Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

今、最もキテる俳優パク・ソジュンがファンミーティングを開催!<後編>

2016/4/28 10:14

2016.04.26 取材:記事/RanRan Entertainment

写真提供/(c) Digital Adventure

IMG_9329 (1)a

<ドラマ再現コーナー>では、先ほどの雨に打たれるシーンと、バドミントンをしている時に、スカート姿のコ・ジュニの腰に上着を巻いてあげるシーンを2名のファンが再現。どちらもかなり近い距離感に、会場のファンは悲鳴に近い叫び声!カッコイイ姿でファンをドキドキさせたかと思うと、サイン入りポスタープレゼントでは、シウォンの顔の上に「すみません(笑)」と言いながらサインをしてしまう茶目っ気も!

<教えてソジュンssi>のコーナーでは予め用意したファンからの質問にソジュンが答えた。一人暮らしで、疲れたりするとキッチンのビールを飲むなどの日常の様子や、ファンはどんな存在か?という質問には「僕が演技を始めた時は、自分にファンができるなんて想像もしていなかった。したい事(俳優)ができているだけでも有難いのに、日本でもこんなに愛してくださり、感謝と申し訳ない気持ちがあります」と謙虚な言葉。親については、自分が軍隊へ行く時に寡黙な父が初めてみせた涙を見て、父に対して心を開き、自分の気持ちを伝える事が大切だと思うようになった、という温かいエピソードに会場は拍手。童顔がコンプレックスという女性からの相談では、自分は中2からこのフケ顔で悩んでいたと語り、会場は爆笑。

IMG_9814a

<ストラックアウトゲーム>でのロシアンシュークリームでは、食べてからしばらく無表情…しかし、カラシ入りの当たり!?を食べてしまい、すぐにクシャクシャの表情(笑)。

<パティシエ パク・ソジュン>のコーナーではシェフ姿に着替え、ファンクラブ結成1周年記念ケーキを作った。昨年のファンミでは「温かい一言」の役柄にちなみ、うどんでファンをもてなしたが…まさかのチョコをトッピングという過去が。最初は順調にフルーツを彩よく並べていたが、やっぱり最後に梅干しをトッピング!試食するファンが、不安気にソジュンを見ていると…男らしく自ら試食!なんと優しい!

歌のコーナーでは「ドリームハイ2」で共演した歌手キム・ジスが登場。ドラマの待ち時間にソジュンと2人でギターや歌って遊んでいたという。「私の心に入ってきて」(「魔女の恋愛」OST)、「ショコラ」(安全地帯)を披露。甘い2人のハーモニーに会場は酔いしれていた。最後に「花郎:ザビギニング」への意気込みと熊本における大地震へのメッセージを送った。「これからも一生懸命走ります!」という言葉に、まるで新緑の芽のような眩しさを感じ、清々しい気持ちになった。

アンコールの声に誘われて、「遠い道」(「彼女はキレイだった」OST)を歌いながら再登場。派手なパフォーマンスはないが、しっとりと心を込めて歌い、その後はファンクラブ限定イベントとしてハイタッチ会が行われた。お茶目で優しくて、時にはセクシーで、男らしく礼儀正しい…たくさんの魅力を持つパク・ソジュン。まだまだ走り続ける、今後の彼の勢いに注目したい。

前編~ http://ranran-entame.com/eventrepo/39719.html

セットリスト

M1 少女

M2 私の心に入ってきて

M3 ショコラ

M4 遠い道

 

関連記事


Page Up