Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

新しい映画レーベル『GORDEN ASIA』の発表会に『西遊記』チャウ・シンチー監督が出席!

2014/7/25 13:37

日活と東宝東和が、初タックを組んだ新しいレーベル『GORDEN ASIA』が誕生した。

今後アジア映画最強レーベルとしてそれぞれの国で第一位を獲得、映画賞などを受賞した“実績のある作品”を選定して上映していく。

今回、第一回目の作品として『少林サッカー』『カンフーハッスル』のチャウ・シンチー監督作品『西遊記~はじまりのはじまり~』の上映が決定し7月22日、日活の佐藤直樹代表取締役社長、東宝東和の松岡宏泰代表取締社長とチャウ・シンチー監督が出席し記者会見が行われた。

9J9A1764-2のコピー
9J9A1914-2のコピー
「今、世界で注目を集め最も勢いのある選りすぐりのアジア映画を日本の皆様にお届けするためにこのレーベルを立ち上げました。」と熱く語った日活の佐藤代表取締役社長。

また、東宝東和の松岡代表取締社長は「この素晴らしい主旨に賛同し参加させて頂きました。『東洋と西洋の文化の懸け橋になる』という創業者の理念のもと、商業性、芸術性のある作品の両方を追い求めてきました。」と語った。

9J9A1858-2のコピー
その後、『GORDEN ASIA』の第一回作品『西遊記~はじまりのはじまり~』のチャウ・シンチー監督の会見が行われ「『西遊記』は自分自身好きな作品なので選びました。またアクションなどは『ドラゴンボール』から大きな影響を受けた。」と語った。

「最後のシーンに『Gメン75』の曲が流れてくるがどうしてこの曲を使用したかと」の問いに「自分がこの曲が好きだということと、最後三蔵法師が三人の弟子を連れて悪を退治に行くというところがとてもイメージにぴったりだと思った。」などこだわりについても発言し、映画の完成度に関しては、自分が思っている以上に素晴らしいものとなり、とても満足しているので是非皆さんに観て頂きたいとアピールした。

9J9A1917-2のコピー
新レーベル『GORDEN ASIA』

第一回作品

『西遊記~はじまりのはじまり~』

監督・脚本・製作 チャウ・シンチー

出演 スー・チー

ホアン・ボー

ショー・ルオ

2014年11月公開

第二回作品

『チェイス』

監督・脚本 ヴィジャイ・クリシュナ・アーチャールヤ

2014年12月公開

第三回作品

『BHAAG MII.KHA.BHAAG』

監督 ラケーシュ・オムプラカーシュ・メーラ

脚本 パラスーン・ジョンデ

出演 ファルハーン・アクタル

ソーナム・カプール・

ディバイヤ・ダック

2015年公開

 

 

 

 

関連記事


Page Up