Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

映画「内村さまぁ~ずTHE MOVIEエンジェル」に出演の久保田悠来に直撃インタビュー!<前編>

2015/8/21 01:07

2015.08.08 取材:記事・写真/RanRan Entertainment

9月11日に全国公開を控える「内村さまぁ~ず THE MOVIE エンジェル」では、エンジェル社の敏腕スタッフ伊東役として出演しているイケメン俳優・久保田悠来。代表作の舞台「テニスの王子様」(2008年~)で脚光を浴び、「戦国BASARA」(2009年~)などに出演、特撮テレビドラマでは「仮面ライダー鎧武(ガイム)」の斬月(ざんげつ)/呉島貴虎(2013年10月~)役を好演し子供から主婦層まで、視聴者のハートをガッチリと掴んだ。2015年5月には映画「新宿スワン」の洋介役で注目を集めるなど、コミカルな役からシリアスな役まで幅広い演技力で、数多くのキャラクターを演じている。話題作に続々出演中の久保田悠来がこのほど、俳優としての意気込みや、プライベートな一面に至るまでを大いに語ってくれた。<前編>

9J9A4184-2a

【「何か起きるだろう」笑いの化学反応を楽しめる映画】

―「内村さまぁ~ず THE MOVIE エンジェル」(9月11日公開)にはどのような経緯でキャスティングが決まったのでしょうか?その時の感想は?―

そういう人を探していると聞き、監督とお会いして「じゃよろしく」と、その場で台本をいただきました。キャスティングが決まった時は嬉しかったですね。内村さんやさまぁ~ずさんは昔からテレビで拝見しておりましたので。そんな方たちと一緒に映画に出演するというのは、中々バラエティよりもご一緒する機会は少ないでしょうから、貴重な体験ができると思うと嬉しかったですね。

―久保田さんが演じられた“伊東”はどんな人物ですか?―

まあ、肉体派の下っ端みたいな感じですね(笑)。基本的にはイエスマン伊東みたいな(笑)

―アドリブ満載の現場だったようですが、久保田さんもアドリブで応じられたのですか?―

(アドリブで)返したい所もありましたが、キャラ的にも一歩後ろにいるぐらいがいいんじゃないかなと。あそこは傍観者として楽しんでいましたね。

―「仮面ライダー鎧武」の舞台挨拶では、よく面白いコメントで会場を笑わせていらっしゃいますよね?―

今回は大人しいもんですよ(笑)。周りにはお笑いのプロの皆さんがいらっしゃいますし、映画の内容的にもお笑いの作りになっていますので、僕は控えめに~お淑やかに(笑)。僕に与えられたことは俳優として「セリフをたくさん覚える」と「説明セリフを言うこと」です(笑)。

9J9A4104-2a

 

―内村さんやさまぁ~ずさん(三村マサカズさん・大竹一樹さん)など芸人の方との共演はいかがでしたか?―

とくに芸人の方だからというのは、全くなかったですね。たくさんコントとかされていますし、経験も豊富な方々なので、何も気負いなくいつも通りの感じで芝居に入ることができましたね。

―現場は笑いが絶えなかったと思いますが、特に面白かったエピソードはありましたか?

基本的にカット直前で笑っているんですよ。監督も「何か起きるだろう」とカットをかけない。僕の中で一番面白かったのは、三村さんが2回くらいかな?僕が言ったセリフをそのまま言うだけなのに、2~3回噛んだんです。そのまま言うだけなのに「何でだよ?」って思いましたね(笑)。セリフを覚えなくていいし、言ったことを同じように言うだけなのに「何でだよ?(笑)」って。それが三村さんらしくて楽しかったです。

9J9A4155-2a

【肉体的にも精神的にもハングリーでいよう】

―舞台では「テニスの王子様」や「戦国BASARA」、映像では戦隊ヒーローものを演じてこられた久保田さんは子供たちにとって憧れの存在ですが、ご自身が影響を受けた方や憧れのヒーローは?―

“的”になれただけでも嬉しいですね(笑)。影響を受けた人は、サッカーの中田英寿選手ですね。昔からサッカーが好きで、僕の地元(平塚)のベルマーレで当時、18歳高卒ルーキーだった中田選手は、そこから怒濤の活躍で気がつけばイタリアやワールドカップで大活躍されて。初めて追いかけていた人が、どんどん上を目指して世界を渡り歩いている。僕の中で一番のヒーローでしたね。毎週、親父と試合を楽しみに観てました。―

―湘南ベルマーレサポーター広報室・室長に就任されるほど熱烈サポーターとか。ご自身でもサッカーは?―

たまに友達と集まってフットサルでやっています。

―中田選手と会われたことはあるのですか?―

まだないんですよ。会いたいですね。どこかでお会いできるといいですね。まあ、旅人でいらっしゃるので(笑)。“日本だけにとどまらない。世界は広いぞ”ということを認識させてくれた人ですね。

―演じる時に心がけていることや役作りはどのようにされていますか?―

基本的には「相手のセリフに対して、ちゃんと反応する」というのが一番かなと思います。セリフだけに捉われていると、生きている会話じゃなくなってしまう。というのが僕の中にあって、いつも必ずよく聞いて頭で感じてから喋るようにしています。「こう来ているからこう返す」とやるようにしてから、アクションやセリフ覚えも早くなりました。

―「よく聞いて頭で感じてから相手に返す」ことはすべてに通じるものがあると?

そうですね、ちゃんと意味があることをやっているはずなので。なかったとして意味をもたせるようにしています。

9J9A4137-2a

 

話題作に続々出演中の久保田悠来が出演、笑いの化学反応を楽しめる映画「内村さまぁ~ずTHE MOVIEエンジェル」は9月11日(金)から全国公開。

この続きは後編でご覧ください⇒http://ranran-entame.com/eventrepo/36416.html

9J9A5990-2a

【サイン入りチェキプレゼント】

向かって左側の写真の白い部分は撮影時のもので、傷ではありません。

●応募方法

RanRan EntertainmentのTwitterをフォローしてくださり、リツイートしてくださったのちに、ダイレクトメールからお申込みください。

Twitterアドレス  https://twitter.com/ranranentame

①久保田悠来チェキ希望
②お名前
③送り先

●締切 2015年9月12日23時59分

●  チェキはお選び頂けませんので、ご了承ください。
送り先は日本国内に限らせて頂きます。
抽選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。

関連記事


Page Up