Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パク・ジョンミン「バレンタインイベント」開催!イケメン超能力探偵ジョンミン登場!

2013/3/1 11:32

ソロとして活躍中のパク・ジョンミンが、2月16日渋谷区文化総合センター大和田にて恒例の「パク・ジョンミン バレンタイン ファンミーティング2013」を昼夜2回開催、バレンタインをジョンミンと一緒に祝おうと多くのファンが駆けつけた。

_MG_3409のコピー
この日のイベントは昨年末に行われた「クリスマス ファンミーティング」と同じく、前半は『チクタク超能力探偵パクの事件簿「バレンタイン殺人事件」』と称したミュージカル仕立てのステージ。クリスマスファンミーティングで女優(?)デビューを果たしたYumiが、今回はお金持ちの奥様役でダンナ役の男性と連れ立って会場に現れ、客席に座るとステージにパク・ジョンミンが登場。

_MG_3433のコピー
国生さゆりの「バレンタイン・キッス」をキュートな振り付けで踊るとペンライトを持ったファンはすでに総立ち、会場中から「ジョンミ〜ン!」と声が上がる。歌い終わったジョンミンがファンに「みんな元気だった〜?」と声をかけていると、突然銃声と「あなた〜!誰か救急車を呼んで〜!」とYumiの悲鳴が響き渡る。Yumiのダンナが何者かに撃たれたようだ。

その悲鳴にステージから客席に急いで駆けつけるジョンミン。ここからミュージカル「チクタク超能力探偵のバレインタイン殺人事件」がスタート。

_MG_3462のコピー_MG_3596のコピー_MG_3633のコピー
「ジョンミンさん、私と会ったことあるわよね」とYumi。どうやらジョンミンはYumiの中3の時の元カレで本名は鈴木太朗らしい。デブでダサダサのメガネ野郎だった昔のジョンミンの証明写真がスクリーンに映し出されると会場は大爆笑!しかし、いまや「カッケー、オットケー、パク•ジョンミン」となったジョンミン、しかも時間を止めたり自由にあやつれる能力があるのだ(という設定)。

そこでその能力を使い、ずっと思い続けていた元カノYumiのダンナを殺した人を探すことに。「Yumiはホントにダンナのことを好きだったんだね」「ホントに好きだったわ」「ホントに、ホントに・・・」の掛け合いの後「ホンとに好きだった」を熱唱。心を読める能力もあるジョンミンが今のYumiの心を読み出すと、スクリーンに心のグラフィックが映し出されそこは「男」でいっぱい。今度はその能力をYumiが受けジョンミンの心を読むと、その心の中は「H」だけしかないことに慌てるジョンミンに会場は大爆笑。「でもダンナと出会って私の心はカラフルに彩られたわ」というYumiの言葉を受け「君色」を熱唱。悲しむYumiにジョンミンはYumiのダンナが生きている時間へと遡る。そこでジョンミンが突然「でも僕は前から知っていた!Yumiが犯人だよね」と言ったところで会場に殺人犯の姿と銃声の音が…。

_MG_3715のコピー_MG_3738のコピー
ここで突然コーナー企画「今なら死んでもいい」に変わり、ジョンミンに「怒ってほしい」と「歌ってほしい」という2人のリクエストが抽選で選ばれた。まず即興で冷蔵庫にあったヨーグルトを食べられて怒るという設定を考えたジョンミンが「なんで食べたんだよ〜!でもカワイイよ」とお茶目に怒る姿に会場から悲鳴のような声が上がり、「歌ってほしい」のリクエストには「今日はバレンタインだから、クリスマスの歌を」となぜか「毎日クリスマス」をアカペラで歌った。そしてステージは再びミュージカルの続きに戻る。

「…Yumiが犯人だったんだね」「でも彼が先に私を殺そうとしたのよ…なんで私あなたと別れたんだろう」と後悔するYumiを「今だけはぼくの胸でお休み…」と抱きしめるジョンミン、そして歌は「Wara Wara」。歌が終わり二人が抱き合っているところに死んだはずのダンナが登場。「君は誰とも付き合ったことがないと言っていたのに、こんなにたくさんの人と付き合っているじゃないか!」とYumiが今まで付き合った男性たち+馬の映像がスクリーンに映し出され会場中は大ウケ。そこでYumiが「昔の清らかだった時代に戻して!」とジョンミンに頼み、なぜかダンナを加えた3人で時間を遡ることに。

ここで歌は「TIME OF DESTINY」。そして「これで事件は解決、今日も正体を隠して歌って踊れるカッケーアイドルとして万人に夢を与え続けていくのだ」とナレーションが流れ、「チクタク超能力探偵ジョンミンの事件簿『バレンタイン殺人事件』」は幕を閉じた。「歌って踊れるイケメンアイドルとして今日も頑張るぜ〜」というジョンミンの掛け声に続いて「Beautiful」を熱唱、会場は再び総立ちで興奮の渦となった。

_MG_6836のコピー_MG_7367のコピー
そして後半がスタート。MCに戻ったYumiに「どうでしたか、今日は?」と聞かれると「外しちゃうかな〜と心配だった」とファンの反応を伺うジョンミン。今回の芝居の中にはジョンミンのアイディアもいくつか採用されていたそうだ。トークの最中には、ジョンミンはカメラマンがステージ下の正面から写真を撮っているのが気になったらしく、右顔を撮ってほしいと注文するなど自由に振る舞うジョンミン。そしてバレンタインのサプライズプレゼントとしてファンを思い自身が歌詞を書いた新曲「二人」を披露、会場は一気にしっとりとした雰囲気に。歌い終わるとジョンミンが会場のファンに「カッケーの上は何?」と質問。

ファンから「超カッケー!」という声にジョンミンも「超カッケー!簡単だな」と気に入った様子を見せていた。続けてバラード「Only Me」を熱唱。そしてジョンミンから3月に日本4都市を回る初のZeppツアー開催の発表にファンは大喜び。続けて「ハミョヌンアンデ」、「君は知ってる?〜届かないメッセージ〜」をファンの「サランヘヨ、パク・ジョンミン!」という熱い掛け声の中歌い、「またお会いしましょう〜!」と手を振ってステージを後にした。

_MG_7428のコピー
会場に「パク・ジョンミン!」とアンコールの声が響き始めると、「小さいよ〜もっと大きく!」とジョンミンのツッコミが。再びジョンミンがステージに登場すると会場のボルテージは最高潮!「Bye Bye」を歌いファンの大歓声に応え「ありがとう〜またね〜」とジョンミンのステージの幕は降りた。

◯昼公演セットリスト

1.バレンタイン・キッス

2.ホンとに好きだった(SS501)

3.君色

4.Wara Wara

5.Time of Destiny(SS501)

6.Beautiful

7.二人(新曲)

8.Only Me

9.ハミョヌンアンデ

10.君は知ってる?〜届かないメッセージ〜

11.Bye Bye(SS501)

◯パク・ジョンミン/ROMEOシアトリカルツアー 2013

Act1 パク・ジョンミン/Act2 ROMEO

 

 

関連記事


Page Up