舞い降りた6人の妖精“A pink”が日本デビューショーケース開催!キュートな笑顔に歓声!

2014/8/10 12:43

8月4日(月)東京・品川ステラボールにて6人のガールズグループApinkの日本デビューショーケースが開催された。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Apink(エーピンク)とは、“最上級(A)の、女性らしい(ピンク)少女たち”という意味で名付けられ、2011年4月にデビューした、韓国の女性アイドルグループ。メンバーは、パク・チョロン、ユン・ボミ、チョン・ウンジ、ソン・ナウン、キム・ナムジュ、オ・ハヨンの6人。

当時はチケットが競争率25倍という、超人気イベントとなったがイベント歌詞される前にマスコミ向けに、日本デビュー曲『NoNoNo』のほか『MyMy』、『Mr.Chu』の3曲披露および会見がおこなわれた。

YSK_6980のコピー
自己紹介はこの日のために勉強してきたという日本語でスラスラと挨拶をした。

―今回のショーケース、日本のみなさんにどんな姿をお見せしたいと考えていますか?―
ナムジュ:「私たちApinkのありのままの姿を見せたいです。」
ナウン:「Apinkだけの色と魅力をお見せしたいです。」

―忙しいスケジュールの中、どのように日本語を勉強していますか?―
ボミ:「私は寮で休む時に、日本のドラマで勉強します、スケジュールがたくさんある時は車の中で日本の歌を聴きながら勉強します、最近は『1リットルの涙』を見ました、そのドラマの曲がホントに良くて好きです。」
ハヨン:「寝る前に毎日単語を覚えて、映画や漫画をよく見て覚えています。」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
―1番最近覚えた単語は何でしょう?―
ハヨン:「単語じゃないけど『この番組はご覧のスポンサーの…』ここまでです。」
お茶目な一面を見せるハヨンに、会場は笑いにつつまれた。

ここで、『MyMy』、『Mr.Chu』の2曲を披露。『MyMy』はApinkが初めて1位を取った曲、『Mr.Chu』は韓国の五大音楽番組すべてで1位を取ったという曲だ。

みんなでスクリーンを注目!日本デビュー10月22日決定!デビュー曲『NoNoNo』、カップリング曲『MyMy』と、次々と発表されるたびに、わぁ〜!と喜ぶメンバーたち。

―韓国で大ヒットしたこの『NoNoNo』でデビューということについてどうでしょうか―

ハヨン:「この曲が皆様の力になれたらいいなと思います。」
ウンジ:「この『NoNoNo』という曲は韓国の地上波で初めて1位をとった曲なので、私たちにとっても特別な曲です。日本の皆様に聞いてもらえるということはとても光栄です。」

このあと『NoNoNo』を披露した。耳に残るイントロのリズム、腰に手を当て左右にフリフリ〜愛らしいダンスで韓国でも大人気となったこの曲は、日本でも旋風を巻き起こすことだろう。
このあと、記者からの質疑応答が行われた。

YSK_6922のコピー
―韓国でNo.1の妖精アイドルと言われていますが、妖精であり続けるために努力していることはありますか?―
チョロン:「妖精になりたいと努力するよりも、ありのままの姿がみなさんに愛されたのだと思います。」
ボミ:「私も同じように努力するというよりも、そのままの姿を自然に見せていることが、ファンのみなさんが喜んでくれたのだと思います、練習もがんばって、ダイエットもがんばって、何でもがんばっている姿を見せていることだと思います。」
ウンジ:「妖精の姿とはかけ離れているかもしれないけど、私たちメンバーのふだんの姿を親しみを持って見てくれているような気がします。」
ナウン:「私も同年代の方たちと同じように、かざらない姿を見せているだけなのですが、妖精と言ってくださり、ありがとうございます。」
ナムジュ:「最初のコンセプトが妖精の衣装だったんですね、そのようにステージでお見せしてきたので、妖精と言ってくださるのかなと思います。」
ハヨン:「私が話したいことは、メンバーが言ったこと全部です。」

