Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

韓国の人気バラード歌手K.willが東京で1年ぶり公演!超満員の観客の中、熱唱!

2014/3/7 03:15

日本でも絶大な人気を博するバラード界の伝説と言われる歌手K.will(ケーウィル 本名:キム・ヒョンス)が2014年2月27日(木)降り続く雨の中、大勢のファンを東京渋谷公会堂に集め1年ぶりのコンサートを開催した。

9W2A8582のコピー
Photo:ユ テヒョン

K.will JAPAN TOUR2014と題したこのツアーは、東京を皮切りに3月1日(土)大阪オリックス劇場、3月2日(日)福岡CANAL CITY劇場と続く。

彼の日本公演といえば、回を重ねるごとにユニークな内容も盛り込まれ、歌はもちろんのこと、巧みな話術とダンスパフォーマンスも盛り込み、見るものを楽しませることで定評がある。それゆえ、毎年すぐに完売になるほど人気公演の2014年初日は、どんな公演なのだろうか?と期待が高まる中、黒のタキシード姿のK.willがバックダンサーと登場し、1曲目の『You Don’t Know(チョンスロプケウェイレ)』でダンスしながら歌い始めると、ブルーのハートや星型のペンライトを持った超満員の観客は総立ちになり、大きな声援が沸きおこり、熱気に包まれた。

9W2A8642のコピー
2曲目が終わると本人から挨拶。「皆さん、お会い出来て嬉しいです!2014年初めての日本訪問です。僕の公演はいつも早々に完売になるそうで、こうして来てくださる方々は本当にありがたいです。」と、変わらぬファンへの感謝の気持ちを表した。

9W2A8714のコピー
そして当日のコンセプトを舞台装置を見ながら「魔法使い」だとコメント。バックにはジェットコースターや観覧車などがイメージされており、自身も大の遊園地好きで、富士急ハイランドの「ドドンパ」に乗り、その場所でガンダムを買ったとのレアなトークでファンを喜ばせた。その日はK.willランドで素敵な想い出を作って欲しいと更にファンの期待を膨らませて2曲続けて歌った後には、お待ちかねのK.willならではの演出が始まった。

手始めは<ニガアニンゴカッタ>というVTRで、韓国で大人気のヒットドラマ「相続者たち」のパロディをK.will自身が俳優として面白おかしく演じたものがスクリーンで流されると、会場から大きな笑いが!

IMG_1596のコピー
コンサート中盤には、さきほどのタキシードとはうって変わって、真っ白なカジュアルなセーターにパンツという若々しいスタイルで登場し、スリムな長身のイメージのK.willのセンスの良さを際出させていた。ここでは「君じゃないみたい」「失言(マルシルス)」の悲しい恋の歌をしっとりと歌い上げ、彼の得意の高音が素晴らしく響き渡り、観客も聴き入った。そしてここからはファンとの交流を大切にする彼ならではの企画。

本人曰く、持ち歌はほとんどが悲しい歌が多いと言いながらも明るく面白いトークで人気だが、昨年より子供の頃からの夢だったDJの仕事をするようになったということで、そのイメージで舞台にDJブースを設置し、お便りを読みながら質問に答えるというコーナーがはじまった。

IMG_1691のコピー
事前に募集し、選ばれた4名の質問や手紙に対してDJ風にマイクに向かって答え、その選ばれたファンにはコンサート終了後、楽屋でK.willと記念撮影ができるというサプライズプレゼントが!もちろん、その質問にも丁寧に優しく答える姿にますます好感が持てるひとときだった。

そのファンのお便りの中のリクエスト曲、宇多田ヒカルの「First Love」を歌い上げ、会場をしっとりとしたムードに包んだかと思うと、今度は面白VTR第二弾これまた人気番組のパロディ映像が始まり、K.willの母も登場するなど、一転して会場はまた、笑いの渦に・・・・

バラード歌手なのに、実はダンス練習を影でしていたり、実は俳優にもなりたいというようなことをスクープした記者が直撃インタビューをするというような内容。そしてその流れで、今度は後半になりEXOの「ウルロン」G-DRAGONの「ピタッカゲ」のHIP HOP調のリズムに乗り、バックダンサーとともにダンスも披露。多才な一面を見せた。

IMG_1742のコピー
その後、韓国SBSで放送終了した、キム・スヒョン、チョン・ジヒョン主演「星から来たあなた」のOST曲『星のように』を熱唱すると、観客から、「わーっ!」という歓声が上がった。

後半はバラード歌手としての実力を見せつけるかの如く、力が入るあまり歌っていて死んでしまうのではないか?と本人も思うというだけある熱唱を次々と披露して最後まで観客を彼の世界に引き込んでいった。

しっとり歌い上げたかと思うと、乗りのいい曲や面白トークや映像で楽しませ、まさに遊園地にいるようなK.willワールドを堪能できる公演だった。一度彼のコンサートに行けば必ずリピーターになることだと改めて「バラード歌手の伝説」と言われる意味がわかる公演であった。これからも幅広い活躍が期待される。

IMG_1772のコピー
セットリスト

1 You Don’t Know(チョンスロプケウェイレ)

2   出かけると厄介だよ(ナガミョンコセンイヤ)

3  Love Blossom

4  Bon voyage

5 僕が嫌いだ(ネガシルタ)

6 1秒に一滴(1チョエ1バンウル)

7  君じゃないみたい(ニガアニンゴカッタ)

8  失言(マルシルス)

9 PRESENT

10 チョコレート

11 First Love

12 ウルロン

13 ピッタカゲ

14 オッパって呼んで

15 星の様に

16 Marry Me

17 Lay Back

18 恋しくて恋しくて恋しい

19 Please,Don’t(イロジマチェバル)

20 涙ポロポロ(ヌンムリトゥクトゥク)

アンコール君が必要だ(ニガピリョヘ)

胸が躍る(カスミティンダ)

 

 

 

 

 

関連記事


Page Up