Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ユン・サンヒョンがコンサート開催!!子供と一緒にうたいたい!

2013/12/19 02:53

ドラマ「お嬢様をお願い!」「シークレット・ガーデン」で日本でもお馴染みの韓国の俳優ユン・サンヒョンが12月12日(木)ZeepTokyoにて「2013年 ユン・サンヒョン Acoustic Live “少年”」と題して、コンサートを開催した。

0H5A2579のコピー
俳優としてデビューする前に歌手を目指していたこともあり、歌の実力は相当なもの。その日のライブでも定評のある歌唱力が遺憾なく発揮された。伸びやかな高音に載せられたせつない歌詞がファンの心に届き、間奏で自然に拍手が沸き起こる場面もあった。

ユン・サンヒョンの若かりし日の写真がスクリーンに映し出されたオープニング映像に会場からは歓声が沸き起こった。青年サンヒョン、そして、少年サンヒョン・・・。コンサートのタイトル『少年』の文字が浮かび上がって、いよいよユン・サンヒョンが登場。

0H5A2321のコピー
ドラマ「シークレット・ガーデン」のOSTである『涙の跡』でライブの幕が上がった。続いて、ドラマ「お嬢さまをお願い」のOST「ロマンス」を歌い終わると、「アニョハセヨ~お久ぶりです」とご挨拶。「今日のコンサートのタイトル“少年”のように、幼い時の純粋な気持ちを忘れないようにしたいですね。今日は、ファンのみなさんも“少女”のような気持ちで、コンサートを楽しんで下さい。」

韓国語のオリジナル曲と、Mr.Childrenや中西保志のカバー曲などアンコールも含め22曲を熱唱。途中、数ヶ月前に亡くなられた日本でのマネージャーに思いを込めて『だから憶えている』(中西保志)を歌った時には、目に光る涙を見せた。

IMG_3279のコピー
現在「トクスリ五兄弟」という映画の撮影中。「トクスリ」とは「鷲」のことで、日本のガッチャマンが韓国で放送された際のタイトルが「トクス里の5兄弟」で当時は大人気だった。この映画の「トクスリ」とは地名で、トクスリで生まれ育った5人の兄弟が繰り広げるホラーの要素もあるコメディだということ。「テアンというところで、撮影をしているのですが、今年のクリスマスは、撮影地で過ごさなくてはなりません。」と寂しそうに語たったが、すぐに「僕も撮影地で楽しく過ごしますから、みなさんも良いクリスマスを送ってくださいね!」と、日本のクリスマスのスタンダー曲、山下達郎の『Christmas Eveクリスマス・イブ』を披露した。

トークでは『少年』というコンサートのタイトルにちなんで、子供の頃の話もいくつか飛び出した。犬に例えるとビーグルみたいな、野山を駆け回るわんぱくな子供時代だったという。その頃、アニメ「未来少年コナン」が大好きで、コナンのような強い少年になりたいと思っていたそうだ。また、音楽の時間が楽しみで、ピアノを弾いたり歌ったりしていたとのこと。また、家族も歌が好きだったので、父や母と一緒に歌ったりしていて楽しかったので、結婚して子供ができたら、自分もそんな家庭に憧れると語った。

IMG_3444のコピー
結婚の話が出たらファンから強い反応があったので慌てて「いつかは、結婚するでしょう!?結婚する時には、ファンのみなさんを呼んで、コンサートのようにしますよ。タイトルは“結婚”」と楽しい企画が発案された。

ライブの中ほどは、キューバに行った時の写真や映像がスクリーンに流れ、行く時には少し怖い印象だったが、実際に行ってみると、思っていたよりも沢山の人が自分のことを知っていて、暖かく迎えてくれたので、感動で胸がいっぱいになったという。その大歓迎ぶりは、流れた映像からも十二分に伝わってきた。また、街角で楽器を演奏したり、気さくに記念写真に応じたり、子供のように波と戯れる様子など、キュートなユン・サンヒョンの姿も見ることができた。

本編の最後にファンからのリクエストが多かったという『涙』という曲を歌い終わると、泣くまねをしながらステージを後にした。

IMG_3632のコピー
アンコールの声に応えて登場!白いキャップを被り、スポットライトを浴びながらドラマ「シークレット・ガーデン」のオスカーの持ち歌『Liar』を軽やかなダンスと共に披露、大歓声を浴びた。「映画の撮影をしながら、振り付けの練習をしました。みなさん、この歌が大好きなようですね。次回はオスカーになりきって、笑わずに歌います!」と熱唱、会場からは大きな拍手がおくられていた。

楽しく過ごしたライブも最後の曲となり「今日が終わると、明日が来て、明日が来ると、また、その明日が来ます。みなさん、楽しくお過ごし下さいね。」と、『明日』でラストを飾った。

 バンドのメンバーと手を取り、上手、中央、下手、そして2階席へと丁寧に挨拶をし、名残惜しそうにステージを後にした。魅力あふれる愛すべきキャラクターと素晴らしい歌声とともにファンのみならず、たくさんの人々を楽しませることができるエンタテイナーとしての魅力溢れるユン・サンヒョン。また、会いたくなる!!

IMG_3670のコピー
■韓国100%エンターテインメントチャンネルMnet放送情報
タイトル 『2013年 ユン・サンヒョン Acoustic Live “少年”』
2013年 Mnet Japan制作 / 60分  / MnetJapan独占放送
本放送:2014年2月9日(日) 午後11:00~深夜0:00
再放送:20142月10日(月)深夜1:30~2:30、2014年2月15日(土)午後2:30~3:30

■チャンネル情報 ※スペースの関係で全ての掲載が難しい場合は、事前にご相談下さい。
韓国100%エンターテインメントチャンネル【Mnet】
スカパー!、全国のケーブルテレビほかで視聴可能
Mnetカスタマー TEL:03-3502-3141 (Weekday 10:00-12:00/13:00-18:00)
Mnetホームページ jp.mnet.com/jtv/
Mnet Facebook  Mnet Japan
Mnet Twitter @Mnet_Japan
Mnet Japan Youtube  http://www.youtube.com/user/MNETJAPAN

<セットリスト>

1. 涙の跡(ドラマ「シークレット・ガーデン」OST)

2. ロマンス(ドラマ「お嬢さまをお願い」OST)

3. 最後の雨

4. Find a paradise

5. 夏のトランク

6. 愛した

7. 愛はどうすることもできないね

8. この広い世界に

9. Never Ending Story

10. 誓い

11. U-Turn

12. Precious

13. 二人の夏物語-Never ending summer-

14. 365日(原曲:Mr. Children)

15. だから憶えている(原曲:中西保志)

16. Christmas Eve クリスマス・イブ(原曲:山下達郎)

17. 悲しみにさよなら

18. 悲しみのためじゃない(原曲:中西保志)

19. 擬態(原曲:Mr. Children)

20. 涙(原曲:Flower)

アンコール

21. Liar(ドラマ「シークレット・ガーデン」OST)

22. 明日

関連記事


Page Up