Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

イ・ジフンがファンミーティングを開催し、忘れられない夏の思い出ダンスに絶叫!

2015/7/27 00:21

2015.07.20 取材記事/RanRan Entertainment

写真提供/©SPINGLASS

 

7月20日、韓国でミュージカル『エリザベート』公演中の忙しい合間を縫って来日したイ・ジフンが、「イ・ジフン ファンミーティング『夏の思い出』」を品川インターシティホールにて開催。ミュージカルナンバーを多数披露、大勢のファンとの気さくなふれあいの時間を過ごした。

 LEE JEEHOON-2a

会場の照明が暗転し、客席の後方からイ・ジフンがミュージカル「エリザベート」の「キチ」を歌いながら登場すると、会場はすでに興奮状態。ファンひとりひとりに挨拶をするようにイ・ジフンは客席をゆっくりと回ったあと、ステージに上り「本当に会いたかったです!今日はワクワクしています!」と挨拶すると、会場には大きな拍手が沸き起こった。

トークコーナーでは、イ・ジフンが韓国では唇王子と呼ばれていることに「もう王子じゃないですけどね(笑)」とジョークを飛ばしながらも「呼ばれることは嬉しいです。セクシーですしね」と嫌ではなさそうなコメントも。また、日韓合作以外で韓国の俳優が出演したのはイ・ジフンが初めてだったという2004年のドラマ「熱き夢の日~日韓ワールドカップ・真実の裏側~」で共演した伊藤英明、藤原紀香についてのエピソードを聞かれると、「二人ともとても親切で、日本に来た時にいろいろなところを紹介してくれて、美味しいものを食べに連れて行ってくれました。」というレアなエピソードも明かされた。

LEE JEEHOON-1a

ファンからの質問に答えるコーナーでは、ドラマ「ハロー!お嬢さん」を見てイ・ジフンのファンになったという女性から、「劇中でイ・ジフンが女装して歌うトロットが聞きたい」と質問でなくおねだり。すると、イ・ジフンは「忘れちゃったな〜」と照れながらも、「歌ってみて」と質問者の女性に歌い出しを教えてもらい、続きを歌い上げると会場は大歓声となった。その後、「次のドラマ出演はいつ頃?」という質問には、「次は時代劇で、9月くらいから撮影に入る予定です」と答え、「カッコいい武士として、今年後半にお目にかかります!」と宣言すると、会場には拍手が響き渡った。

 LEE JEEHOON-6a

その後、イ・スンギ、ムン・チェウォン主演の映画「今日の恋愛」のエンドロールで流れるという楽曲「パラダイス」を爽やかな歌声で初披露した。

続いて、イ・ジフンが「ファンと忘れられない夏の思い出を作ろう」と自ら考案したダンス対決コーナーと紹介された途端、「えぇ〜!?」と会場にどよめきが。それを聞いたイ・ジフン自身も「このコーナー大丈夫ですか?」と不安気味に。ところが、一旦ABBAの「ダンシングクイーン」が流れ出し、全員でイ・ジフンが伝授する振付を練習すると、ファンはみんなノリノリ!イ・ジフンとステージで一緒に踊れる権利をかけて、3つにチーム分けされたファンのダンス対決で大盛り上がりとなった。それをステージ上から見ていたイ・ジフン、「これは、僕がさみしいときやちょっと疲れたときに見ます(笑い)」とおもむろにスマホで撮影を始めるというお茶目な姿も。チームごとに踊り終わった後、「まず、みなさんが優勝です!でも特に印象に残った5名にステージに上がってもらいます」と全てのファンへの気遣いを忘れず、「最初はみなさんやらないって言っていたくせに!」とその盛り上がりに満足したイ・ジフンは、選ばれた5名と会場のファンと一緒にダンスを踊り、大成功のコーナーとなった。

 LEE JEEHOON-5a

続くチャンスコーナーでは、「サ・ラン・ヘ・ヨ」とイ・ジフン直筆の4文字が書いてあるメモがイスの下に貼ってあるラッキーな4名が、イ・ジフンと2ショットチェキを撮影できるというもの。「書いてなかった人は、このワクワク感をお持ち帰りください!」と洒落たコメントで、イ・ジフンは当たらなかったファンを慰めていた。

後半はライブコーナー。デビュー曲の「なぜ空は」、日本で初めて知られるようになったきっかけになったという「人形」2曲を続けて披露。久しぶりにファンと会い、歌うことで「気持ちにこみ上げるものがあった」と明かしたあと、「みなさんがいてくれるだけで、本当に大きな力になるっていうことを忘れないでください。これからずっと僕のそばにいてくれますよね?」と語りかけ、続く「Can’t take my eyes off you」ではファンも総立ちで応援し、その気持に応えていた。「ミュージカル『エリザベート』は9月まで続くので、がんばって演じたいと思います。そして、来年とてもいい作品でお披露目ができると思います!」というサプライズな報告もあり、会場はさらに熱く盛り上がった。また、この日直前まで大型台風の上陸で天気が不安定だったため、「僕、ちゃんと台風がそれるようにって、祈っていたんです。みなさんに会いに来るのに台風で飛行機が飛ばないようなことがあっては大変ですから、『大きくそらしてください!』とお願いしていました!」とお茶目なコメントも忘れないイ・ジフン!そして、「いつもいいことが続きますように。そして、この素敵な瞬間を記憶にとどめながら、『今、この瞬間』(「ジギルとハイド」)という曲を届けます!」と最後の曲を紹介、ミュージカルさながらの雰囲気の中ステージの幕は下りた。

 

LEE JEEHOON-4a

「イ・ジフン!イ・ジフン!」というアンコールの声の中、再登場したイ・ジフン。「(ミュージカルを)まだ一度もご覧になられていない方もいらっしゃるかと思いますが、機会があったらぜひこうして一生懸命やっていますので、見に来てください」と呼びかけた。最後はテレビ番組「不朽の名曲」に出演して一人で歌った曲で、ファンのみなさんにもぜひ聞いて欲しいと思っていた」という「悲しい縁」を紹介、その伸びやかな歌声に会場はうっとりと酔いしれた。歌い終わった後も、名残惜しそうに何度もステージの袖から顔をのぞかせるイ・ジフンにファンからの拍手はいつまでも鳴り響き、イベントは終了した。

 LEE JEEHOON-3a

【セット・リスト】

1.「キチ」(ミュージカル『エリザベート』より)

2.「パラダイス」(映画「今日の恋愛」より)

3.「なぜ空は」

4.「人形」

5.「Can’t take my eyes off you」

6.「今、この瞬間」(ミュージカル「ジギルとハイド)より)

アンコール

7.悲しい縁

関連記事


Page Up