パク・ヘジンが6月15日に日比谷公会堂でファンミーティングを開催!タートルネックが似合うでしょう?!

2014/6/26 01:23

『いとしのソヨン』『星から来たあなた』などのヒット作に出演し、現在『ドクター異邦人』に出演中のパク・ヘジンが、6月15日に東京・日比谷公会堂にて『PARK HEA JIN Fanmeeting Romantic Something』を開催した。

DSC00803のコピー
今回のファンミーティングのテーマは『wedding』!トークや私物プレゼント、イベント後にはハイタッチ会も行われた。また、今回はワンポイントでブルーのものを身に付けるというドレスコードもあり、来場したファンは大いに盛り上がった。

開演のベルに会場が暗転、ステージのスクリーンには子供時代から現在までのパクヘジンのスチールが映像で流れ、ステージ中央からパク・ヘジンがブーケを手にして現れると会場には大歓声が湧き上がった。

まず「みなさんお元気ですか?」と日本語で挨拶。「今ドラマの撮影に追われてとても疲れているのですが、みなさんとの約束を守るために来ました。6ヶ月ぶりにお会いできて嬉しいです!」とファンとの再会の喜びを伝えた。現在SBSの月火ドラマ「ドクター異邦人」に出演中で、じつはイベントの2日後である17日に放送する14話のパク・ヘジンの出演分の撮影が終わっていないため、イベント翌日の朝に帰国して撮影に合流しないとドラマに穴が空いてしまうという。しかし、パク・ヘジンはそんな強行スケジュールにも、「明日韓国に戻って、火曜の朝まで徹夜で撮れば間に合うでしょう」と飄々とした様子。

DSC01120のコピー
撮影で超ハードスケジュールな生活にも関わらず、ツヤツヤなお肌が気になったMCには「じつは肌の調子が良くないので、今日はメイクをしてきました」とコメントしたパク・ヘジン。「さきほどデビューから今までの映像を見たら、歳を取ったな〜と思いました。もうちょっとしたら33歳になります」と語った後、突然「僕が結婚したら、みなさん離れていってしまいますか?」とファンへ質問。会場のあちこちからの「離れない〜!」という声に「結婚は最大限遅くします」と答えると、ファンは大拍手で答えひと安心した様子。

続いて、『ドクター異邦人』にカメオ出演した中国のモデルのチャンリャン、そして主役を務めるイ・ジョンソクからのビデオメッセージがスクリーンに流れ、それぞれがパクヘジンに質問を投げかけた。まずは個人的にも仲がいいというチャンリャンからの「日本で人気があると実感する瞬間は?」という質問には「たくさんのファンのみなさんと会う時ですね。買い物に行ってもファンの人は気づきますが、他の人は韓国の人、モデルの人と思うみたいです。」

イ・ジョンソクの「身体の中で自信のあるところは?」という質問には、「手です。男らしく血管も多く出ますよ。注射も一発で入ります!」と茶目っ気も交えて答えていた。そこで、なぜか喉を鳴らす特技をし出すパク・ヘジン。喉にマイクを当てると「ブキッブキッ」という音が。「こんな風に喉が鳴るって男らしくないですか?」と自身の独特な男らしさ論も披露。

DSC01157のコピー
次のコーナーでは、出演ドラマ『星から来たあなた』『ドクター異邦人』から「ロマンティックなヘジン」「キュートなヘジン」「カリスマヘジン」というテーマに沿った映像が映し出された。「ロマンティックなヘジン」では『星から来たあなた』からチョン・ジヒョンと観覧車に乗るシーンが流れ、「チョン・ジヒョン先輩はとてもキレイな方でした」と語った後、「このシーンはとても寒かったんです。音の状態がよくなかったので、あとでセリフを入れなおしたんですよ」とドラマのウラ話も明かした。

また、劇中のファッションについて語る「ヘジン’s Fashion」コーナーでは、『星から来たあなた』でタートルネックの服装が多かったことについて、「タートルを立てて着たら評判が良かったのでそのまま着ていた」と話し、「あまりにも首を隠しているので、喉に刺青があるのかという噂も出たんですよ!ありませんよ!」とジョークで会場を沸かせた。ちなみに普段のファッションについては、「本当にこの人は芸能人なの?というほどラフです」と語っていた。

第2部では、黒のサマーセーターに半ズボン、サンダルと夏を意識したファンションで登場し、会場に驚きの歓声が上がった。「公の場で半ズボンをはいたのは初めてです。足だけ見ると女性に見える時があります」と上半身を隠して、細くて長いひざ下を強調して披露するおちゃめな姿にファンも大ウケ。

次の「理想のタイプコンテスト」コーナーでは、まず事前にファンから募集していた写真の中から、パク・ヘジンが理想の女性5人を選出。その後本人とは会わないまま1問づつ質問をして、答えの気に入った1人を選ぶというもの。最終的に選ばれたファンには、オープニングで持っていたブーケとプロポーズの言葉が贈られ、さらにパク・ヘジンが身につけていたネックレスを自ら外して首に付けてくれるという大サービス!ファンにとって夢の様な瞬間だったに違いない。

DSC08403のコピー
次の「愛用品プレゼント」コーナーでは、あみだくじで選ばれたファンに「サングラス」「ニットネクタイ」「ネックレス」などをプレゼント。メガネ好きなパク・ヘジンは、「20年くらいメガネをしていて、2年前にレーシックを受けました。もしメガネをかけていなかったら、もっとカッコ良かったかも!」と謙遜しつつ、メガネのエピソードも披露していた。その後、会場のファンから6月17日にデビュー3000日を迎えるパクヘジンをサプライズでお祝い。「ヘジンssi、おめでとう!」と声を揃えたファンの言葉に一瞬ビックリしたパク・ヘジンだったが、「デビューしてから3000日と思うと鳥肌が立ちます」と感慨深げだった。

DSC08419のコピー
最後の挨拶では「『噂のチル姫』から始まって多産ではなかったのですが、3年くらい空白の時間がありましたが、待っていてくれてありがとうございます。これからがスタートだと思って、カムバックしてから休むことなく走り続けています。休んだ分良い姿を見せて行きたいと思います」と語った。その後客席に降り、バスケットに入ったバラの花とグッズを渡しながら1階のみならず2階の客席も丁寧に周り、握手をしながらファンとの別れを惜しんだ。そして、「次には全員に渡るようなプレゼントを持ってきます!」と約束をし、パク・ヘジンの優しい人柄に溢れた楽しい時間は幕を閉じた。

 

主催:株式会社リードイン

取材:RanRan Entertainment

関連記事


Page Up