨みました。高島さんは言葉を発しなくても表情だけで表現できる素晴らしい女優さんです!」と、ドラマと同じように実際の撮影でもお互いを思いやる主演の2人の友情を垣間見る話を披露してくれた。

 撮影中のエピソードについて聞かれた勝村政信と伊倉愛美は、

勝村政信「撮影中やそれ以外でも、常に(ファンからの)『キャー!!』という声のあるところに、ホンギさんがいました!!」

伊倉愛美「撮影中に、2日間でFTISLANDの曲を覚えました。楽しかったです!」と、現在のK-POPブームを象徴するような話を披露してくれた。

 また、地元静岡の記者から静岡についての感想を聞かれ、

高島礼子は「浜名湖のロケーションはすごく良かったです。のり子の家の撮影のため民家を2軒お借りました。皆さんとても気さくでいい人ばかりで、ご家族やご近所の方々が集まってきたりして、とても楽しかったです。」と微笑ましいエピソードを披露。

 イ・ホンギは「昨晩うなぎを夜中1時に食べました。ミカンも有名なんですよね。いつも日本では撮影やコンサートをしているところは都会が多かったので、このような景色が良くて、リラックスできて、居心地が良いところは、はじめてです。」と答えた。

記者からホンギへ、歌手を目指すという役どころについて、自身の経験と重なるところを聞かれ「自分とミンハの練習生時代とは全然違います。僕は子役だったので、そこから偶然オーディションを受け歌手になりました。なので、今回の役柄について、事務所にいる歌手志望の練習生などに聞いたりして勉強しました。」と答え、また、FTISLANDの歌手活動との両立については「シナリオをもらったときは、撮影がコンサートの時期だったので、事務所からは忙しい時期だから・・・と言われましたが、このドラマに新鮮な魅力を感じたので、自分で事務所を説得しました。また、メンバーが練習しているときに僕が撮影だったり、僕が練習のときにメンバーは他のことをやっていたりと、スケジュールがすれ違っていたのであまり会えなくて、コンサートが心配でしたが、無事成功できました。」と答えた。

 最後に一言ずつ。

高島礼子「日本の役者が韓国の皆さんがどのように感じてもらえるか楽しみです。」

イ・ホンギ「楽しい作品です。日韓両国の人が共感できると思います。」

勝村政信「日本全国のどの家庭にも起こってもおかしくない話だと思います。」

伊倉愛美「出演者・スタッフ、みんなの思いが一つになっています。それを感じて欲しいです。」

 家族と友情がテーマの「のり子、ソウルへ行く!(原題)」。制作発表会でも、みんなで笑い合うなど、出演者の仲の良さが伝わってくるような制作発表会であった。

 2011年8月27日(土) 浜名湖レークサイドプラザ(静岡県)にて

 

関連記事


Page Up