ハン・ヒョジュ、べ・スピン「トンイ」BSプレミアム公開記者会見

2011/10/18 02:23


現在NHKBSプレミアムで大好評放送中の韓国歴史ドラマ「トンイ」のトンイ役のハン・ヒョジュとチョンス役のベ・スビンが10月12日(水)都内 韓国文化院にて公開記者会見を行った。前回3月11日NHKでの記者会見中、大地震がおこり中止になったが、今回応募総数2000名の中から選ばれた200名ほどのファンを招いて、トーク、アトラクションなどがあり暖かい雰囲気の中会見は進められた。


公開記者会見
ドラマ「トンイ」のテーマソングが流れ会場から鮮やかな韓服姿のハン・ヒョジュが登場するとその美しさに思わず会場から大きな拍手と声援が送られた。
「こんにちは。トンイ役のハン・ヒョジュです。」と日本語で挨拶。衣装についてたずねられると「この衣装は側室の衣装です。私は撮影中にこの衣装を着ると感慨深く感じるようになりました。今日この衣装を着てみなさんにご挨拶をすることができて、また新たな気持ちになりました。」
ハン・ヒョジュ自ら「お兄さん、チョンスさんです。」と紹介。劇中の軍官の衣装でべ・スピン登場。


ベ・スビンは日曜に来日。その際にたくさんのファンが出迎え「私は日本に来るたびに感じるのですが、本当に皆さんに感謝しています。そして頑張らなければという気持ちになります。いつも元気を貰っています。」


Q:現在トンイは全体の中盤にさしかかって、これからスクチョンとトンイの恋の行方や チャン・ヒビンとの対立など見所が多くなるが、日本だけでなくアジアで広く人気が出ていることについてどう思われますか?
A:ハン・ヒョジュ
「大変嬉しいことだと思っています。このトンイは時代劇ですがドラマに出てくる人たちは私達と共通点が多いと思います。というのは描かれているのが愛や嫉妬欲望などがありますので老若男女、皆様が楽しんでいただけるのではないかと思います。」
A:ベ・スビン
「本当に感謝しております。」


Q:期間が10ヶ月と長かったですがその中で苦労などはありましたか?
A:ヒョジュ
「本当にいろいろなことがありました。今回はトンイのようにりりしい気持ちで考えているうちに本来なら辛いことも全く辛いと思うことが無く乗り越えていくことができました。ただ眠る時間が少なかったのは大変でした。本当に忙しいときは一日1時間くらいしか寝ることができなかったです。」
A:スビン
「私の場合は髭をつけたまま3日間撮影を続けたことがあります。つまり3日間顔を洗うことができなかったんです(笑)」

Q:お二人での面白かったエピソードは?
A:スビン
「今、急にヒョジュさんがトンイの姿のいでたちとメイクなのでなんだかまた明日トンイの撮影をしなければならないような気持ちになりました。」
A:ヒョジュ
「私も急にこの衣装を着ましたのでなんだかおしとやかに座っていなければならないのかな?と思いました。普段とはちょっと違います。」
A:スビン
「私もこの衣装を着ると、急に守ってあげなければならない気持ちになります。」


Q:チョンスのアクション、特に27話でのアクションはかなり練習されたのですか?
A:スビン
「撮影前にアクションスクールにもかなり長い間通いましたし武術の練習もしました。おそらく私の出演した場面の70~80パーセントがアクションシーンだったと思いますので途中で運動する必要は無かったです。」
MCから殺陣をリクエストされると小道具の刀を持ち華麗なアクションを披露した。

Q:お二人が一番印象に残るシーンは?
A:スビン
「私が演じたチョンスの冒頭のシーンで敵と戦って絶壁から落ちるシーンがあるのですがあれは1日で終わったわけではなかったんです。しかも天気がよくなかったのであの場所に3回か4回は上がってそして、落ちるところはワイヤーアクション、水に入っていくところは水中撮影もしました。このひとつのシーンをとるのに半月はかかりました。
本当に苦労して撮影したシーンです。」
MC:「皆様覚えていらっしゃいますよね、確か三話でしたよね。落ちたあとにまた水の中で撮影したのですか?」
A:スビン
「はいそうなんです。錘をつけた状態でしかもワイヤーにつられた状態でそこから落ちるというシーンでした。」


