Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

女優ハン・ヒジュが写真集「ハン・ヒョジュのすべて」を発売、発刊記念記者会見に登壇!

2016/5/9 23:50

2016.04.29 取材:記事・写真/RanRan Entertainment

 

4月29日、都内某所において、韓国ドラマ『華麗なる遺産』や『トンイ』などで人気の女優ハン・ヒュジュが、自身をまるごと1冊掲載したMOOK『ハン・ヒュジュのすべて』(ぴあ株式会社発刊)の発刊を記念して、購入者の中から抽選で選ばれた250名を対象としたサイン会を行った。また、サイン会の前に記者会見が行われは発刊についての思いを語った。

9J9A9349-3a

―2年振りのフォトブックの感想は?

今回の写真集は“春夏秋冬”というテーマで撮影したものや、今まで10年以上活動してきた作品について、一度にまとめたものもあり自分でもいろいろな作品に参加したんだと改めて振り返ることができました。ファンの皆さまにために作ったものですが、自分自身でもっていても価値のあるものになりました。

9J9A9389-2a

―映画『解語花』(原題)が4月13日より公開し、5月からは5年振りのドラマ『W』の撮影が始まりますが、それぞれの内容について

『解語花』は1年かけて撮影しました。自分の情熱を傾けて作った、忘れられない作品になりました。

これから放送される『W』ついて、『トンイ』後6、7年振りのドラマになりとても緊張しています。イ・ジョンソクさんと共演しますので、楽しく撮影できればいいなと思います。

―映画『解語花』、ドラマ『W』の作品の内容を具体的に教えてください。

『解語花』はある面では悲劇的なお話です。韓国の伝統的な正歌(チョンガ)の歌手になることを夢見る妓生(キーセン)の役です。

私が演じたのはソユルで、唯一無二友人ヨニ、その時代に一番優れた作曲家のユヌという3人が絡んだ話です。歌の練習、踊りの練習と挑戦することが沢山あって大変でしたが、自分にとってとても価値のある作品になりました。

ドラマ『W』についてはジャンル的には、ロマンテックコメディー、サスペンス、メロドラマと複合的は要素のある作品で、とても新鮮に感じました。この作品を選んだ理由は、とても台本が面白かったので自分さえ頑張れば面白いドラマができると思いました。

―ドラマ『W』はどんな役柄ですか?

医者です。ファンタジーな中に現実的な作品です。(笑)

4

―日本のファンとの交流で印象に残っていることは?

日本で初めてのファンミーティングです。沢山の方が来てくださって、最後の挨拶の時に皆さんが心を込めて沢山の拍手をしてくださった温かさが忘れられません。

―今までに出演なさった作品すべてが載っていますが、自身の女優人生について考えたことは?

本当にたくさんの作品で出演してきなあ~というのが正直な感想です。観ながらちょっと不思議な気分にもなりました。

演技しているときは役に集中しているので、前ばかり見ていたので過去の作品を振り返ることがなかったので、改めて見ると一生懸命俳優生活をしてきたんだなと思いました。また、感謝の気持と共に、当時の演技に物足りなさを感じたりといろいろな思いが沸いてきました。

4.29サイン会風景2a

― 一番見てほしいところは?

タイトルが「ハン・ヒジュのすべて」とあるように私の全てを詰め込んだ作品です。2年という歳月をかけて撮りためたものをこの写真集にしましたので、私のその時々の表情や雰囲気を見て頂けて満足していただけるのではないかと思います。

話していて気になったのですが、私の髪型は長い方と短い方のどちらが良いです?

記者から「長い方」という答えに「わかりました!」(日本語)と答えるハン・ヒョジュ。

―今後、日本で活動や共演したい俳優さんは?

俳優としての夢は良い監督さんと出会い良い作品を作ることですので、この夢はどの国に行っても同じだと思います。日本でも素敵な監督との出会いがあって映画であれ、ドラマであれ良い経験ができればと思っています。先日、ソウルで母と一緒に「はなちゃんのみそ汁」という映画を観て大泣きしていましました。この映画に出演なさっている広末涼子さんとは同じ事務所(日本で)なんですが、昔から大好きだったのでご一緒できたらよいな~と思います。それから蒼井優さんや是枝裕和監督も好きですのでご一緒できたらよいなぁ~と思います。

「ハン・ヒョジュのすべて」表紙a

ぴあムック『ハン・ヒョジュのすべて』

まるごと1冊ハン・ヒジュ!

巻頭40ページにわたる最新グラビア、出演作品全作解説、インタビュー!

見応え、読み応えたっぷり、ファン待望のコンプリートな1冊!

 

2016年3月31日(木)発売

全国書店、インターネット等にて只今好評発売中!

【定価】本体価格 3,600円+税

【仕様】A4判 本文オールカラー 112P

カバー付き+メイキングDVD(24分)

 「ハン・ヒョジュのすべて中面1」a「ハン・ヒョジュのすべて中面2」a

<掲載内容>

巻頭グラビア40ページ

ハン・ヒジュの最新グラビア

グラビア企画「四季物語」

春夏秋冬にわたって撮影された「AJ」人気連載グラビア企画を再録

ハン・ヒョジュ全映画&全ドラマ解説&インタビュー

ハン」・ヒョジュの好きな映画  etc…

 

ハン・ヒョジュ(Han Hyo Joo)

1987年2月22日生まれ。韓国忠清北道清州市出身。

代表作は『華麗なる遺産』(’09)、『トンイ』(’10)など。『トンイ』以降は『ただ君だけ』(’11)『王になった男』(’12)『監視者たち』(’13)など映画を中心に活躍。韓国で200万人以上動員し、大ヒットした映画『ビューティー・インサイド』が現在、日本で公開中。また、今年は5年ぶりにドラマへの出演が決定。イ・ジョンソクとの共演によるMBC連続ドラマ「W」が注目を集めている。

 

関連記事


Page Up