Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

映画『小野寺の弟・小野寺の姉』初日舞台挨拶に向井理、片桐はいり、及川光博らが登壇。ハロウィーン気分のパンプキンケーキでお祝い!

2014/10/27 02:09

2014.10.25 取材:記事・写真/RanRan Entertainment

 

日頃はイケメン俳優として幅広い世代から支持を受けている向井理が、常に寝癖があり、メガネをかけ、ちょっといけてないイメージの主人公を演じ、その姉役を片桐はいりが演じた話題の映画『小野寺の弟・小野寺の姉』が2014年10月25日(土)に公開初日を迎え、新宿ピカデリー1に於いて舞台挨拶を行った。

IMG_3225-2のコピー
主演の向井理、片桐はいりに加えヒロインの山本美月、ムロツヨシ、及川光博、西田征史監督が登壇し、映画について熱く語った。

IMG_3250-2のコピー
 

向井理:「おはようございます。今日はここにいらして下さりありがとうございます。ついに初日を迎えることができました。去年の12月から撮っていた作品なので、一年近くかかったことになりますが、その間色々なプロモーションを行ったりだとか、あとはこうした奇抜な人と周ることで(隣の片桐を見て笑いながら)いろいろな想い出を作ることができました。今日は役っぽくということでこうした衣装にしたのですが(ダークな印象のスーツ)、なぜかこういうことになってしまい・・(片桐の真っ赤なスーツとベレー帽を見て)申し訳ありませんでした。」

IMG_3269-2のコピー
 

片桐はいり:「いいの!これはこれで!」(会場から大きな笑いが)

向井:「まあ、映画は今日からということで、本日が新たなスタートなので、是非皆さん、この小野寺姉弟を育てていっていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。」

片桐:「進(向井)の姉、より子を演じました片桐はいりです。今日はたくさんお越しいただきましてありがとうございます。映画、お楽しみいただけましたでしょうか?大丈夫?本当?マル?これヒットしますか?(と会場からの反応を気にして、大きな反応があると)嬉しいです!先日はここでちょっとモギリをさせていただいて、真っ黒な制服だったので誰がいるのかわからなかったので、初日は華やかにしますよって言ったのに。『グレースオブモナコ』に対抗してみました。(笑)」

 

IMG_3232-2のコピー
また、共演の山本美月は大学の先輩である向井との共演で縁を感じたこと、そして今まではモデルとして活躍の場が多かったが、今回の映画で初めて女優として仕事ができたと実感することができた、と映画の撮影を振り返りコメント。

IMG_3263-2のコピー
IMG_3235-2のコピー
IMG_3237-2のコピー
 

西田征史監督とムロツヨシは相当長い付き合いだそうで、監督と俳優という形でこのように初日舞台挨拶を、日本一の映画館で迎えられたということが感慨深いと心から感動している様子。及川光博は昨日45歳の誕生日だったが、共演の山本美月の父親とほとんど年齢が変わらないとのコメントに、相変わらずの若々しい姿に会場からは「え~?!」と驚きの声が挙がっていた。

西田監督は「この映画は、先に映画になるように意識して原作を書いて、脚本を書いて、というように順を追って考えたのです。そしてプロモーションを30以上の番組でしていただいたキャストの皆さんに感謝しています。今まで現場では2回だけ泣いたことがありますが、両方とも向井君がいる現場でした。一回目は(ガチ・ボーイ)という作品で、その時は向井君が肋骨を骨折していたにもかかわらず、それを隠して頑張っていてくれて、気がついてあげられなくて泣いたのです。」

と、監督の秘話も飛び出し、すっかりムードも盛り上がったところで会場に大きなハロウィーンのパンプキンケーキが運びこまれ、初日をお祝い。そのケーキの前で主演の向井が片桐を「ずっとアスリートのように走り続けている、凄い人なので、後を追い続けたい、(片桐が)倒れたらその上を踏んづけて行きます。(笑)」と先輩を絶賛した。

IMG_3306-2のコピー
 

向井理よりメッセージ

こういうメンバーで作り、ここには来ることができなかったけれど、カメラマンや音声さんや色々なスタッフとともに西田(監督)さん含めて作れたので、面白い素敵な舞台挨拶になりました。本当に映画を作るということは、凄く大変なことで、お金も勿論ですが、時間とかスタッフとかキャストの手が加わって、ここの場所に来るのに労力がかかるものなのです。こうして、このように日の目を見ることは、結構奇跡的ではないかと思います。そして、こうした一番日本で大きな映画館でかかるということは、喜ばしいことですし、普通の人ではできないことをさせていただいていると感じています。作品としては大きなことはないかもしれませんが、日々の小さな出来事に直面していく話なので、何かを感じていていただいたり、自分とリンクすることがあればいいなと思い、気を抜きつつ全力で頑張りました。この映画がどんどん大きく広がっていけば、2(続編)があるかもしれないので(大きな拍手)よろしくお願いします。今日はありがとうございました!

IMG_3343-2のコピー
向井が「とにかく現場の雰囲気が良かった。」とコメントした通り、すっかり家族的なチームになっている様子が肌で感じられるキャストたちが繰り広げる物語は、この秋、必見の映画!

★物語★

早くに両親を亡くしてから、一軒家でずっと一緒に暮らす、小野寺進と小野寺より子。お互いの幸せを心から願いすぎるあまり、やることなすこと空回りしてばかりの姉と弟。そんな人生に不器用な二人に、突然、恋のチャンスが訪れた!?

映画『小野寺の弟・小野寺の姉』2014年10月25日(土)より全国公開中!

原作:西田征史「小野寺の弟・小野寺の姉」(リンダパブリッシャーズ/幻冬舎文庫)

監督・脚本:西田征史

出演:向井理 片桐はいり 山本美月 ムロツヨシ 寿美菜子 木場勝己/麻生久美子 大森南朋/及川光博

製作プロダクション:ROBOT

配給:ショウゲート

コピーライト:©2014『小野寺の弟・小野寺の姉』製作委員会

関連記事


Page Up