A:ヒョジュ
「このトンイは1話から60話までありますよね?私は4話以降登場するわけなのですが、1話から60話まですべて欠かさず出演している唯一のキャラクターはチョンスなんです。本当に身体を使った演技をたくさん見せてくださいまして今思っても立派だったなと思います。」
A:スビン
「人生の最後までトンイを守ることができて本当に幸せでした。(笑)」
A:ヒョジュ
「個人的には最後のシーンですね。このシーンはトンイを演じたいと思ったきっかけになったシーンでした。(内容はネタばれになるので・・・)トンイを象徴しているようなせりふだったと思います。そしてスクチョンのことを王様だと知らずに背中に乗るというシーンです。」
A:スビン
「私たちも台本を読んでいる段階から笑いがこぼれたシーンでもありました。」

MC:「第六話でしたよね・・・・」
A:スビン
「全て覚えていらっしゃるんですね?!」
MC:「褒められました!」
Q:王様の背中に乗ったときハン・ヒョジュさん、何かチ・ジニさんから言われましたか?
A:「思っていたより重いね!と言われました。」
MC:冬ソナにもああいうシーンがありましたが、韓国の方はああいうの好きですか?
A:ヒョジュ
「もし人気があるのであれば今後のドラマでも出てくるでしょう。」
A:スビン
「私も踏まれてみたいです(笑)」
Q:スクチョンを演じたチ・ジニさんの存在も大きかったと思いますがどのような印象をお持ちですか?
A:ヒョジュ
「とてもチ・ジニさんは愉快で楽しい方なんです。おそらくトンイでチ・ジニさんが
スクチョン役を演じていてくれたからこそ愉快な王様が描かれたと思います。」
A:スビン
「チ・ジニ先輩はスタッフや俳優にとてもポジティブなエネルギーくださる方です。大変な撮影の中でもチ・ジニ先輩から元気をいただきました。」

Q:長い撮影の中で夢に見てしまうほど私生活に影響したことはありますか?
A:ヒョジュ
「やはり時代劇ということで綺麗な韓服をきて髪を結っていたので、髪を下ろして普段着でいると誰もわからないんです。なので誰かに挨拶をするときにわざわざ髪を後ろに縛ってトンイ役のハン・ヒョジュです、と言っていました。」
A:スビン
「私も長く撮影していたので壁を見るとなぜか乗り越えたくなるような気持ちになりました(笑)」
Q:役どころに共感する点と自分とは違うというところを教えてください。
A:スビン
「このドラマに出て学んだことがあります。それは人を大切にして人を守るということはいいことなんだと思いました。しかし現実でもドラマでもそれをするということは大変だなと感じました。私もチョンスを見習って努力をしようと思いました。」
A:ヒョジュ
「私はこのトンイを演じるときに少し疑問に思ったことがありました。これほど明るくてこれほど健全な考えを持った人がはたしているのだろうかということです。ところが撮影が終わったときにこういう人が一人でもいてくれたらなあと思いました。トンイは本当に素敵な女性だったのだなと思います、まだまだ私はそこまでは行かないですがこういう方向に進みたい正しい道に進みたいという気持ちになったと思います。」


Q:3月11日の東日本大震災について、被災地の方々もこのトンイを楽しみにしていらっしゃると思いますがメッセージをお願いします。
A:ヒョジュ
「私にとっても初めての経験で驚きました。やはりどんな言葉でも表すことができないと思います。あの日私に会いに来てくださろうと思っていらっしゃった方も多かったと思うのですがトンイのプロモーションの途中で震災が起きてしまって
本当に残念で、本来ならお会いできるはずの方に会えなかったのが残念でした。その後そのときの気持ちを言葉にできないまま韓国に帰ったのですが今も何を言ったらいいのかわからないくら胸が痛みます。そして私はその後は一日一日を大切に生きなければならないと思いました。今も被害に遭われた方々は辛い状況にあるかと思いますが、どうか元気を出してください。私もお祈りしています。」
A:スビン
「私は地震があったとき韓国にいてハン・ヒョジュさんが日本にいて連絡がつかないという話を所属事務所の方から聞きましてとても心配をしていました。そしてTVでその様子を見て本当にこれが隣の国である日本で起きていることなのだろうかと信じがたい気持ちでした。唖然としてなんと表現してよいのかわからないくらいです。
その後ヒョジュさんも無事に韓国に戻ってこられたわけなのですが、先ごろ日本に来た際に震度3か4ぐらいの地震に遭いました。本当に地面が崩れ落ちるような感じで怖かったです。これよりももっともっと大きな地震ならどんなに怖いだろうと思いました。自然災害なのですがこういうときに人と人が心を合わせてお互いを理解していけば乗り越えられると思っています。私もそうなることを祈っています。」

