Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

John-Hoonが単独ライブ開催!今は仕事が楽しい! 

2014/12/3 14:53

2014.11.16 取材:記事/RanRan Entertainment

写真提供/スリー・ファイブ・プラス

 

11月16日、東京・豊洲PITにおいて、歌手としても俳優としても大活躍中のJohn-Hoonが、約4か月振りの単独ライヴを昼と夜2回公演をおこなった。ソウルでファンミーティングを終えたばかりにも関わらず大勢のファンが詰めかけ、しっとりとしたバラードを中心にしたプログラム構成で大人の雰囲気漂うコンサートとなった。

IMG_6703

 明るくPOPで彼らしい楽曲『サクラTEARS』が流れると待ちかねたファンは総立ちとなり大いに盛り上がった。

司会者(イ・ユミ)に今の気持ちは?と聞かれ、

「久しぶりでとても緊張して、汗がいっぱいでました。」と流暢な日本語で答えた。

「7月に来日した時より少し痩せたのでは?」と聞かれると、ファンとの「遠距離ダイエット」で2~3キロ痩せたと話した。

また、ドラマの為に“テッキョン”という武術を習いに行ったが、関節が固く先生に「もう来ないでいい」といわれてしまったと正直に答えるJohn-Hoonに会場は爆笑。

そんな飾らないところもファンにはたまらない魅力なのであろう。

IMG_6136
大人のラブバラード3部作としてリリースされた『二人記念日』では恋人同士の記念日を甘く歌い、『春恋』ではファンとJohn-Hoonとの遠距離恋愛を想像させる切ない歌詞に会場はうっとりとなった。

恋人との別れのつらさを歌った『ラストラブ』ではJohn-Hoonのファルセットが美しく響き渡った。

来年発売のニューシングル『Special Day』ではSMAPやテゴマスなどの作曲やアレンジも手掛けるバンドメンバーの知野義彦氏とコラボすることが決定していて、今から大きな期待が寄せられている。

また、釜山映画祭に参加した中国映画「パパの休日 パート2」にオールバックのイケメン刑事役で特別出演し撮影の間中、髪型のせいで全開になったオデコが気になって仕方なかったというかわいいエピソードを紹介。

IMG_6913

 今年、韓国で発売したミニアルバムから明るい日差しを連想させる『ハル』、そして以前John-Hoon自身が1か月かけて作詞したという『コウル』を韓国語で熱唱すると、日本語での歌とは違う世界観が会場を包んだ。韓国語と日本語、両方が堪能な彼だからこそ作りだせる世界だ。

『コウル/鏡』の歌詞は、「昔別れた彼女に会った夢を見て目覚めた朝、鏡に映った自分を見て切なくなるという内容で、今までファンに説明したことがなかったので、今日初めて説明します。」と言って来場したファンを喜ばせた。ただ、「作詞は悩んで苦しかったという」本音もチラリ。

ファンに人気の高い『僕は君を愛してる』『君を守りたい』披露。初めて日本語で作詞した曲で、普段は恥ずかしくて言えないというファンへの感謝をこめたメッセージソング『手をとって』、明るく楽しい気分になる『Smile』という懐かしい曲が続いた。

この後、抽選箱が舞台に運ばれ、1部と2部の間に行われる記者会見に参加できる幸運なファン5名が選ばれた。

衣装替えをしたJohn-Hoonは、LUNA SEAの河村隆一氏が楽曲を提供して話題になった『MESSAGE』を披露し、ライブのラストを飾る定番曲『シリウス』で会場は総立ちとなり歓声とともに1部の幕は閉じられた。

IMG_7156
続く2部では「1部では緊張したけど皆さんの顔を見て力が出て、声もよく出るようになった」と疲れを全く感じさずに登場。

現在撮影中のドラマ『太陽の都市』では建設会社で働き成功していく主人公を演じている。そのドラマの役に関して「復讐やアクションを披露するが、女優さんが少なくロマンスはないので安心でしょ?」とファンの心配する気持ちを気遣う優しい一面をのぞかせた。

2014年は「久しぶりに韓国でバラエティーに出演し、日本ではデビュー9周年という特別な年だった。」と語り、司会者から「10年前の俺と今の俺とどう違うと思いますか?」と聞かれ、「昔は、何をすればいいか、何でするのかわからなくていつもクエスチョンマークがありました。今では活動の意味もわかり、仕事というより楽しくて盛り上がれる気持ちです。」と意気込を語った。また、来年は“日本デビュー10周年記念ツアー”が開催されることも発表され会場から大きな拍手が沸き起こった。

ファンの皆さまへ

「みなさん、好きです!来年も一生懸命活動するので応援してください!」と挨拶し会場を後にした。

2015年は日本デビュー10周年を迎え、シングルリリース、ドラマ撮影、全国ツアーとJohn-Hoonにとって多忙な年となり、ファンにとっても様々なJohn-Hoonに出会える嬉しい年になるだろう。

IMG_7247

世界各国の気候難民を救う広報大使の活動もおこなっており、東日本大震災復興支援のために建てられた会場である豊洲PITの活動にも賛同し、募金もしたということが伝えられた。

ニューシングル Special Day 2015年1月22日発売

John-Hoon 「10th Anniversary TOUR 2015」

2015年4/4((土) 名古屋/名古屋市公会堂

2015年4/5(日)大阪/あましんアルカイック

2015年4/8(水)東京/新宿文化センター

2015年4/9(木)東京/新宿文化センター

セットリスト 1部

サクラTEARS

二人記念日

春恋

ラストラブ

haru

コウル/鏡

僕は君を愛してる

君を守りたい

手をとって

Smile

MESSAGE

シリウス

2部

MESSAGE

二人記念日

春恋

ラストラブ

haru

コウル/鏡

僕は君を愛してる

君を守りたい

手をとって

Smaile

サクラTEARS

シリウス

関連記事


Page Up