―『NoNoNo』の歌詞の内容は?―
ウンジ:「この曲はみなさんの力になってあげるというのがもともとこめられた意味です。
エピソードがひとつあるんです、ファンの方から手紙をもらいました、以前にちょっとよくないことを決心していたのだけど、この曲を聞いて気持ちが前向きになりましたという内容でした。『この歌にはみなさんの力になりますよ。がんばりましょうね』という意味が含まれています。」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA ―ご自身のアピールポイントをよろしくお願いします―
ハヨン:「背が高いこと(手を頭の上にあげて背が高いアピールを表す)と、若さです。」
ナムジュ:「アピールポイントはたぶん…大きい目だと思います。」
ナウン:「アピールポイントは長い髪」(他のメンバーから腰が細いと指摘され、腰に手を当てるポーズをするナウン)
ウンジ:「男前のところと、笑ったときに口もとがちょっと上がるのが特徴なんです」(ニコッと笑ってみせるウンジ)
ボミ:「私は運動することが好きです。ピンポンとかテコンドーとか。あと、食べることが大好きです。最近は海産物が大好き、イカ、タコ、ワカメとか全部大好き(笑)」
チョロン:「1番歳上で、リーダーだから、重みのある存在でありたいです。」

―今後、日本活動の中で、会ってみたい、共演したい方がいたら教えてください―
チョロン:「ドラマ『ホタルノヒカリ』の主演の綾瀬はるかさん。ドラマ面白かったです。」
ボミ:「安室奈美恵先輩です。ライブ映像を見たのですが、1人であれだけ大きなステージをいっぱいにできるので尊敬しています、1度お会いしたいです。」
ウンジ:「日本の芸能人に会ったら不思議なかんじがしてならないのですが、(MCの)古家さんに会ってみたいです(笑)」
(会場ドン引きしてますけど…と、照れる古家さん)
ナウン:「SMAPのみなさんに会ってみたいです、日本でずっと長く愛されていると聞いているので、1度お会いできたら光栄です。」
ナムジュ:「私はドラマ『家政婦のミタ』に出ていた俳優さん、ミタさんです。」

―ミタさんではなく、松嶋菜々子さんですね―
ハヨン:「私はドラマ『正義の味方』に出ていた山田優さん、1番会いたいです、背も高くて顔もキレイです。」

―最後にリーダーのチョロンさんに代表しまして、日本での活動の意気込みをお願いします―

YSK_7187のコピー
チョロン:「今日は本当にありがとうございました。Apinkは日本で第一歩を踏み出しました、この大事な瞬間をここにいらっしゃる皆様と迎えて嬉しく思っています。今日という日をしっかり胸に刻みたいと思います。これからApinkは日本でデビューになりますが、どのように成長していくか暖かい目で見守ってください。今日来ていただいたファンの皆様もありがとうございました。」

とてもしっかりとした日本語で挨拶を終えたチョロン。リーダーとしての風格を見せていた。
秋風が吹く頃、日本に6人の妖精が舞い降りてくるであろう彼女たちの歌を聞いて、愛らしいダンスを見て自然体の姿を見て虜になるに違いない。
2014年  10月22日デビュー

◾︎初回限定盤A【CD】+【DVD】+【Apink SPECIAL GOODS】
商品番号:UPCH-89185
収録内容【CD】01.
『NoNoNo(Japanese ver.)』02.『MyMy(Japanese ver.)』
【DVD】『NoNoNo(Japanese ver.)【Dance feature ver.】Music Video
※【Apink SPECIAL GOODS】の内容は後日、オフィシャルサイト等でご案内します
封入特典:トレーディングカード他
販売価格:2700円+(税)

◾︎初回限定盤B 【CD】+【DVD】
商品番号:UPCH-89186
収録内容:【CD】01.『NoNoNo(Japanese ver.』02.『MyMy(Japanese ver.)』
【DVD】『NoNoNo(Japanese ver.)Music Video+メイキング映像を収録
封入特典:トレーディングカード他
販売価格:1600円+(税)

◾︎通常盤 【CDのみ】通常レーベル
商品番号:UPCH-80388
収録内容:【CD】01.『NoNoNo(Japanese ver.)』02.『MyMy (Japanese ver.)』
封入特典:トレーディングカード他※初回生産分のみ
販売価格:1000円+(税)
通常盤にはメンバー別ピクチャーレーベルもあり

関連記事


Page Up