Q:私はMBCのアナウンサー イ・ソンベです。セクションTVからきました!
ハン・ヒョジュさんに韓国から会いにきました。いかがですか?今、韓流の中心にいますが昨日日本にこられて実感しましたか?
A:ヒョジュ
「まずはお会いできて嬉しいです!日本語が本当に上手ですね?今回日本のファンが応援してくれて愛を送ってくださっていることが十分に感じられました。本当は私から皆様に何かを差し上げなくてはならないと思っていますのに逆に私が皆様から多くの感動や愛をいただいているような気がします。それがとても大きな力になっていて感謝しています。それからアナウンサーの方韓国から来てくださって嬉しいです。プロモーションの成功を祈っています。」


Q:好きな日本食は?
A:ヒョジュ
「納豆と梅干しです。最初はすっぱいな?と思い慣れなかった梅干しですが今では大好きで毎日食べています。」
A:スビン
「ヒョジュさんが梅干しが好きだと聞いたのでほんの少しついさっき一口食べてみたのですが、ちょっと辛かったです(笑)うな重が好きです。」
A:ヒョジュ
「私もうなぎも好きだし、そばも好きです。」

Q:好きな衣装はありますか?(ヒョジュさんへ)
A:「これです」(と今着ている側室の衣装を見せてリクエストに答えぐるりと回って見せてくれました。)
A:「これはトンイがさまざまな逆境を乗り越え胸を張って宮中へ入るときに
これを着て入るというシーンで初めてきたので万感迫る思いでありました。着たときの雰囲気も豪華ですよね。」
Q:トンイに想いを寄せながらそばで見守るチョンスの姿に切なくなります。
ベ・スビンさん自身は女性に積極的にアプローチしますか?(スビンさんへ)
A:「はい!ここではちょっとお見せできないですが積極的にと言っておきます。」
Q:もし俳優をしていなければ何をしていたと思いますか?(お二人に)
A:ヒョジュ
「学生だと思います。ちょうどよく考えていました。しかし今の自分がとても好きなので想像がつきにくいですね。なので俳優という仕事でずっとずっといけたらいいなと
思っています。」
Q:スビン
「観光ガイドだと思います。その仕事につくことによっていろいろないいところを紹介できますしたくさんの方と楽しめるからです。そしてヒョジュさんと同じように俳優という仕事が好きですしずっと続けたいです。もし自分が韓国で行ったらいいと思う場所は昌徳宮の中にある秘庭というとこです。ユネスコの文化遺産ともなっているところですので是非機会があればいってみてください。」


クイズコーナー
第1問  撮影中チ・ジニがスタッフの皆に流行らせたものは?
A ヨガ B陶芸(答えはBの陶芸 チ・ジニさんが陶磁器が好きということで皆でやったりしました。とのこと・・スビンさんはロッククライミングを一緒にしたそうです。)

第2問  ヒョジュさんが落ち込んだときにスビンさんがプレゼントしたものは?
A オルゴール B詩集(答えはBの詩集 とても辛くてもしっかり胸を張って欲しいという内容でした。ヒョジュさんは本当に力になったそうです。)

その後はヒョジュさんとのじゃんけん大会で最後残った3名が壇上にあがり直接二人からサイン入りポスターをプレゼントされた。

最後はプレスフォトタイムに加え会場のファンをバックに記念撮影してこの日のイベントは終了した。


韓国ドラマ「トンイ」はNHKBSプレミアムにて毎週日曜夜9:00~から
絶賛放送中http://nhk.or/jp/kaigai/toni/

関連記事


Page Up