Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

三浦大知とVIXXが「AJ×THE STAR FES」でビッグなコラボを実現!横浜でスタイリッシュなパフォーマンスを披露!

2015/7/28 04:48

2015.07.20 取材:記事/RanRan Entertainment

写真/(C)AJ×THE STAR FES/柴田恵理

 

2015年7月20日(祝)梅雨明け直後の海の日、パシフィコ横浜にて「AJ×THE STAR FES」と題した公演が1部、2部と行われ多くの観客を集め、大成功を収めた。出演は日本からはズバ抜けた歌唱力と高いダンスパフォーマンスで、国内外から大きな関心を集め、常に日本のダンスシーンをリードしている三浦大知。そして韓国からはコンセプチュアルな世界観で圧倒的なステージングを魅せ、K-POP界をリードするVIXXが登場し、誰も想像できなかった両者の夢のコラボレーションも実現した。以下第1部の公演をレポートする。

A73W3765a

「AJ×THE STAR FES」とは、アジアと日本を繋ぐビジュアル誌「AJ」(ぴあ株式会社発行 年4冊)と韓国のビジュアルタブロイド誌「THE STAR」(STAR NEWS 株式会社発行 月刊)とのコラボ誌「AJ×THE STAR 」による音楽フェスティバルである。

A73W3806a

会場が暗転し、キレのあるテクノミュージックが大音量で流れる中、まずはDJステージとしてELLI ARAKAWAが舞台に登場。都心のクラブにいるような空間を醸し出し、観客がダンスミュージックに乗りながら軽く身体を動かし気分も高まってきたところでいよいよ韓国の大人気グループのVIXXが登場!

246A0128a

彼らが登場するやいなや、オールスタンディング状態。ブルーのVIXXの文字が書かれているペンライトで会場は大歓声に包まれた。オールブラックにスパンコールできらびやかな光が華やかな印象のジャケットをまとったメンバー全員が曲を披露するたびに、その魅力を倍増するパフォーマンスは、観る人達を飽きさせない素晴らしさが満載。年齢の若さを感じさせない、このようなエレガントさをこれだけ表現できるのはVIXXの実力であろうと感じさせた。

A73W4675a

曲の後半で披露した『Love Letter』について、ファンの皆さんが日本語で聴きたい曲のナンバーワンであるとコメントし、この曲を歌う時には日本のファンの事を想いながら常に歌っていることを会場のファンに伝えると大きな拍手を受けていた。ここでVIXXの各メンバーが右隣にいるメンバーについて良いところを紹介するコーナーが設けられた。

A73W4312a

ラビ→ケン→エン→ホンビン→レオ→ヒョギ→(ラビ)の順にコメント。

ラビがケンについて:チームの中で可愛い役で、ムードメーカーなど様々な役割を果たしている。ケン君は歌が上手なのは言うまでもないけれど、この場で愛嬌のあるところを見せて欲しい。と言われケンが舞台中央で可愛い姿と歌唱力をアピールするワンフレーズを熱唱。

ケンがエンについて:エン君は僕たちをリードしてくれている。可愛らしいし、かっこいいし、セクシーだしまた、ダンスも得意で賢いです。セクシーダンスを見せて欲しいと言われエンが音楽にあわせて腰をふりながらガールズダンスを披露すると、会場からはかっこいい~!という声と笑いをたくさん受けていた。

エンがホンビンについて:ホンビンさんは本当にかっこいいです。そしてとてもかっこいいダンスが得意なので見せて欲しい、と言われなぜかAKBのヘビーローテーションが大音量でかかると可愛いダンスで会場を魅了。これではいけないと次の曲がかかるが、結局ガールズダンスをしてアピールタイムは終了。こちらも大きな笑いを誘っていた。

ホビンがレオについて:レオ君はとても歌が素敵です。メインボーカルを担当しています。透き通るような高音を聴かせてください。とリクエストされると「愛してる~!♪」と素晴らしい歌声を披露。

レオがヒョギについて:ヒョギ君はバック転が得意です。見せてください。とのリクエストになぜか甘い歌声でカルビチムの歌を披露。バック転はレオ君が得意なのでそれを奪ってしまってはいけないとセクシーダンスも加えてコミカルに自己紹介。

ヒョギがラビについて:ラビ君は唯一のラッパーなので本当に作詞に優れていると思います。実力だけでなく情に厚いところが魅力です。この場でファンの皆さんに向けたラップを観せて欲しいと言われ、曲の一部で歌われるラップを披露した。

リーダーのエンから「僕達にとって日本で初めてのコラボステージになりましたが、日韓のアーティストが共にステージに立てることは本当に良かったなと思っています。僕達VIXXは日本で9月にオリジナルシングルを発売する予定です。これからも日本の皆さんの前にたくさん立てる機会を持っていきたいと思っています。」とファンに挨拶し、全8曲のVIXXのステージは終了した。

334A4882a

そしてこのイベントのもう一人のビッグアーティスト三浦大知が『Right Now remix』透き通るような音色のイントロにあわせて登場すると、さすがのオーラに会場のムードも一気に盛り上がった。歌とダンス同時に完璧にこなすアーティストは、日本では彼の右に出る者はいないのではないかと感じさせる、歌にあわせた完璧な振り付けとキレは圧巻であった。

A73W5335a

このイベントについてVIXXとのコラボが実現して音楽で日韓が繋がるステージに立てたということが嬉しい。今日は気合が入り過ぎて男くささが出すぎてます!とコメント。6曲目『ふれあうだけで~Always with you~』はCMでもお馴染みの大ヒット曲。長いアカペラパートを披露した後、伴奏に合わせて歌唱。その迫力に会場は静まりかえり、「守りたい~♪」のフレーズが一際伸びやかな透き通る声で響き渡っていた。

その後『未来予想図Ⅱ』を含む全10曲を披露し、三浦大知のステージは大盛況のうち終了。そしてその三浦大知の呼び込みでVIXXが再びステージに登場すると、最後はマイケル・ジャクソンの『Heal the World』を7名のアーティストで熱唱。VIXXのリーダー、エンが「三浦さん、僕達の真ん中に入ってください!」と三浦大知をステージの中心へと誘うと「優しいですね!ありがとうございます。」と最高のコラボレーションでフェスは幕を閉じた。

このイベントの趣旨に選ばれるだけの最高のパフォーマンスを誇る、三浦大知とVIXXの素晴らしいステージに観客は大満足の時間を過ごしたことは間違いない。今後もこのイベントが続いていくことを期待したい。

334A5266a

セットリスト

ELLI ARAKAWA

DJステージ

VIXX

01        ERROR(日本語)

02        呪いの人形

03        hyde

04        奇跡

05        Love Letter(日本語)

06        別れの公式

07        Rock Ur Body

08        傷つく準備ができてる

<三浦大知>

01  Right Now remix

02  Go For It

03  Blow You Away

04  Can You See Our Flag Wavin’ In The Sky?

05  Black Hole

06  ふれあうだけで~Always with you

07  未来予想図

08  Get Up

09  Unlock

10  music

 <コラボステージ>

Heal the World(マイケル・ジャクソン)

 

 

 

 

 

関連記事


Page Up