Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

佐藤健、武井咲が浴衣姿で登場!「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」納涼イベント!

2014/7/12 11:57

2014年7月10日(木)東京・新宿ピカデリーにて「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」の納涼イベントが行われ、主演の佐藤健と武井咲が登壇した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
大型の台風が近づく不安定な天候の中、「納涼イベント」ということで、色とりどりの浴衣を着た女性も数多く見られた。

シックな茶系の粋な浴衣にツバつき帽子を合わせた個性的なコーディネイトの佐藤健と、紺の大胆なストライプに爽やかなペパーミントグリーンの大きな丸い模様の浴衣を身に纏った武井咲がファンの大きな拍手を浴びて登場。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
佐藤は、右手でライトの光を遮りながら会場をぐるりと見回し、「浴衣で来て下さった方、結構いますね。浴衣好きの男として嬉しいですね。8月1日に公開ということで、まだ少し先ですが、早く見たいと、こうしてたくさん集まってくれて本当にありがとうございます。楽しんで行ってください。」と挨拶した。

続いて「こうして続編ができるのは、たくさんの方が前作を評価して頂き、楽しんで頂いたからだと思います。そして、みなさんに続編をお届けできるのが嬉しいです。今日は宜しくお願いします。」と武井が挨拶した。

ここでMCから本イベントが、札幌、名古屋、大阪、福岡に生中継されていることを知らされると、中継用のカメラを通して、全国のたくさんのファンに向けて、笑顔で手を振りながら挨拶をした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
浴衣を着ての登場に、佐藤が「僕は最近、毎日浴衣ですから。」と話すと、すかさず「うそつけ!」と武井からツッコミが入る。「すみません、でも、今年の夏は浴衣で行こうと思ってます。」と佐藤が答えると、今度は「どこに?」と武井。二人のテンポの良い掛け合いに、スタートから会場には笑いがこぼれた。

今度は仕返しとばかりに「武井さんの浴衣は、キャベツの浴衣ですから。」と、からかう佐藤に「ひどーい!」と武井が可愛く怒る場面もあり、主演二人の仲の良さが伝わって来た。

全国30ヶ所をロケで回ったという今回の作品だが、熊本が一番印象に残っていると言う二人。冒頭で剣心たちが歌舞伎を楽しんでいる場面を撮影したのが熊本、そこに、なんと、頬に十字をつけ剣心となったくまモンが登場したらしい。「すごいでしょ!?」と自慢げな佐藤。すると「すごく嬉しそうだった。みんなで写真を撮ったり・・・。」と武井が佐藤のその時の様子を暴露。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ドキドキしたシーンについて聞かれると、「ネタバレになっちゃうし・・・。」(武井)「みなさん(ネタバレしても)聞きたいですか?」(佐藤)と、まだ映画を見ていないファンを気遣い、どうやって話をしようか悩む二人。改めて会場に聞いてみると、「聞きたい」という人は半分位で、やはり「聞きたくない」人もいる様子。「難しい・・・。」「どうします?ウソつきます?」「違うこと話す?架空の話?」などと言ったりもしたが、佐藤が「アクションシーンが多いんですが、ドキドキしますよ。実際に狙ってるし、当てに行くのを避けてますし。みなさんも(スクリーンを)見てると、避けたくなると思います。」とネタバレせずにドキドキするシーンについて紹介した。

「あと、剣心の着物に気持ち(感情)が表れていたりもするので、そこも注目して見てもらえたらいいかなと思います。」と武井も見所を披露した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
また、事前に受けたファンからの質問に答える時間もあり「今回の撮影で一番笑ったこと」について「冒頭の歌舞伎が面白かったです。」と、武井が答えたのに続き「地元の有名な歌舞伎(劇団)の方々が、Part 1の映画を見て作って下さったパロディなんですが、動きを面白おかしく表現してくれて、ホントに面白いんです。」と佐藤も同意した。

「あと、今回最強の敵である藤原竜也さん演じる志々雄真実(ししおまこと)なんですが、全身包帯でぐるぐる巻きなんですけど、目と口だけ大やけどの特殊メイクで黒くしているんです。それで、包帯を取ると、目と口の周りだけが黒くて、パンダみたいなんですよ。(笑)それが面白いから見て欲しいんですけどねぇ。チャーミングだし・・・。リハもパンダでやってました。」と、想像すると思わず笑ってしまう秘密を佐藤が教えてくれた。

「夏に毎年楽しみにしていることや、もの」については「お祭り、花火、浴衣・・・。5歳の時以来やっていない金魚すくいも、なかなかできないけどやりたいです。」(佐藤)「アイスクリーム!好きなんです。ソフトクリーム、大好きです!」(武井)とのことだ。

「気に入っている殺陣のシーン」を聞かれると、「今回、前編と後編に分かれているんですが、前編はまだ、剣心が本気を出していないんですよね。その余裕感を出すのが難しかったです。あと、一人対多数の殺陣シーンもあって、360度ぐるりと取り囲まれてのシーンでしたが、苦労しました。」(佐藤)「今回、薫もなぎなたを使って戦っているんですが、死に物狂いで戦いました。うちのアクション部は、とても怖くて『人を殺す気なら、首を狙え!』とか言われながら、一生懸命やりました。」(武井)と、それぞれ熱心に取り組んだ殺陣について語った。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この日、浴衣で来場の方々の中から抽選で2名に、見て涼しさを感じる「朝顔」の鉢植えがプレゼントされるサプライズのイベントがあったのだが、手渡しされる朝顔を受け取るために舞台へと上がったファンの浴衣に描かれた、金魚の柄を見て佐藤健が「すくっちゃうよ♪」と発言すると、会場のあちこちから「きゃぁ~」という声が起きたりもした。

会場に詰め掛けた多くのマスコミとのフォトセッションを終えると「他の作品と比べても、本当に思いいれが強い作品です。たくさんの方々に見てもらいたいと思っています。公開に向けて、盛り上げて行きますので、力を貸して下さい。リラックスして映画を楽しんで行って下さい。」(佐藤)「映画を見て頂くことがすべてだと思います。どうぞ、楽しんで見て行って下さい。ありがとうございました。」(武井)とそれぞれ挨拶をして、イベントは終了した。

「るろうに剣心 京都大火編 / 伝説の最期編」は、8月1日(金)、9月13日(土) 2部作連続ロードショーとして公開される。

(C)和月伸宏/集英社 (C)2014 「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会 配給:ワーナー・ブラザース映画

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事


Page Up