Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

イ・ミンホがグローバルツアーとアルバムリリースのために来日!記念記者会見開催。

2014/10/15 23:10

2014.10.13 取材:記事・写真/RanRan Entertainment

名実ともにアジアのトップスターとしてグローバルツアーで世界中を巡り、人気を誇る俳優イ・ミンホが2014年10月13日(祝)に訪日記念の記者会見を行い、大勢の記者が集まりその関心の高さを物語っていた。

9J9A9891-2のコピー
 

「花より男子」「シティハンター」「シンイー信義ー」など大ヒットドラマに主演しアジアのトップスターに成長したイ・ミンホ。最近では「相続者たち」で様々な苦悩を抱えながら、パク・シネ演じるヒロイン、チャ・ウンサンを純粋な心で愛し、守ろうとする財閥会長の次男坊キム・タンを熱演し、女性のハートを鷲掴み!2013年SBS演技大賞、最優秀演技賞を受賞してその実力と人気を証明した。

そんな注目の中、イ・ミンホが「相続者たち」Blu-ray&DVDリリースと2ndアルバム「Song for you」の発売(10月10日リリース)およびグローバルツアー「RE:MINHO」公演のために来日し、日本ファンとの約7ヶ月ぶりの再会を果たした。コンサート2日目となる13日(祝)の午後、会場となった東京国際フォーラムのステージの会見場にイ・ミンホが登場すると一斉に記者のフラッシュのシャワーを浴びた。

 

9J9A9625-2のコピー
 

「こんにちは!」とにこやかに挨拶して会見がスタート。秋らしいグレーの薄手のセーターに黒のスキニー、黒のエナメル厚底ラバーのオペラシューズというファッションが彼の長身のスタイルを益々際立たせていた。

ー今回は7ヶ月ぶりの来日ですね。ー

ミンホ:今回新しく出したアルバムですが、そもそもそれ自体がファンの皆さんのために出したアルバムです。そしてそれに収録されている曲をファンの皆さんもとても気に入ってくれていますので、僕自身も本当に楽しい気分になれました。今日は2度目の公演もあるので、そちらも大いに盛り上がってくれるのでは、と思っています。

ー日本では「相続者たち」DVD-BOXの1と2が発売になりました。前半、後半それぞれ印象に残っているシーンについて教えていただけますか。ー

ミンホ:まず前半ですが、アメリカで撮影したシーンというのは、やはりとても綺麗な映像が撮れているのではないかと思います。撮影のために僕も1ヶ月近くアメリカにいたのですが、とても良かったですし、このストーリーがここから始まっていくということですので、ワクワクするシーンだと思います。後半はやはり感情を露わにするシーンがたくさんありましたので、今まで生きてきた中でも一番泣いたのではないかなと思います。

9J9A9458-2のコピー
 

ー演じたキム・タンの役柄について教えてください。ー

ミンホ:大きな財閥グループの次男であるのですが、正妻の子ではないのでとても寂しい思いをして育ったという設定です。でも心がとても純粋で気遣いのできる18歳の青年ではないかと思います。

ーかなり男らしいシーンも多かったですね。血だらけになったりするファイトシーンの撮影はどのように進んでいったのですか。ー

ミンホ:喧嘩するシーンもありましたが、それはかっこよく闘うということではなくて、あくまでも18歳だったらどんな感情で闘うのかな、ということに従って演じていました。(難しかったことは)当初は10代のロマンスを描くドラマということで、感情を表現することはどれだけできるのかということを考えていました。でも逆に考えてみると10代だからこそ、本当に自分達の感情に素直に集中しているからこそ、こうした表現ができるのだろうなと思っていました。だから純粋な感情表現をどのように表したらよいかということを悩みましたし、そこが難しかったかと思います。

