Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ソン・シギョン、日本初ファンミーティングを開催!

2012/10/19 10:42

10月11日、韓国バラード界の貴公子ソン・シギョンが、Zepp Tokyoにて、『SUNG SI KYUNG 2012 Japan Fanmeeting』を開催した。9日に行われた名古屋に続き、軽快なトークと歌でファンとの楽しい時間を過ごした。

ファンミーティングを前に記者会見が行われ、セーターとコットンパンツというカジュアルなスタイルで登場し、マスコミからの質問に答えた。


Q:今回のファンミーティングのために準備してきたことは?また今日の意気込みをお願いします。

韓国で行うファンミーティングは、特別に何も準備をすることもなく、歌も1~2曲でファンの皆さんにお任せしているようなスタイルです。日本のファンミーティングでは歌う曲数を増やしますが、やはりコンサートとは違うので、ファンの皆さんとの会話の場をたくさん作りたいと思っています。


Q:デビューして12年経ちますが、振り返ってみていかがですか?

本当に長いような、短いような・・・。韓国の歌謡事情も変わってきました。ただ僕自身は、デビュー当時の気持ちとあまり変わっていませんね。変わったのは歳をとったことかな?肌の状態も変わってきたし(笑)。年月がたって、日本のファンの皆さんとの関係がより深くなってきましたね。


Q:ファンミーティングで歌う曲はどのようにして選びましたか?

選んだ理由は特にないです。ファンの方たちからのリクエストを聞いて決めました。そして、普段のコンサートではやらないスタイルがいいと思い、今日はピアニストの方も一緒に連れてきました。皆さんの好きな歌を聴いてもらえれば嬉しいです。


Q:先に行われた名古屋公演の手ごたえはどうでしたか?

日本は広いなぁ~と思いました。地域によって、ファンの方の反応も違いますね。とても温かく聞いてくれて・・・。小さい会場だったので、ファンの方との距離も近くて良かったです。あと、“ひつまぶし”を初めて食べたんですが、とっても美味しかったです。


Q:最近は、音楽以外にバラエティー番組にも参加されていますが、歌うことに影響はありましたか?

音楽の世界に対しては特に影響はないですね。本業は歌手ですから、バラエティーが好きとか嫌いではなく、出演する機会が今まであまりなかったようです。『1泊2日』というのは、7人のチームで、責任を持って頑張って韓国のいい所を紹介でき、若い人から年配の方まで楽しめる番組です。出演者のみんなと仲良くなってきたので、これからも頑張っていきたいと思います。


Q:『1泊2日』の番組出演者の中で、特に親しい人はいますか?

特定の1人というより、みんなと仲がいいです。SMSも一斉にやっていて公平に付き合っていますよ。

Q:最近楽しかったことは?

最近、テニスにハマっています。本当は、僕はもう少し色が白いんですけどね。昼間にテニスをするので、少し肌が焼けて黒くなりました。ちょっと、やりすぎていて・・・マイクを持つ手が震えていたらごめんなさい(笑)。


Q:22日から韓国で行われる小劇場コンサート『ハル(1日)』のチケットが発売開始2分で完売になったそうですね。

9日間の小劇場のコンサートは、バンドの編成も少なくして、自分の声だけでもっと楽しんでもらおうと思っています。部屋着で来れるような気楽な気分で、正直な自分を見せて皆さんを感動させるようにしたいですね。歌手は歌を届けられることが一番幸せです。

Q:(カメラを向けられても笑わないソン・シギョンにむけて)普段から、あまり笑わないんですか?

アハハ、僕は、写真を撮られるのがあまり好きではないんですよ。それに、普段から理由なく笑ったりしませんよ。


会見が終わると、いよいよ待ちに待ったイベントの開始!

ソン・シギョンの通訳といえばお馴染みのユ氏!彼の登場に歓声があがる会場。カッコよくソン・シギョンの登場を促すが、本人がソロソロ~と出てきてしまい会場は大爆笑。仕切り直すも、最初から和やかな雰囲気でファンミーティングがスタートした。

「初めて、パープルオーシャンジャパン(ファンクラブ)の皆さんとお会いできて、嬉しく思います。韓国と日本のファンが一つになって活動するようになり、僕も嬉しいです。」と、喜びの気持ちを表した、ソン・シギョン。

 
トークコーナーでは、豪華なケーキが登場し、ファンと一緒にデビュー12周年を祝った。一緒にプレゼンとされたメッセージBOOKをいとおしそうに眺めるソン・シギョンの姿に会場からも温かい視線が送られていた。また、抽選で選ばれたファンに、等身大パネルや本人の着用済みの服がプレゼントされ、大いに盛り上がった。

ミニライブでは、ヒット曲『거리에서/道で』やデビュー曲『내게 오는 길/僕にくる道』など10曲を披露。ピアニストを従えて、甘い歌声でファンを魅了した。


ドラマ『シークレットガーデン』のOST『너는 나의 봄이다/君は僕の春だ」では、「自分がヒョンビンさんだと思って歌いました。」と言って笑いを誘い、ファンの反応に「ここは、シギョンさんの方がカッコいい!と言ってくれないと~」とさらに会場を盛り上げ、笑いの渦に。

途中、ファンから直接質問を受けたり、歌いながら会場を回ったりと大サービスぶり。好きな女性のタイプを聞かれると、「理想は理想でしかないでしょ。好きになる理由はたくさんあると思いますが、理由を決めて好きになるものでもないし。でも、自分のことが好きでなくてはね。」と持論を展開。

 
予定にはないダブルアンコールまで行い、「皆さんのおかげで楽しくて幸せな時間を過ごせました。これからも末永く皆さんの前で歌を歌えるように頑張ります。皆さんもお元気で。」と挨拶。「韓国の活動が終わったら、日本でもコンサートができると思います。」と語ると、会場からは割れんばかりの拍手と歓声があがった。

最後に、会場に降りて客席の中へ入っていき、ファンと一緒に記念撮影したソン・シギョン。派手な演出はないが、気取りのない彼だからこその、心温まるファンミーティングとなった。

 

【SUNG SI KYUNG 2012 Japan Fanmeeting】

1. 좋을텐데/ならいいのに

2. 너는 나의 봄이다/君は僕の春だ

3. 두사람/二人

 4. When october goes(原曲:Barry Manilow)

 5. Ai(原曲:秦基博)

 6. 태양계/太陽系

7. 거리에서/道で

アンコール

 1. Lately(原曲:Stevie Wonder)

 2. 내게 오는 길/僕に来る道

 3. Desperado(原曲:Eagles)※東京のみ

■ソン・シギョン日本公式サイト http://sungsikyung.jp/information/

■ソン・シギョン日本公式ファンクラブ http://www.purpleocean.jp/

 

関連記事


Page Up