Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ミュージカル『Jack the Ripper』今年も再演!公開舞台稽古にJun. K登場!!

2013/11/5 12:44

昨年秋、初の日本公演を果たし約4万人を動員した韓国ミュージカル『Jack the Ripper(ジャック・ザ・リッパー)』が、2013年11月4日、大胆にスケールアップして再び日本上陸した!

1888年、イギリス・ロンドンで実際に起こった、連続殺人鬼“切り裂きジャック”の事件をモチーフとした本作は、2007年チェコ・プラハにてオリジナル版を初演。2009年に韓国版として再創作され、5年連続で上演されてきた大人気作品だ。日本での再演リクエストも多数寄せられ、ついに実現。今年も豪華キャストが勢ぞろいした。

9J9A5950-2のコピー
主人公のダニエル役には、初演から同役を演じ、今年2月のクモ膜下出血の手術からの復帰第一作となるアン・ジェウク、ドラマやミュージカルで大活躍、『三銃士』に引き続き日本ファンを魅了するオム・ギジュン、SUPER JUNIORのソンミン、チ・チャンウク、ソン・スンヒョン(FTISLAND)。そして、『三銃士』のキュートなダルタニャン役も記憶に新しいJun. K(2PM)が『Jack The Ripper』初出演する。

その他、ジャック役にシン・ソンウ、キム・ボムレ、チョ・スンチャン、アンダーソン役にはキム・ジュンヒョン、イ・コンミョン、ミン・ヨンギなど、韓国ミュージカル界を代表する実力派スター集結し、闇に沈む愛の世界を描く。

初日を迎えた4日、会場となるKAAT神奈川芸術劇場にて、公演前に報道陣に向けて公開舞台稽古が行われ、Jun. K、キム・ボムレ、キム・ジュンヒョン、イ・ヒジョン、ソ・ジヨン、キム・ヨジンらが登場し、熱い演技を披露した。

9J9A5939-2のコピー9J9A5931-2のコピー9J9A5913-2のコピー9J9A5433-2のコピー
舞台稽古には、ダニエル役をJun. Kが務め、ジャック役はキム・ボムレ、連続殺人犯を追う捜査官アンダーソン役をキム・ジュンヒョンが務めた。第2幕がスタートすると、会場は一気に1888年のロンドン市内へタイムスリップ。愛する女性を救うために危険な取引をする外科医を熱演するJun. K。愛ゆえの苦悩と狂喜に満ちた姿に、K-POPアイドルの彼はいない。対照的なジャックを演じるキム・ボムレの迫力ある低音の声がさらに闇を深く、恐怖の世界へいざなっていく。キム・ジュンヒョンは、犯人を追い詰めながらも、愛する女性を想う心の内側を見事に表現し、胸が張り裂けそうなほど切ないその歌声が会場を包み込んだ。さらに、モンロー記者(イ・ヒジョン)の強欲さ、娼婦たちの織りなす情景が貧困のイースト・エンド地区を彷彿させ、グロリア(キム・ヨジン)とポリー(ソ・ジヨン)ら女性たちの愛の深さ、愛おしさにも心が痛むばかりだ。

また、みごとな回転舞台装置も本公演の見どころの一つ。絶妙なタイミングで物語を展開させ、観客を舞台に釘付けに。キャストたちの迫真の演技と相まって最初から最後まで緊張感が途切れない。個性あるキャスティングにより、その配役によってはまた違う世界が見られそうだ。

9J9A5522-2のコピー9J9A4929-2のコピー9J9A4932-2のコピー9J9A5413-2のコピー9J9A5373-2のコピー
今回ダニエル役を演じるJun. Kは、「今回はミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』のダニエル役を演じることになりました。日本で、ミュージカル俳優として皆さんに舞台を披露するのは今回が2回目となりますが、良い演技をお見せできるように頑張りたいと思います。愛を追う者ダニエルを楽しみにしていて下さい」とコメントを寄せ、気合十分。

9J9A6163-2のコピー
なお、18:30より上演された本公演には、黒岩祐治(くろいわ ゆうじ)神奈川県知事と李壽尊(イ・スジョン)駐横浜大韓民国総領事がともに観劇。公演終了後にオム・ギジュンをはじめとした出演キャストらと一緒に記念撮影を行い、交流を深めた。

KAAT神奈川芸術劇場で上演されるミュージカル『Jack the Ripper』は、現在「“ネオ”クロスオーバー、開放感、アジア・世界へ」をコンセプトのもと、横浜市で開催されている音楽フェスティバル『横浜音祭り2013~音楽の海へ』(9月20日~11月30日)に参加しており、このフェスティバルのクライマックスを飾る舞台のひとつになっている。

モンロー役のイ・ヒジョンは、「美しい港町の横浜で『Jack the Ripper』の公演をさせていただき嬉しく思います。皆さんの大きな声援が私たちの大きな力となっています。全35回の公演に最善をつくすことを約束し、韓国の情熱を皆さんにお届けしたいと思います」と挨拶。

自他共に認めるミュージカル通の黒岩知事は、「心から感動しました!私も大学時代にミュージカルを演じていましたし、現在も私が15年間プロデュースしているミュージカルがあるんです。これまでも多くのミュージカルを観てきましたが、今日のミュージカルは世界最高レベルです」と絶賛。横浜をニューヨークのブロードウェイのようにしたいと、目を輝かせた。

イ・スジョン駐横浜大韓民国総領事は、「韓国のミュージカル『Jack the Ripper』の公演を、ここ横浜で成功的に収め、俳優の皆さんに感謝します。」とし、「韓国のミュージカルが日本で愛されるということは、日韓交流において歴史的にも大事な役割となるので、日本の皆さんにもっと愛されるように願っています。韓国の素晴しいものをこれからも紹介していきたいと思っています」と所感を述べ、黒岩知事と熱い握手を交わした。

ミュージカル『Jack the Ripper

公演日程:2013年11月4日(月・祝)~11月30日(土)

劇場:KAAT神奈川芸術劇場

公式サイト:http://jack-the-ripper.jp/

関連記事


Page Up