ToppDoggが日本初のショーケースを開催!ステラボールで華麗なるデビュー!

2014/8/17 01:25

2014年8月9日(土)、品川プリンスホテル ステラボールでToppDoggの日本初のショーケースが開催された。

0H5A6437のコピー
2013年10月、韓国のヒップホップ界の先駆者、チョPDのプロデュースのもと、ToppDoggは華麗なるデビューを飾り、日本でのショーケースをファンも楽しみに待っていた。そして、そのファンの気持ちに応えるよう、ToppDoggの12人はダンスに歌に、トークにその若いエネルギーを爆発させた。

0H5A7785のコピー
スクリーンに映るメンバーの姿にファンの悲鳴のような歓声が会場を包んだ。パワフルなナンバー「TOPDOG」で幕を開け、ファンのコールもそれに呼応した。

「アンニョンハセヨ!僕たちが夢に見ていた日本公演が実現しました!たくさんの皆さんが来てくれて感動しています。日本に到着したときから歓迎してくれて、うれしかったです。最後まで思いっきり楽しんでね!」と日本語を織り交ぜた一人ひとりの挨拶が行われ、ファンも興奮を抑えられないまま、声援を送った。

「Follow Me」、「だろ」など日本語バージョンの楽曲も披露され、会場の熱気は最高潮にすでに達していた。

0H5A7037のコピー
一息ついて熱望していた日本公演を迎えられた気持ちをSeoGoong「とてもドキドキしているけど、最後まで楽しんで!」、SangDo「このショーケースのために特別に日本語の曲を準備してきました。日本語の発音をがんばりました!日本のファンはかわいいですね~。」、P-goon「日本語も勉強してきました。日本のファンに会えてうれしいです!!」とファンに語りかけた。

EVENT2 0H5A5589のコピー
EVENT1 0H5A6701のコピー
EVENT2 0H5A5572のコピー
EVENT1 0H5A6692のコピー
何でもランキング!のテーマで12人のプライベートに迫った。メンバーのコミカルな素の姿を見ることができた。まず、B-Jooが「僕!」と立候補し、Xero、Jenissiと続いた。

1:ダンスランキング

B-JooはWizardのメンバーはみんなすごいからと自分自身を4位と評した。でも、ほかのメンバーは1~4位に。Nak-Ta「ちょっとコミカルな表情がとってもいいから1位!」、Jenissi「謙遜するかと思って4位」と評した。

2:ナルシストランキング

Xeroは1位より上ということも含めて「0」と書いた。メンバーも文句なしの「0」か「1」位。A-Tom「One &Only No1」と評し、HoJoon「いつも鏡持っているから。」、Gohn「僕たちがからかうことすら楽しんでいるから。」とZeroを1位にした理由を説明。その言葉通りにステージのカメラをセルカのようにし、Xeroはナルシストぶりを発揮した。

3:足臭ランキング

Jenissiは13位。それに対して、ファンから「え~?!」と。メンバーもほとんどが13位。しかし、YANOが1位。「最近は疲れているのか…。気をつけてね。」と。

ToppDoggはDragon、Knight、Lion、Wizardのユニットも結成している。ユニットごとのそれぞれの魅力を「This Isn’t Right」(チョPDがリメイク)、「Cigarette」(Gohn作詞作曲)、戦場のメリークリスマスのダンスナンバーなどを介して日本のファンに届けた。

また、SangDo、SeoGoong、Nak-TaにUnderDoggのHyeontae、Jiwonが加わったToppDogg Gのステージも披露された。Globalという意味から名づけられた彼らは英語、中国語、日本語、韓国語を駆使して、名前のごとくこれから世界をまたにかけての活動が期待されるグループだ。Hyeontaeが「今日は汗でスリップしてしまいましたが…、これからがんばっていきますので、応援してくださいね!」とファンに挨拶。

ToppチームとDoggチームに分かれての風船大爆発ゲームも行われ、モテモテの理由やセクシーポーズが次々と繰り出され、日本のおいしい食べ物ではファンに「教えて!」とちょっとしたふれあいの時間が。

EVENT2-0H5A5607
「終末論者」ではメンバーがステージを降りてファンの元へ。ついに、Gohn「とうとう最後の曲になってしまいました。終わりかと思うと残念です。最後まで楽しんで!」、HANSOL「2時間だけで残念。一生懸命練習してきたのに…。」と最後のステージを惜しみながら、「Arario」で締めくくった。

アンコールの声が響き渡る。その声に呼び戻されたToppDoggは客席に戻ってきた。「Cute Girl」をカードやキャップ、タオルなども合わせてファンにプレゼント。そして、「みんなと写真撮りたいんだ!いい?」とステージの熱気を写し取るかのように、ファンをバックに写真を1枚。「ありがとうございました。短い時間だったけど、ショーケースに来てくれて本当にありがとう!感謝しています。次のステージでも会えたらうれしいな!愛している!!」と最後のメッセージをファンに送った。その熱気は最後のハイタッチ会へと引き継がれ、ToppDoggとファンの時間は終わりを告げた。

0H5A7929のコピー
■ファンクラブ情報

ToppDoggジャパンオフィシャルファンクラブ

ToppKlass Japan  http://www.toppdogg.jp/

■リリース情報

ToppDogg 3rd Mini Album 「AmadeuS」 日本国内盤仕様 2014年8月6日発売(POCS-1175)

■『ToppDogg Showcase in Japan』放送情報

◇『ToppDogg Showcase in Japan』

◇放送局:Mnet

◇放送日:2014年9月21日(日) 午後11:00~深夜0:40

◇Mnet HP  http://jp.mnet.com/

 

 

関連記事


Page Up