Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

伊藤英明が山Pのアクションを絶賛!完全実写映画『テラフォーマーズ』完成披露イベント開催!

2016/3/12 10:38

2016.03.09 取材:記事・写真/RanRan Entertainment

 

三池崇史監督の新作映画「テラフォーマーズ」の完成披露レッドカーペットイベントが、3月9日に東京・六本木ヒルズアリーナで開催され、主演の伊藤英明、武井咲、山下智久ほか、山田孝之、小栗旬、ケイン・コスギ、加藤雅也、小池栄子、篠田麻里子、監督の三池崇史が登壇した。

9J9A2842-2a

あいにくの雨と真冬並みの寒さの中、屋外に設置されたステージに豪華キャストたちが登場すると、会場から大きな拍手と歓声があがった。主人公・小町小吉を演じる伊藤英明は「皆さん、寒いでしょ!」と語りかけた後、「こんな素晴らしい熱気で迎えてくださってありがとうございます。感動していました!」と挨拶。ヒロイン・秋田菜々緒役の武井咲は「私は衣装を失敗したかな、というくらい寒くて…暖かく迎えてくださって嬉しく思います」と笑顔で語りかけた。続いて山下智久が紹介されるとひときわ大きな歓声があがり、「こういう華やかな雰囲気を作ってくれるのは皆さんのおかげです。今日はワクワクしながら、皆さんに会えるのを楽しみにしてきました!」と挨拶するとさらに大きな歓声があがった。

 9J9A2519-2a

原作・貴家悠、作画・橘賢一のマンガを完全実写映画化した「テラフォーマーズ」は、火星を舞台にしたスペースアクションエンターテインメント。伊藤は「アトラクションに載っているようなジェットコースターのような映画で、今まで観たことのない体感型ムービーです」と紹介した。

9J9A2643-2a

また、一人ひとりの体のサイズに合わせて作られたという宇宙服について、武井は「ミリ単位で採寸して作られたので、すごくピッタリなんですね。撮影の合間が少し空いたりするので、体型維持も大事だと思いながら撮影をしていました(笑)特殊メイクも初めてだったので、大変でしたけど楽しかったです!」と明かした。続けて、「今日の登壇者の中で、一番スーツが似あうベストドレッサー賞は?」と司会者から聞かれ、「やっぱり伊藤さんじゃないですか!近くでいつも撮影していたので、よくお似合いになってるなと思っていました」と語ると、「ありがとうございます!」と伊藤は照れくさそうな表情で答えていた。

9J9A2714-2a

また、脅威のアクションシーンに加えて、昆虫のDNAを体内に投入された登場人物たちが変異するシーンが見どころの一つでもある本作。中でも、元キックボクサーという武藤仁役の山下は、昆虫のサバクトビバッタに変異する役どころで迫力のアクションを見せているが、CGを加えて出来上がった作品を観て「自分が遠くの世界に行っちゃったような、自分じゃないくらい、かっこよくアクションシーンが出来上がっていて、本当にこの映画に携われてよかった」と満足気。

9J9A2490-2a

 そして、火星地球化計画の首謀者・本多晃役の小栗旬はもともと原作のファンだったそうで、「小吉役は伊藤さんだと聞いたので、完璧なキャスティングだなと思って、それだけで十分でした」と語った。続いて艦長の堂島啓介役の加藤雅也は、「この年齢になって、こういう変身もののオファーを頂けるのは嬉しいですし、何歳まで変身できるのかなと思いながらやらせて頂きました(笑)」と冗談を交えて話し、会場を喜ばせた。

9J9A2675-2a

女性が戦うシーンも多い本作だが、女性への見所について聞かれた大張美奈役の小池栄子は「意外に女性のほうがこういうの強いんじゃないでしょうか(笑)戦いっぷりも素晴らしいですが、やられっぷりも気持ちいいので」と明かすと、三池崇史監督が「俺のやられっぷりかな〜と思って(笑)」とコメント。また、本作の映倫区分が誰でも鑑賞可能な「G」になったことを明かし、「お子様からお年寄りまで楽しめるファミリー映画という称号をもらいました。小学生、中学生にも楽しんでほしいと、心から思っています」と述べ、「僕らは精一杯やったので、あとはお客さんのものです。できれば何も考えず、ただただ楽しんでください」とアピールした。

9J9A2724-2a

伊藤との共演について山下は、「伊藤さんとは何度も共演させて頂いていますが、どこの現場でもいつもカッコいい伊藤英明の背中を見せてもらえるし、伊藤さんが来ると現場に熱が発生するというか、活気あふれる現場になるので、毎回安心して身を委ねて撮影できます」と気持ちを明かすと、伊藤が「ありがとね!山Pのアクションも必見ですから(笑)」とすかさずリアクションし、ふたりの仲の良さを伺わせた。

また、三池崇史監督の現場で印象に残ったことを聞かれた小栗は、「いっぱいありすぎて一つに絞れない!」と困りつつも「いつも淡々と撮っていかれるので、ニヤニヤしながらモニターを見ている姿を見ながら『大丈夫かな〜?』と思いながらやっているという感じでした(笑)」と振り返った。

9J9A2812-2a

最後にファンへのメッセージとして、伊藤が「寒い中お付き合いくださいまして、ありがとうございました!劇場にお越しになる際は、ぜひ何も考えないで大人数で盛り上がって観て頂きたいというのが願望です!」と挨拶したあと「じゃ、最後に山下くんから一言」と紹介。会場が悲鳴のような歓声に包まれる中、山下は「すごいキャストとすごい監督と、観たことのないエンターテインメントど真ん中の映画ができましたので、僕もこの作品に携われて良かったと思っています。皆さん、ぜひ劇場に足を運んで頂ければと思います!」と呼びかけ、寒さの中にも熱気あふれるイベントの幕は降りた。

「テラフォーマーズ」は4月29日より全国ロードショーされる。

関連記事


Page Up