Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

6人組グループVIXXが横浜アリーナでコンサート開催。ファンとの触れ合いに感激!

2015/4/19 08:27

2015.04.09 取材:記事/RanRan Entertainment

写真/CJ E&M, Jellyfish Entertainment & CJ Victor Entertainment, Inc.

         Photo by 田中聖太郎

 

本国の韓国では来月デビュー3周年を控え、今や歌番組の1位常連組に名を連ねる大人気の6人組グループVIXXが2015年4月9日(木)横浜アリーナにて「VIXX LIVE FANTASIA in Japan [UTOPIA]」を開催した。

VIXX_UTOPIA_0409 yokohama-1のコピー

ネイビーのペンライトが揺れる中、ライブの世界観を表現するパフォーマーの演技から、この日のステージが始まった。プロローグに続いて光り輝く6つの装置の扉が開き、きらめく黒のステージ衣装に身を包んだVIXX6人が現れると大きな歓声が会場から沸き起こった。

「傷つく準備ができてる」「呪いの人形」の先制パンチでファンは最初からノックアウト寸前。そのカリスマ溢れるパフォーマンスに圧倒された。花道を通って、サブステージにメンバーが移動して来ると、会場の熱気は急上昇していった。

VIXX_UTOPIA_0409 yokohama-2のコピー

そんな熱気を冷ますかのように二人のパフォーマーによる怪しくもせつない演技がインターバルとなり、「暗闇を照らせ」「Secret Night」で再びファンの心に火をつけた。そして、ソロステージの先陣を切って、ホンビンがスクリーンに映し出される映像とリンクする演出のパフォーマンスでびしっと決めた。

続けて、黒いファーのゴージャスなコートを羽織り、ゴールドのチェーンでダンサーを従えたラビが登場。未発表の自作曲「Ghost」をパワフルに披露した。

真っ赤なスーツと黒のインナーにチェンジして「After Dark」を歌った後、この日初めてのMCとなった。近づくことを拒むような熱いパフォーマンスから一転、フレンドリーな笑顔の6人のトークはファンをとびっきりの笑顔にする魅力がたっぷり。

「みなさん、会いたかったです。みなさんもボクたちに会いたかったですよね?本気ですか?本気?」「みなさんの歓声を聞いたら、今日一日がもっと楽しみです!」STARLIGHT(VIXXのファンの名称)の声を聞くだけで、心強いですね。」

VIXX_UTOPIA-4のコピー

MCの後、披露された「Say U Say Me」では女性ダンサーとのダンスでファンからは悲鳴が上がる一幕も。それに続いてスクリーンに流れた映像は、一味違う面白さが漂った。「人間の感情を学ぼう」というタイトルで「自信」「強い否定」「恐れ」「驚き」「かけひき」「愛」などの文字が現れた後にモノクロでメンバーたちが映り、思い切り首を振る様子や、水の入った風船が割れる瞬間の表情がスローモーションで映った。後半はメンバー二人が向き合いキスをするような仕草もあって、会場は大いに沸いた。

白のスーツにブラックシャツ、白いボウタイのヒョギのソロステージ「Call you mine」は、ピアノの弾き語りからマイクを手に踊りながら歌う、静から動のパフォーマンスで観客を魅了した。続いて登場したケンは、ツィードのコートジャケットに黒のパンツというヨーロッパの紳士の雰囲気で「Rolling in the deep」を歌った。ボーカルが際立つアカペラを交えたステージで持ち前の歌唱力を余すことなく披露した。

VIXX_UTOPIA-5のコピー

ライブの中盤となるMCでは、体をほぐすためにみんなでできる体操をVIXXのメンバーが提案するという趣向で進められた。一人ずつが流れてきた曲に合わせて、即興でセクシーだったり、ユーモラスだったりするダンスをする中、きっとファンは一緒にできないだろうという鮮やかな回し蹴りを見せたレオが印象的だった。

