Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

CODE‐V、ドラマ『応答せよ 1997』スペシャルイベントに登場!

2013/1/19 09:32

大人気ドラマ『応答せよ 1997』が、韓国100%エンターテイメントチャンネルMnetより、昨年12月29日から日本初放送がスタートしたことを記念して、1月18日、ダイバシティ東京・エンタメスペースにて、『Mnet×TOWER RECORDS 「応答せよ 1997」スペシャルイベント』が開催された。DSC_3212のコピーこの日のイベントには、本ドラマの大ファンというK-POP 実力派ボーカルグループCODE-Vのメンバーと、ドラマの舞台となった1997 年に韓国へ留学し、現在日本におけるK-POP 解説の第一人者である古家正亨氏が駆けつけ、1997 年のK-POP と当時の韓国文化や流行などのトークに華を咲かせた。IMG_3079のコピードラマ『応答せよ 1997』は、1997年の釜山を舞台に、90年代のアイドルブームをリードしたH.O.T とジェクスキスを追いかける熱狂的ファンの女子高生たちの日常を描いている。現在活躍するK-POPアイドルたちの基礎となった第一次アイドルブーム時代を背景に繰り広げる、友情と甘く切ない恋愛の青春ラブストーリーだ。IMG_5319のコピーIMG_5325のコピーIMG_5345のコピーIMG_5615のコピーIMG_9387のコピーとにかくこのドラマが大好きだというジェウォンは、「本当に大好きなんです。ドラマでは、昔の韓国の曲がたくさん出てくるので、僕たちも歌おうかと思ってここまで来ました!本当に懐かしいです。」と興奮ぎみに語ると、「97年のドラマで流れている曲ほとんど知ってますよ!」とナロ。「ドラマを観て気になったことは?たまごっちとかダンスレボリューションとか・・・。」と古家氏が問うと、「DDR!!」と全員から大きな声が返ってきた。ソルは、「超~上手かった!特に僕はね。僕はDDRでダイエットして、CODE‐Vとしてデビューできたんです。DDRを作った会社に感謝しています。(笑)」と明かし、会場を笑いで包みこんだ。

続いて、サンウが「ウォークマン。」、ナロが「マンガ、スラムダンク。」と答え、古家氏が「僕はその当時、ピッピ(ポケベル)をよく使っていたんですよ。」と伝えると、「好きな人には1004、サランヘは486です。」と即答したルイに会場のファンもビックリ。そんなルイは、ドラマの舞台でもある釜山出身。「ドラマを観て、釜山の様子がそのまま出ていて懐かしかったです。」と語り、男らしい釜山弁も披露した。「『応答せよ1997 シーズン2』に期待したいですね。ぜひ、釜山弁でたくさんおしゃべりをする役をやってみたいです。」と、出演意欲を見せる場面も。

また、本ドラマのOSTには1997年当時の曲が120曲収録されているのも魅力。好きな曲を尋ねられ、「僕はその当時小学生でした。H.O.Tさんの大ファンで、僕が人生で初めて買ったテープがH.O.Tさんの『FULL OF HAPPINES』です。」とサンウ。「僕は女性のグループのピンクル(KARAの大先輩)の『ルビー』。」とナロ。「イ・ジフンさんのバラードが本当によくて、いつも『ウェハヌル』を聴きながら泣いていました。僕はそのとき、ちょうど思春期だったんですよ~。」と、ソル。「僕はジェクスキスさんの『カップル』が本当に好きで、カラオケで初めて歌った曲なんです。大好きでこの曲だけ1年間歌いました。」と、ジェウォン。「僕はチョ・ソンモ先輩の『To heaven』という曲です。この曲で僕は友だちの前で初めて歌いました。」ルイ。それぞれが曲にまつわる思い出を懐かしそうに語った。IMG_3403のコピーそして、ここでドラマのOST、H.O.T.の「FULL OF HAPINESS」と、ソ・イングクとチョ・ウンジ(A Pink)のデュエット曲「All For You」を披露。さらに、2月6日に発売されるCODE-V待望の3rdシングル『何度サヨナラを繰り返したら僕らは強くなれるの?』を熱唱し、会場のファンをうっとりさせた。

最後に「皆さん、これからも僕たちCODE-Vは一生懸命頑張りますので、応援よろしくお願いします。そして僕たちも『応答せよ1997』をもう一度観ます。皆さんも共感できるようにぜひ観てくださいね。」と挨拶し、イベントを終了した。

ドラマ『応答せよ 1997』は、1月26日より再放送が決定!90年代の音楽を思いっきり堪能できるだけでなく、当時のファッションや風景など、見所満載で楽しめること間違いなし!

★『応答せよ 1997放送情報

韓国100%エンターテインメントチャンネル Mnetにて、

2012年1月26日より再放送スタート!

2012年/韓国tvN/全16話/各60分

出演:チョン・ウンジ(A Pink)、ソ・イングク、シン・ソユル、ホヤ(INFINITE)、ウン・ジウォン、ほか

本放送 : (土)(日)午前7:00〜

再放送 : (月)(火)深夜4:00〜

Mnetホームページ http://jp.mnet.com/

 

関連記事


Page Up