9J9A9523-2のコピー
 

ーこの男性(キム・タン)の魅力というのはどのようなところですか。ー

ミンホ:キム・タンの魅力は真実、やはり真心ではないかと思います。その人柄から相手を和ませることができる、そして愛を相手に分け合えることができるということが魅力ではないかと思います。

ー10月10日にアルバム「Song for you」をリリースされ、前回のファーストアルバムに続いてのオリコンチャート1位を獲得なされましたね。今の率直なお気持ちはいかがですか。ー

ミンホ:本当にファンの皆さんに感謝です!(と嬉しそうに笑って)

ーこのアルバムで一番気に入っている曲はありますか。ー

ミンホ:歌の場合もそこに感情や意味が込められています。今回のアルバムではタイトル曲「Song for you」がいいなと思います。このアルバムを出すことになった理由や、そもそも僕が歌う理由というのがそこに込められています。この曲はファンの方々にじっくりと聴いて欲しい曲で、その他の収録曲は今回のような公演の時に楽しめる曲も入ってますので良いかと思います。

9J9A9847-2のコピー
 

ー韓国、日本、中国、台湾、アメリカ、キューバなどで世界中が大フィーバーですね。韓国のファンと他の国のファンとの違いはありますか。ー

ミンホ:単純にみてどんな服装をしているか、と同じことで違いはないと思います。誰かのことを好きでその気持ちを表現する方法は、どの国でも同じだと思います。

ー劇中でファイトシーンも多かったですが、若手俳優さんたちとの撮影現場での交流はどのような感じだったのでしょうか。ー

ミンホ:僕は俳優をしていますが、今後またいつ制服を着る機会(役柄で)があるだろうかと思いながら現場へ入ったわけです。学校で撮影するときは、自分が一番年上ということになりまして、他の年下の俳優さんに対してはたくさん愛情を持って接していました。ですから撮影当初から親しくしようと、努力していたので現場の雰囲気はとても良かったです。やはり若い者同士ですので、冗談を言い合ったりして劇中では仲が悪い役同士でも、実際には仲良く過ごしていました。

ー今回のグローバルツアーの見所について教えてください。ー

ミンホ:今回のツアーにおいては僕が歌をたくさん歌うというところだと思います。俳優であるにもかかわらず、今回の公演では12曲も披露します。その中でもハイライトでは、1部と2部の構成の中で、2部のアップテンポの曲が続き、会場のファンの皆さんも一緒に立ち上がって楽しんでいただけるのではないかなと思います。今までの作品では見せることのできなかった、本当のイ・ミンホの姿を見せられるのではないかなと思っています。僕自身もステージの上で楽しんでいます。

ーこれから「相続者たち」のDVDを観る方々へメッセージをお願いします。―

ミンホ:人というのは異性でも人間同士でも、本当に愛し合って生きていくものだと思います。しかし、ともするとその大切さを忘れてしまったり、現実問題にぶつかって真心から人を愛する機会を失いがちになるのではないかなと思っています。でもこの作品を観ていただくと、本当に真の愛というものが、どういったものなのか、その必要性とか愛情を感じること、胸がドキドキする感情を感じていただけると思いますので是非、この作品をご覧になっていただければと思います。

 

9J9A9868-2のコピー
 

ー今後の活動予定とファンの皆様へメッセージをお願いします。ー

ミンホ:来月11月に映画(「江南1970」)が公開予定です。その映画もたくさんの皆様に愛されるといいと思っています。そしてその映画のPRとグローバルツアーで今年は終わっていくと思いますので、更に来年はまた作品を通して皆さんにとって癒しになれるような俳優になりたいと思っています。ファンの皆さんには本当にいつも感謝して、愛していますということを伝えたいと思います。

前日の1回目公演とハイタッチ会に続いての2回目公演直前に行われた記者会見で、何度もファンへの感謝の気持ちを表したイ・ミンホ。その彼が今までと違った姿を見せていると自ら語った公演「RE:MINHO」の公演のレポートもお楽しみに!

 

関連記事


Page Up