イ・ジヌク、除隊後初のファンミーティングを開催!

2012/1/19 11:34


ドラマ『スマイル アゲイン』や、『強敵たち』などに出演し、端正なマスクと眼差しで人気を博す俳優イ・ジヌクが、1月14日、東京・ディファ有明にて『KOCUA(コキュア)オープニングショウケース イ・ジヌク スペシャル ファンミーティング』を開催した。


2011年3月に軍服務を無事に終え除隊し、3年ぶりとなる日本ファンミーティング。待ちに待ったファンたちが大きな歓声と拍手で迎える中、少し緊張した面持ちで登場したイ・ジヌク。ユ・ジェハの“愛しているから”を歌ってイベントがスタートした。


公式来日は3回目、プライベートを含めると6回は日本に来ているというジヌクは、「以前、富士山の近くに行ったのですが、次回はぜひ富士山に登ってみたいです。」と明かし、日本の文化では「日本の漫画や映画、ドラマが大好きです。日本の女優さんでは、竹内結子さんや松嶋奈々子さんが好き。男性では明石家さんまさん、北野武さんが好きです。」と、なかなかの日本通をうかがわせた。

日韓の文化交流について、「日本と韓国は近い国。お互いを高めあって交流していくことが大切だと思います。」と真摯に語り、現在の日本における韓流ブームを「韓国の俳優として感謝しています。」「韓流の魅力?僕も気になっていますが、わかりません。それがわかればもっと人気があったと思いますが・・・。(笑)」とジョークを飛ばし会場の笑いを誘った。

“できる”という日本語がマイブームの様子で、イベント冒頭から「できる、できる」の日本語を何回も口にするジヌク。そんなところからも、いつも前向きな彼の姿が垣間みえた。

除隊後に出演したドラマ『ラブミッション~スーパースターと結婚せよ~』について、「久しぶりのドラマにわくわくして全力で撮影に臨みました。シナリオをいただいた時、ストーリーが面白いことと、信念のあるカッコいい男性(チェ・リュ)の役の魅力に惹かれ、ぜひやってみたいと思い、出演を決めました。」と語った。「除隊後すぐのドラマ撮影は大変でしたが、軍人の役だったので、すぐに適応できました。アクションシーンも問題なかったです。」と胸を張るものの、「撮影現場は時間との闘い。練習が十分でなく危険な場面も多かったです。一生懸命やって褒めてもらったシーンでも、放送ではカットされていることがありますしね・・・。」と、苦労した撮影現場を振り返った。


軍生活については、「2回も行ってはいけない場所(笑)」としながらも、「軍生活を経験し、私生活で“多くの人と調和をとって生活すること”を学び、人間としての幅が広がりました。」と伝え、「私は、軍事教育を受けたので怖いですよ。私が皆さんを守ってあげます!」と言って会場のファンを喜ばせた。


ファンからの質問に答えるコーナーでは、「ズバリ、好きな女性のタイプは?」の問いに「子猫のような・・・、いや違う、全てにベストを尽くす真摯な人。」と真剣に答えるジヌク。「そして、おだやかで皆さんのような美しい方。」とリップサービス(?)も忘れない。

また、ツーショット写真撮影や、○×クイズで正解者30名にサイン入りのプレゼントをして、久しぶりに会うファンたちと楽しい時間をすごした。

その他、“position”、日本語で尾崎豊の“I LOVE YOU”の歌も披露し、その歌声にファンはもうメロメロ。最後に自筆の手紙を朗読し、ファンへ感謝の気持ちを示した。


アンコールでは、客席後方から登場しファンを驚かせ、ラストに朗読した自筆の手紙を抽選で1名にプレゼントするサプライズも。気さくで気取ることなく、終始爽やかな笑顔でファンを魅了していたイ・ジヌク。さらなる活躍に大いに期待したい。

関連記事


Page Up