Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ミュージカルスター、ミン・ヨンギがプレミアムコンサート開催!<囲み取材編>

2015/2/23 10:06

2015.02.22 取材:記事・写真/RanRan Entertainment

2月22日、草月ホールにて『三銃士』『モーツァルト』『エリザベート』等数々の有名作品に主要キャストとして出演した、韓国のミュージカル界を牽引するスター、ミン・ヨンギのプレミアムコンサートと囲み取材が行われた。

 9J9A7858-2のコピー

 《囲み取材》

―10回以上来日しているとのことですが、日本への印象はいかがですか ―

「観客のみなさんの拍手だったり、とても温かく迎えてくださるので毎回感動しています。日本はとにかく食べ物がおいしいです!」

―大学では声楽を専攻していたとのことですが、ミュージカルの世界に入るきっかけは何でしたか ―

「声楽を専攻し、留学をしたいと思いまして、その資金を貯めるためにいろいろなアルバイトをしていたのですが、その中でミュージカルのアルバイト(舞台上の出演者の影コーラスのような役割)がありまして、それにチャレンジしたことが今に繋がると思います。」

9J9A7735-2のコピー

― 数え切れないくらいの作品に出演されていますが、その中で記憶に残るものは何でしょうか ―

「2作品ありまして、1つ目は2002年の『ロミオとジュリエット』という作品の中でロミオの役をしたのですが、それが初めての主人公の役で、新人賞を頂いたので思い出深いです。もう一つは、2006年『華城で夢見る』という作品で最優秀男優主演賞を頂いたのでそれも印象に残っています。」

― 様々な作品に出演なさる中で、JYJのキム・ジュンス、SUPER JUNIOR等アイドルと共演することも多いですが、ミュージカル俳優であるヨンギさんから見ていかがですか ―

「彼らの分野ではトップを走っている方たちで、新しいファンの皆様にミュージカルの世界を見てもらうきっかけにもなると思うので、私は凄く良いことだと思います。(チャンスがあればジュンスとのコンサートが見てみたいとの問いに)良いですね〜」

 9J9A7879-2のコピー

―現在は『マリー・アントワネット』に出演されていますが、いかがでしょうか ―

「すごく有名な女王の話なのですが、実はマリー・アントワネットは自分の国ではなく、フランスに行きその国の女王になった方で、(アントワネットに関して)歴史的に間違って伝わっていることもあるんです。例えば、’’パンがなければケーキを食べればいいじゃない”という言葉は彼女が実際言って言葉ではなかったり、そのように彼女の誤解された部分を正す作品でもあります。演じたオルレアン公は、マリー・アントワネットを追い詰める悪役なのですが、実は私は悪役だとは思っていません。外国から来た女性が女王になり、また、ルイという王様も間違った王だと。やはり自分がフランスのために王になり、国を正しい方向に導くための選択だったと思うので、一筋に悪役とは言えないのではないかなと思います。」

―これからの活動について ―

「舞台の上で正直に、自分の気持ちを表現できる俳優になりたいと思っています。」

 9J9A7826-2のコピー

役柄としての顔は数多見たことがあっても、滅多に見ることのできないミン・ヨンギ自身の素顔。演じてきた役の数々に引けを取らない寛大な人柄と、役に対する追求心を言葉の節々から感じ取ることができた。

 

 

関連記事


Page Up