パク・シフら、『王女の男』ドラマコンサートに登場!

2012/9/4 06:15

現在、NHK BSプレミアで絶賛放映中の韓国ドラマ『王女の男』(日曜午後9時~)のドラマコンサートが、9月2日、東京国際フォーラムAホールにて開催され、主役を務めるパク・シフと、共演のホン・スヒョン、ソン・ジョンホが出演した。

『王女の男』は、15世紀の李氏朝鮮を舞台に、王座を狙い熾烈な権力争いの中起きたクーデターのより引き裂かれ、運命に翻弄される二人の悲しく切ない愛を描く“韓国版ロミオ&ジュリエット”。2011年、韓国で放送され大注目を集めた話題の歴史ドラマだ。


ステージ中央に男性のシルエットが映し出されると、会場は大興奮。パク・シフがさわやかな笑顔をたたえて登場すると、さらに大きな歓声があがった。続いてホン・スヒョン、ソン・ジョンホが拍手で迎えられた。

『王女の男』の撮影終了後は、次の映画の撮影を終え、旅行に行ってゆっくり過ごしていたというパク・シフ。ホン・スヒョンとソン・ジョンホも、別のドラマ撮影に臨み充実した日々を送っていたことを報告。

イベントでは、名場面の映像と共にドラマにまつわるエピソードや秘話など、トークに花が咲いた。

パク・シフは自身が演じるスンユが、暴走する馬からセリョン(ムン・チェウォン)を助けようとして落馬するシーンについて、「ワイヤーに吊るされ、腰も痛くて大変でした。でも、馬に乗るのも好きだし、馬と戯れることができて楽しかったです。」と語った。スンユが幼なじみのシンミョンと戦ったらどちらが勝つと思うかとの問いに、「前半はシンミョンが強いけど、段々とダークスンユになっていくので、後半はスンユが強いかも。」と分析。「実際に戦うシーンは危険を伴うので、とても緊張しました。」と過酷な撮影を振り返った。

一国の王女という立場ゆえの心の苦しさを見事に演じたホン・スヒョンは、泣くシーンでは“カット”の声がかかっても涙が止まらないこともあったという。「自分の心の中にキョンヘ王女が入り込んでいきました。」と、役にのめり込んでいった様子を明かし、「キョンヘ王女は、とても強い女性に見えるけれど、家族や愛する人の前では弱い所を見せるようなところがあって、自分自身にも似ているところがあると思います。」と微笑んだ。

気を失っているスンユを背負いながらも、殺そうと刀をふりあげるシンミョンを演じたソン・ジョンホは、「パク・シフさんを背負って歩くのは結構大変でした。でも、意外に軽かったですよ。」と言うと、「ずっと下を向いて背負われているのも、頭に血が上ってしまって大変だったんだよ(笑)。」とパク・シフ。今でも連絡を取り合っているという2人の友情は、この過酷なドラマ撮影から育っていったといえるかもしれない。

もし、スンユが、もしも簾をあげなかったらどうなっていたと思う?の問いに、パク・シフは「何の問題もなくキョンヒ王女と結婚して、ドラマは4話で終わり、みんな幸せに過ごしたでしょうね。」と答えた。


トークの後には、スペシャルなステージが行われ、3人が歌を披露。ソン・ジョンホが甘い歌声を聞かせ、ホン・スヒョンは優しくキュートに。パク・シフは可愛い振り付けも披露し、ファンの喝采を浴びた。

2部構成で行われたこの日のイベントの後半は、ビシッとスーツで決めたパク・シフとソン・ジョンホに伴われ、ホン・スヒョンがドラマの衣装そのもののような豪華な韓服をまとって登場。その美しさに、会場からもため息がこぼれていた。

ホン・スヒョンの理想の男を探そう!のコーナーでは、世界を代表する俳優の中からトーナメント式に本人から選ばれ勝ち進んだ(?)パク・シフが優勝。会場からの「おめでとう!」の声に「僕を選んでくれてありがとう。」と大照れのパク・シフ。

このドラマの名場面を再現!と題し、会場の中から抽選で選ばれたファンとともに、ステージのうえで一緒に演技。シンミョンが、セリョンを抱きしめるシーン、スンユにセリョンがバックハグをするシーン、ブランコを漕いでもらうシーンなど、夢の競演を果たしたラッキーなファン。会場のファンも自分のことのようにドキドキ。パク・シフの一挙手一投足に黄色い声が響き渡った。

今後の予定について、パク・シフは「間もなく上映される映画を楽しみにしていて下さい。また近いうちに皆さんとお会いしたいです。僕は皆さんを愛し続けます。皆さんも愛してくださいね。」と挨拶し、ホン・スヒョンとソン・ジュンホも「他の作品を通してまた皆さんにお会いできれば嬉しい。」と伝えた。


最後は、バラード曲を披露。パク・シフはセクシーなダンスも披露し、ファンを魅了。TUBEの“シーズン・イン・ザ・サン”を熱唱すると、会場のボルテージはMAXに。総立ちとなって盛り上がったまま、とびっきりの笑顔をみせ「ト マンナヨ~(また会いましょう)!」と叫んで、投げキッスを送った。

イベントの後は、抽選で100人のファンとハイタッチ会を行い、ファンとの交流をさらに深めた。

セットリスト

第一部

M1)ソンジョンホ 愛、そいつ

M2)ホンスヒョン LemonTree

M3)パクシフ シャンプー

第二部

M4)ホンスヒョン 雪の華

M5)ソンジョンホ 会いたい

M6)パクシフ 今日も愛してる

M7)パクシフ シーズンインザサン

 

関連記事


Page Up