Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

伝説の舞台『TRUMP』待望の再演、W主演に19歳の高杉真宙と早乙女友貴

2015/11/20 10:28

2015.11.19 取材:記事・写真/RanRanEntertainment

180A5537-1S

『TRUMP』は、大阪演劇界の旗手・末満健一(作家・演出家・俳優、ダリ・デルコ役としても出演)の代表作で、2009年の初演から大阪の小劇場で繰り返し上演され、今回が5回目の上演となる。ともに19歳の人気若手俳優、高杉真宙(まひろ)と早乙女友貴(ゆうき)がダブル主演をつとめることでも話題の『TRUMP』は、11月19日から29日まで東京・Zeppブルーシアター六本木にて、その後12月4日から6日まで大阪・サンケイホールブリーゼにて上演される。

180A5204-1S

繭期(人間でいう思春期)の吸血種《ヴァンプ》の少年たちが永遠の命を持つ《トランプ》という原初の吸血種の不死伝説に翻弄されていく物語で、主人公は人間とヴァンプの混血であるソフィとヴァンプ界の名門ダリ家の息子ウルの2人。ソフィとウル役には、この夏ドラマ『明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~』に主演し、映画『渇き』などで高い評価を得ている高杉真宙。そして兄・早乙女太一とともに子供のころからさまざまな舞台経験を積んでいる早乙女友貴。若き実力派の共演は非常に注目である。

 11月19日『TRUMP』の初日を迎え、ゲネプロの報道陣への公開が行われ、あわせて主要な出演者より初日を迎えての意気込みなどを聞くことができた。

180A5354-1S

末満健一:リバースキャストというちょっと変わったダブルキャスト。例えばソフィとウル。TRUTHバージョンではソフィが真宙でウルが友貴、一方REVERSEバージョンでは役が変わって、ソフィが友貴でウルが真宙。この二役はとてもからみが多いし、相手役を自分もやる。それを交互にやり合うので、とても演技が共鳴しあうし刺激し合う。演技合戦的なおもしろさが際立つ。特に主演の真宙君、友貴君お互い19歳両者のぶつかり合う演技合戦になっているところをお客さんに楽しんでほしいので、ぜひTRUTHバージョン、REVERSEバージョン両方を見ていただきたい。

とてもバラエティに富んだキャスティング。劇団★新感線の吉田メタルさん、キャラメルボックスの岡田達也さん、大衆演劇の早乙女友貴君、特撮の山本匠馬君、D-BOYSの陣内将君、大阪小劇場の大塚宣幸君など。異種格闘技戦。ぜひ演技合戦もお楽しみいただきたい。

180A5262-1S

 高杉真宙:ソフィはいろんな人に巻き込まれてどんどん物語が進んでいくので、最初は戸惑ったりしてすごく難しかった。一方、ウルをやるとどんどんウルに引き込まれる。ウルは気持ちが激しいので、その状態が楽しかった。ソフィにも最後にそういうシーンがあるけれど、最初はスピードが遅いので気持ちが作りづらかった。

初めて友貴君との共演したのは4,5年前に『田原坂』で、その後『里見八犬伝』でも共演、友貴君は八犬士・親兵衛役で僕は八犬士・小文吾の弟役。友貴君はすごいなと感じた。その再演でかつて友貴君が演じた親兵衛役を演じることになり、最初プレッシャーを感じた。今回友貴君のウルを見て、刺激された。自分が舞台の上でもっと行きたい。もっと勉強したい、負けたくないと思いました。

180A5310-1S

早乙女友貴:今回の共演はすごく楽しいです。今まで2回共演したことがあったのですが、そこまでからみの多い役ではなかった。今回ガッツリ組ましてもらって、役について言い合い、互いに教え合ったり、力を合わせていい作品になればよいと思います。

180A5272-1S

武田航平:(役柄として)生徒を大事に特別な想いで見ているのですが、ソフィを守らなければという熱い感情が、高杉真宙のせいで増幅してきて、ギューとかして(抱きしめて)、

そうせざるを得ない状況になっています。彼が魅力的ですので、アレンの航平君もどんどん稽古を重ねるごとに、ほっとけない状況になっています(笑)。

180A5213-1S

180A5222-1S

最後に、高杉真宙より:僕は『TRUMP』の台本を初めて読ませてもらった時、衝撃的でした。最期の場面の驚きもありましたし、自分がウルとソフィをやる。この2人をやるのかという驚きがありましたし、自分ができるのかなあと思ったりしました。今日が初日、不安と緊張もありますが、ここまで頑張ってきて、皆さまにも支えていただいたので、いろんな方に、ソフィとウルを見ていただきたい。いろんな見どころがあるので、ぜひ見に来てください。

180A5336-1S180A5238-1S180A5284-1S180A5546-1S

関連記事


Page Up