Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ニューイーストが「NU’EST The First Album “Re:BIRTH” 」発売記念ショーケースを開催!

2014/7/11 02:49

7月9日、ソウルの引大(ホンデ)yes24ムーブホールにて、K-POPグループNU’EST(ニューイースト)のファーストアルバム『Re:BIRTH』発売記念ショーケースが開かれ、国内外のマスコミ関係者たちが駆けつけた。この日は本格的な韓国での活動を目前にしたショーケースでもあり、会場には大勢のファンが見つめる中で開催された。

r_O20C7995のコピー
r_O20C8054のコピー
“NU, Establish , Style, Tempo ―新しいスタイルを音楽に合わせて創造する“という意味を持つグループ、 NU’ESTはデビュー2年後にして発売する1STアルバム『Re:BIRTH』を引っさげて10ヶ月ぶりにファンの前に帰ってきた。過去の2年間に1枚のシングルと3枚のミニアルバムを発表し、既存のアイドルグループとは違ったパフォーマンスに、彼らだけの特別なファッションスタイル、固定されない透明さを持った10代の感性とエネルギーを基盤として韓国国内はもちろん、日本、中国、東南アジア、南米にまでもその人気を広めてきた。

r_O20C8136のコピー
2012年のデビュー以来、独歩的ビジュアルで美少年グループとしてのイメージが強かったNU’ESTだが、2014年を機転として成長した男として新しく生まれ変わった。このショーケースが開かれた9日にニューアルバムの音源が公開され、早くも韓国チャートをにぎわせている。

r_O20C8423のコピー
午後7時からスタートしたショーケースでは白の衣装で登場したメンバーたちがニューアルバムの収録曲『 Judgement』に合わせてダンサーたちと共にインパクトのあるパフォーマンスで登場し、ファンを熱狂させたかと思うとROLLSP!KE(ロールスパイク)とのコラボレーションティーザー映像が流れ、ショーケースの始まりを告げた。その後ニューアルバムの収録曲『愛のない愛』のステージで会場を一気に盛り上げた。

r_O20C8222のコピー
その後メンバーたちが自ら進行するオープニングトークがはじまり、ファンを前に一人一人挨拶した。まずミンヒョンが10ヶ月の準備期間をかけてニューアルバムを準備した事を伝えながら「皆さんにいいたいことがあったんです。僕に会いたかったですか?」と叫ぶと会場は大興奮!ベクホはティーザー映像のことに触れ「どうでしたか?アルバムのために一生懸命準備したので楽しんでください」と伝えた。アロンは英語で感想を伝えながら「ティーザー映像、セクシーでしたか?」と聞いて盛り上げ、レンは「デビュー以来初めて髪を切りましたが、どうですか?また新しくスタートするので最後までよろしくお願いします。」と長く金髪だったこれまでのスタイルから、黒で短くなったヘアースタイルを公開した。JRも今までの黒髪から金髪に変身して新しい姿を見せた。

r_O20C8579のコピー
r_O20C8695のコピー
その後ニューアルバムの収録曲が書いてあるボードが登場し、各曲名のスティッカーを選んでその裏に書かれてある質問に答えるというトークを展開した。まずミンヒョンがアルバムのタイトル曲の『Good Bye Bye』を選ぶと「ファンと残したい思いでは?」という質問が書かれてあり、ミンヒョンは「いつか僕たちが大きな公演をしたときに最後にみんなで大泣きしたいですね。嬉し泣きしたいです」と話した。レンは「1泊2日の旅行に行きたいです」と提案すると会場から絶叫が飛ぶ場面も見られた。『肩を貸して』という曲を選んだJRへの質問には『ファンへの慰労の方法』についての質問が出てJRが自らステージを降りてファンの近くまで行き「そばにいてあげること」と話す場面やアロンが『STORYBOOK』という曲を選ぶと童話の主人公の中での理想のタイプという質問が飛び出し「きれいだから」とシンデレラを選択する場面なども見られた。

r_O20C8871のコピー
『Re:BIRTH』を引くと出てきた質問はもう一度生まれ変わったらというもので、ミンヒョンは「女性に生まれ変わってNU’ESTのファンになる!」、レンは[もう一度レンとしていきたい」、アロンは「高校の頃がんばったので大学生になりたい」、べクホは「アメリカで生まれたい」という中でJRは実は泳げないという話が飛び出し、「海底の生物探測に行きたい」と話した。『 Judgement』のスティッカーをめくって出た質問には「お互いのパートを担当する」という質問でボーカル担当のべクホとミンヒョンがラップを披露した。続いてJRに歌を歌わせようとするとべクホから「JRは練習生のころ歌えといわれて泣いたことがある」と暴露。JRは「歌えるけど今はまだその時ではない」と話す場面も見られた。

r_O20C8995のコピー
そしてべクホからは今後ヒップホップ公演にミンヒョンと共に参加する予定もあることを伝えた。

トーク後は『肩をかして』、タイトル曲『Good Bye Bye』など新曲のステージとMVを披露し、会場は最高の盛り上がりに達した。

r_PW9C6308のコピー
r_PW9C6739のコピー
r_PW9C7009のコピー
r_PW9C7545のコピーr_PW9C7680のコピー
r_PW9C7722のコピー
r_PW9C7742のコピー
r_PW9C6711のコピー
最後に「皆さんの応援でいつも力を得ていることを覚えて欲しいです。今後もずっと一緒にいてくださいね」というミンヒョンの挨拶から始まり、メンバー各自が一言ずつ挨拶。最後に2ndミニアルバムからの『ヨボセヨ』のステージで幕を閉じた後、アンコールの大歓声にこたえてニューアルバムからポップなナンバーの『Hey、Love』を熱唱し、ショーケースは幕を閉じた。

熱狂的なステージでの興奮も冷めないうちに、ファンとのハイファイブの時間を持った NU’ESTのメンバーたち。これから本格的に歌番組への活動と7月末の日本でのデビューに向けて大進撃する彼らに注目したい!

r_O20C9552のコピー

関連記事


Page Up