Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

宝塚歌劇団の元男役トップスターが演じるブロードウェイミュージカル『CHICAGO』開幕!(会見編)

2014/11/1 01:39

2014.10.30 取材:記事・写真/RanRan Entertainment

 

ブロードウェイにて再演を重ねてきたミュージカル『CHICAGO』。上演記録等様々な功績を残す本作が、世界で初めての挑戦として今回、オールキャスト女性で上演されることとなった。主要キャストを演じるのは女性のみで構成された宝塚歌劇団の元男役トップスター。10月30日に11月1日より上演される東京国際フォーラム ホールC にて、プレスコールと囲み取材が行われた。

9J9A4477-2のコピー
 

本作は一つの役を三人の役替りにより演じることでも話題である。物語の舞台は1920年後期のジャズ全盛時代のイリノイ州シカゴ。殺人、不倫、暴力などという事件にメディアは踊らされ、殺人犯が注目を集める。そんな犯人たちを弁護する悪徳敏腕弁護士ビリー・フリン役に峰さを理、麻路さき、姿月あさと。「なんでもあり」をモットーに生きる大胆な女性殺人犯ヴェルマ・ケリー役に和央ようか、湖月わたる、水夏希。不倫相手を銃で撃ち殺し一躍スターへと登りつめた美しき殺人犯ロキシー・ハート役に朝海ひかる、貴城けい、大和悠河と宝塚の歴史を彩った歴代トップスターが集結した。

≪囲み会見≫

先ほどパフォーマンスを披露した峰さを理、麻路さき、姿月あさと、和央ようか、湖月わたる、朝海ひかる、貴城けい、水夏希、大和悠河が登壇し、作品に対する意気込みを語った。パフォーマンスはどうでしたか?という質問に対してが、「逆にみなさんどうでしたか?」と尋ねるなど、反応が気になる様子の中会見がスタート。

三人は久しぶりの男役ということで麻路が「タイムスリップですね。また昔(宝塚時代)に戻った感じ。お客様の反応が嬉しいような怖いような気持ちです。」と述べた。同じく男役を演じる姿月は「女性だけのシカゴ、という初めてのことに一歩踏み出すので頑張りたいと思います。」と気合い充分の様子。

和央:私が踊ったのは最後の場面だったので、明るく楽しく終えようと思っていたのですが、ド緊張しました。

湖月:宝塚100周年の歴史の上にブロードウェイがコラボレーションしているのを目の当たりにして、私自身とてもエキサイティングしています。

朝海:リハーサルの時間がタイトな中、こうして披露させていただいて、初日の緊張感を味わう良い準備になったなと思います。

貴城:私は二つのナンバーを披露させていただいたのですが、この短い時間の中にまとめた中でもよい曲がたくさんあるなと改めて感じました。

:お稽古場のときから、何もかもが普通の舞台とは違うブロードウェイスタイルだったのですが、舞台に来てからさらに違うことがいろいろありまして、その中でやる緊張感とチャレンジしていく気持ちの狭間にいます。

大和:出る前は緊張したのですが、出てみてスポットライトを浴びたら宝塚時代同様に、楽しくなってきて。この気持ちを大切に本番に挑みたいと思います。

9J9A4544-2のコピー
 

また、は演出家や振付師に「こんなに羽の似合うビリーは初めてだ!」と言われたとのこと。大きな羽に囲まれるシーンは、息をのむほどの美しさに満ち溢れていた。

が、ビリーを演じる三人は「オヤジ化?」しているとの発言、役になりきっている様子をコミカルに表現。先日、楽屋で三人揃った写真を撮ったと言ったところ、ほかのキャストから「見たーい!」との声があがった。

また、シカゴ特有の「フォッシースタイル」のダンスについて和央は、「毎日、お稽古の前に(大澄)兼也さんに倣ってみんなで踊るのですが、毎日お稽古してもなかなか難しいです。」と語った。

今回、女性を演じる6人も元は男役。湖月に「脚を閉じなさい」と何度も注意を受けたそうで、「そのアドバイスは皆さんにされたんですか?」という質問にが「いや、わたるさんだけです」ときっぱり答え、湖月が驚く一幕も。さらに湖月は衣装が合わなく、ブロードウェイから取り寄せたとのこと。「丈が足りなくて舞台稽古ぎりぎりに届きました」と。それに対して水と「世界一大きいヴェルマだね」と話したという。

今回男役三人は女性の役(ヴェルマ・ロキシー)をやりたいかという質問に峰、麻路は「高いところだめだから。」と、劇中頻繁に出てくるステージ両サイドの高いはしごに上ってのパフォーマンスに難色を示す中、姿月は「私、両方(ヴェルマ・ロキシー)やりたい」と発言、周囲を驚かせた。

また、見どころを聞かれた朝海が左手薬指につけている結婚指輪です。と答えたところ同じ役を演じる貴城大和が「つけてくるのを忘れた!」と焦る場面も。その後行われたマスコミ、関係者向けに通しで演目を披露した際にはきちんと大和の指に結婚指輪がきらめいていた。

9J9A4611-2のコピー
 

ブロードウェイ仕込みの大胆な構成と宝塚の元トップスターたちによる繊細な役作り。それによって描かれる登場人物は浮世離れしているようで、自分の欲のために生きる人間らしさもあふれている。世界初、女性のみの『CHICAGO』は、宝塚が好きな人には新しい宝塚の姿が、ブロードウェイを見ている人にとっては全く新しい『CHICAGO』の姿が見えてくる作品になっている。その話題性から、すでに東京凱旋公演も決定!

観た後に、ついステップを踏みたくなってしまう。そんな初めての感覚をぜひ劇場で!

東京国際フォーラム ホールC

2014年11月1日(土)~11月9日(日)

東京凱旋公演

2014年12月10日(水)~12月19日(金)

梅田芸術劇場メインホール

2014/11/19(水) ~ 2014/11/30(日)

刈谷市総合文化センター大ホール

2014/12/4(木) ~ 2014/12/7(日)

関連記事


Page Up