SMAPのメンバー会見に出席、紅白への意気込みを語る。勝負は中居の歌しだい?!

2012/12/31 12:48

12月30日NHKホールにて紅白歌合戦のカメラリハーサルが行われ、大トリを務めるSMAPのメンバーのインタビューが行われた。SMAPは朝の連続ドラマ「梅ちゃん先生」の主題歌を歌っており、注目の的となっていた。

紅白出場の感想を問われた木村は、「ぼくらの歌が朝の連続テレビ小説の主題歌になりびっくりしましたが、梅ちゃん先生の放送が進むにつれ、なじんできました。2012年の紅白の最終演目としてパフォーマンスするということで、リハーサルですが全力で行いました」と気持ちが入った様子だった。

次に、稲垣は、大トリを務めることについて、「すごく重大な責任だと思いますし、5人で力を合わせて楽しみながらやりました。『さかさまの空』と『Moment』を歌わせていただいた。今年はオリンピックがあり、選手の方がぼくらにいっぱい夢をくれ、いっぱいメダルも取ってくださった。それを応援するために応援歌として歌わせていただいた。この2曲は今年にぴったりの曲です。」と一年を振り返っていた様子だった。また、「さわやかな一足早い初夢のような」ものを与えられるようなステージにしたいと意気込んでいた。

そして、SMAPの今年を振り返って中居は「ライブもあり、個人個人の活動も多く、いい一年でした。」と述べた。今年の印象深い出来事を紅白に向けて改めて振り返ると「自分たちはこんなとこまで来てしまったのかと。でも自分たちはまだまだ小さいという気持ちが入り混じったような心境。今年はSMAP紅白出場20回目という節目なので良いパフォーマンスをできればいいです。」と意気込みを述べていた。

 香取は、「朝ドラの主題歌を歌わせて頂き、毎朝自分達の声が流れるという夢のような出来事があり、それに最後に歌わせていただくというプレゼントがくっついてるなんで、今日気づきました!」と明るく相変わらずの調子であった。「毎年、ぼくとツヨポンは本気で勝ちに行ってるんですよ。戦ですよ。」と勝ちに貪欲な姿勢をも見せていた。

これに対し、勝つための秘訣を問われた草彅は、「ぼくらが大トリなので、ここでうまくいけば白のほうに投票してくれるんじゃないか。」と気合いが入った様子であった。また、「中居くんの音程がしっかりしてれば大丈夫ですよ。見てる方が中居くんの音程が微妙だな、と思ったら票が入んなくなっちゃう。」と中居に白組の命運がかかっているといっても過言ではないという冗談を言う一面もあった。プレッシャーをかけられた中居に「こいつも下手だからねー。」と言われた草彅は「隠れオンチなんで」と白状していた。これに対し、木村は「こんなこと言ってるやつらが大トリやっちゃだめだよね」とインタビューを盛り上げていた。

 

 

関連記事


Page Up