体をほぐした後は、「Time Machine」で後半のライブがスタート。途中、メンバーがステージからフロアへと降りて、客席の間を通って会場後方のステージに移動するという演出に、ファンは大興奮!「Rock Ur Body」のイントロが流れると、さらにテンションアップ!会場一体になってジャンプしながら盛り上がった。

サブステージに戻ると、イスに座ってしばしのトーク。「『Rock Ur Body』を歌った時は、高校2年生の時かな?今は数えで21歳。」と末っ子のヒョギ。「3年が経ったんだね。その頃に比べると背も高くなったし、体つきも良くなったし、男らしくなったね。」「『Rock Ur Body』で一番最初に日本で公演をしたんだよね。」とメンバー一同流れた月日を実感。

VIXX_UTOPIA-6のコピー

「みなさん、ペンライトを高く上げてみてくれませんか?照明も落として下さい。」ネイビーのペンライトの光が会場全体に揺れる中「みなさん、ボクたちがいつも、みなさんの側にいます。」という言葉に続いて、ファンがこの日一番待っていたと言っても良い「Love Letter -Japanese Ver. -」が初披露となった。続けて「青春だって」をじっくり聴かせた後は、激しい雨の音とともにパフォーマーによる演技を挟んで、胸元のブローチがオシャレな黒のスーツでレオが自作曲「ハルマル(言うこと)」を熱唱。

続いて、ステージの階段の上にカーキのトップスに黒のパンツのカジュアルスタイルのエンが登場、情熱的なソロダンスを見せた。途中、黒にメタリックな装飾の付いたジャケットを着ると、ダンサーを従えてサブステージへと進み、カリスマ溢れるステージを披露した。

VIXX_UTOPIA-7のコピー

ゴールドのジャケットに衣装チェンジして「ハイド」「Beautiful Killer」とラストスパートのステージが始まった。銃を使ったパフォーマンスでは凛々しい表情を見せ、スタッズのついた黒のレザージャケットで「奇跡(Eternity)」「Error -Japanese Ver.-」をエネルギッシュに歌い、踊り、ファンを魅了した。

熱いどよめきの中、アンコールを求める声に、ツアーグッズのTシャツやパーカーをVIXXらしく着こなして再び登場。韓国の音楽番組で8冠を達成した最新曲の「別れの公式」から「今日からキミはボクのもの」をパフォーマンスする間、ステージを所狭しと走り回り、サインボールを投げたり、ステージからフロアへ下りて客席の間を歩いたり、ファンとの触れ合いを大いに楽しむ姿が見られた。

VIXX_UTOPIA-8のコピー

「みなさんが愛してくれたおかげでこのような大きな会場で公演ができるようになりました。これからも、もっともっと努力してみなさんの応援に応えるようにがんばります。日本語も一生懸命勉強します。」「今日もまたみなさんと新しい思い出を作ることができて気分がいいです。これからも、もっと良い姿をお見せして、一緒に良い思い出を作りましょう。」「今日、幸せでした。VIXXはいつもここにいるので、ずっとずっとみなさんと一緒にいられたら嬉しいです。」「ボクたちのファンにはいつも感謝しています。いつもVIXXの隣にいてくれたら嬉しいです。STARLIGHTがいるから、VIXXがいるのだといつも思っています。」「まだまだ未熟なボクたちですが、これからもファンのみなさんに良い音楽とステージでお返しできるVIXXになるので、信じて見守って下さい。」「今日はみなさんのおかげで本当に幸せでした。みなさん、ずっとボクのそばにいてくれますよね?約束します!ボクもみなさんのそばにいるよ~。ありがとうございます!」

それぞれがファンへの愛と感謝の言葉を伝えた後、ラストの曲「デ・ダ・ナ・ダ・ノ」を会場一体で楽しみ、この日の公演は終了した。

VIXX_UTOPIA_0409 yokohama-3のコピー

 rのコピー

関連記事


Page Up