韓日交流総合展(KBEE2012)の広報大使にJYJが任命!

2012/10/18 11:07

10月17日午前、ソウルの大韓貿易投資振興公社(KOTRA)本社地下1階ホールにて『韓日交流総合展(KBEE2012)』の広報大使委嘱式及び記者会見が開かれ、広報大使を務める人気グループのJYJ(キム・ジェジュン、パク・ユチョン、キム・ジュンス)が会場を訪れた。


この『韓日交流総合展(KBEE2012)』は、韓日最大の韓流ビジネス交流のための博覧会として、韓日両国の和合のための架け橋として準備された韓流総合ビジネスフェスティバルであり、第3回となる今回は11月14日~16日まで日本のインテックス大阪展示場にて開催される。


沢山の関係者とマスコミ関係者が見守る中、広報大使のJYJを迎え、広報大使委嘱式及び記者会見が行われた。沢山のフラッシュの洗礼を浴びながらフォトタイムを終えたJYJは、早速広報大使委嘱状授与式が行われ、JYJのメンバーのキム・ジェジュンが代表で委嘱状を受け、全員で花束を受けた。


その後記者会見が開かれた。キム・ジェジュンは「与えられた任務を受けに来た場ではありますが、委嘱状を受け取ってみると、賞をいただいたようで嬉しいですね(笑)ありがとうございます」と話し始めた。


引き続き、ユニセフの『アウ』人形の署名運動の一環としてスターに人形の顔を描いてもらうというもの。今回JYJが描く人形は展示会期間中に展示された後、オークションで落札され、その収益金をユニセフに寄付することになる。メンバー達は人形に顔を入れた後、各自の作品を見ながら和気藹々とする姿を見せていた。


その後のQ&Aの時間では「先日JYJのファンミーティングをしたことがありました。日本から7000人ほど来て頂いたのですが、それを契機にこの様な機会が与えられたのではと思いますし、意味がある今回の行事に参加したかったです」とジェジュンが答え、「韓流に関する広報マーケティングやユニセフの行事に直接参加してお伝えしたいと思っています」と答えてた。ジュンスは「日本でも僕たちを待ってくださっていることも聞いており、大阪での訪問もファンたちとのよい出会いになるのではと思います」と伝えた。


またメンバー各自の活動についても触れ、ジェジュンは新作映画「ジャッカルがくる」、ユチョンはドラマ「会いたい」、ジュンスは新しいアルバムでのヨーロッパツアーについて話し、各自の活動にも注目して欲しいと伝えた。

関連記事


Page Up