Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

M.I.B、ついに上陸! 日本初単独ライブ開催!!

2013/6/26 06:10

韓国Hip-Hop界の最強グループM.I.B(エム・アイ・ビー)が、6月24日、東京・原宿アストロホールにて、『日本初単独公演「We are M.I.B」』を開催し日本ファンを熱狂させた。9J9A3197-2のコピー M.I.Bは、2011年11月韓国でデビュー。Most Incredible Bustersの略で「目で見ても信じ難い音楽を聴かせる」という意味を持つ、リーダーの5ZIC(オジク)、SIMS(シムス)、KangNam(カンナム)、YougCream(ヤングクリーム)のメンバーからなる実力派4人組HIP-HOPグループだ。韓国HIP-HOP界の女王と言われるユン・ミレやTiger JKなどが所属する大手事務所JUNGLE ENTERTAINMENTから輩出され、K-POPアイドルとは一線を画すHIP-HOPのニュー・ヒーローとして注目を集めている。9J9A2906-2のコピー日本デビューに先駆け、1日2回にわたり行われた公演のチケットは即日完売。この日も早くから会場の前に集まったファンの熱気で溢れかえっていた。

昼公演のあとには、マスコミ向けのショーケースが行われ、「Nod Along」「G.D.M」を披露。日本活動について意気込みを語ってくれた。9J9A2976-2のコピーQ:昼公演を終えた感想は?

5ZIC:時間が短くて、少し物足りない気もしました。

SIMS:こんなに大勢の人に来てもらえるとは思ってもいなかったので感謝しています。ありがとうございます。

KangNam:僕が20年くらい住んだ日本で、韓国から連れてきた仲間と一緒に4人でステージに立てたことがとても嬉しくて感謝の気持ちでいっぱいです。ファンの方たちもたくさん来てくれたんですが、僕のことを「ヤスオ」と呼んでくれて凄く嬉しかったです。

YougCream:日本にこんなに大勢のファンの方がいらっしゃるとは思わなかったので、すごく驚いて嬉しかったです。ファンの皆さんのおかげで僕もとっても興奮しました。9J9A2885-2のコピーQ:M.I.Bの魅力とは?

5ZIC:これまでの韓国のアイドルとは違う、僕らの自由なパフォーマンスが魅力です。K-POPではなく、K-HIP-HOPを広められたらいいなと思っています。

Q:秋のツアーが決まったようですが、意気込みをお願いします。

YougCream:早くもツアーができるということを光栄に思っています。このステージで、よりカッコいい姿をお見せできるように頑張ります。日本語も勉強してきます!

KangNam:僕も先ほど初めて聞きました。本当に嬉しく思っています。こういう機会ができたのも、ファンの皆さんのおかげです。そして、僕は3人に日本語を教えなくてはいけないので、今すごく責任感を感じています(笑)。コンサートで何をしてやろうかな・・・と考えています。盛り上げていきたいです。

SIMS:すごく光栄ですし、驚いています。いいステージを見せることで、ファンの皆さんにお返しができたらいいなと思っています。

5ZIC:今日のステージでお見せできなかったものを全て見せたいと思っています。僕たちの音楽を広められるように頑張ります。9J9A2917-2のコピーQ:KangNamは、どんな人ですか?

5ZIC:韓国では“明石家さんま”さん的な存在で、司会者のようです。

SIMS:とても愉快な人で、ムードメーカーです。

YougCream:メンバーの中で一番お兄さんですが、お母さん的な存在です。5ZICさんがお父さん的存在なので、二人が結婚したらいいと思います(笑)。KangNamさんを見ていると「進撃の巨人」のキャラクターを思い出します。パワフルでエネルギーがありますね。

Q:KangNamさんから見たメンバーは?

5ZIC君は、体がムキムキで凄いんですよ。僕より年下なんですが、筋の通った「ザ・男」という感じのしっかりしたリーダーです。

SIMS君は、メンバー1背が高いです。この顔で一番年下です(笑)。21歳になったばかり。見た目はジャイアンみたいですが、性格はのび太君で可愛いです。

YougCream君は、4年間一緒にいますが、いまだに彼の性格を把握できていません。普段はクリームのようにフワフワした性格なんですが、変なことで急に怒っちゃうことがあったりして・・・(笑)。ちょっと不思議でセクシーなヤツです。どんな服を着せても似合っちゃうんですよ。9J9A2947-2のコピー
Q:日本活動で楽しみにしていること、目標を教えて下さい。

5ZIC:僕たちは日本でこれからなので頑張らないといけませんね。韓流ブームが全盛期というわけではないですが、新しいブームを引き起こして僕たちのスタイルを見せられたらいいなと思います。

YougCream:日本に僕たちの名前とイメージを植えつけることが目標です。

SIMS:K-POPではない、K-HIP-HOPを見せる気持ちで今頑張っていますので、韓国を代表してHIP-HOPを広めたいです。

KangNam:5万人の前でライブをするというのが、幼い頃からの夢でした。それを叶えるために音楽をやっています。5万人の前でメンバーと一緒に思いっきりライブをやって、感動を与えるアーティストになることが夢であり目標です。

会見中に、KangNamが、「ところで、僕はどうして“チャラ男”って呼ばれるんでしょうね?」と不思議そうな顔をし、「僕って、チャラ男?」とメンバーに尋ねると、三人揃って日本語で「はい!」と答え、取材陣の笑いを誘う場面も。昼公演の興奮が収まらぬ中の会見となったが、彼らの気持ちはもうすでに夜公演へと向かっているようだった。

その夜公演でも熱いステージを見せつけたM.I.Bのメンバーたち。韓国のデビュー曲「Money In the Building」でスタートすると、いきなりヒートアップ。満員となった会場に悲鳴にも似た歓声が響きわたった。

日本人のKangNamを「なめかわ先生!(KangNamの本名、滑川 康男)」と呼び、一生懸命日本語を話そうとする5ZIC、SIMS、YougCream。彼らの一挙手一投足に大歓声がわく。KangNamが、「オレより盛り上がる準備できてますか~?オレより遊ぶ準備はできてる?」と声をかけ、会場を盛り上げ「G.D.M」、「Nod Along」で会場のボルテージはMAXに。

アンコールでは、なんと「Celebrate」を日本語で披露。突然のプレゼントに湧き上がるファンたちに、KangNam から9月に開催されるジャパンツアーが発表された。最後まで大興奮となったライブはあっというまに幕を閉じた。

ライブ後には、 ハイタッチ会が開かれさらに交流を深めたM.I.B。新しいK-HIP-HOPの風が吹き荒れること間違いなさそうだ。彼らのこれからの活躍に大いに期待したい。9J9A3184-2のコピー


<SET LIST>

M1. Money In the Building

M2.Only Hard For Me

M3.Hello Goodbye

M4.G.D.M

M5.Nod Along

アンコール

E1. Celebrate(Japanese ver.)

緊急決定!!

「M.I.B JAPAN TOUR」※タイトル未定

9/11(水)大阪 梅田AKASO

9/14(土)名古屋 E.L.L

9/15(日)東京 新宿BLAZE

詳細は、6/27(木)オフィシャルサイトにて発表!

M.I.B JAPAN OFFICIAL WEBSAITE http://www.m-i-b.jp

 

関連記事


Page Up