Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ブロードウェイミュージカル『CHICAGO』宝塚歌劇OGバージョン記者会見開催!

2016/5/11 11:08

2016.05.11 取材:記事・写真/RanRan Entertainment

 

5月11日、ブロードウェイミュージカル『CHICAGO』宝塚歌劇OGバージョンの記者会見が行われ、出演者から峰さを理、姿月あさと、湖月わたる、水夏希、大和悠河、初風諄、杜けあき。さらにニューヨーク公演限定の「宝塚アンコール」の演出を担当する三木章雄が登壇した。

9J9A2273-2a

ブロードウェイにて人気を博し、2014年には宝塚歌劇100周年を記念して史上初の女性のみのキャストで上演された本作。宝塚歌劇の歴史の真ん中を歩いてきたトップスターが各役を日替わりで演じる世界一「エレガント」なシカゴはその日ごとのカーテンコールでのイベントも話題を呼んだ。

また、昨年には本場ブロードウェイからスターが来日し本作を上演。作品が上演されて20周年を迎える今年、満を持して宝塚歌劇OGバージョンのシカゴが本場ニューヨークにて幕を開ける。

「シカゴ」の世界観さながらに黒を着こなし登場した出演者陣は誰しもに憧れられてきた元トップスター。そんな彼女たちが誰もが憧れるニューヨークのステージを踏むにあたっての気持ちを語った。

9J9A2300-2a

峰:「まさか再演できるとは思っていませんでしたし、ビリーフリンという役で宝塚を辞めてこんなに大好きな”男”に会えるとは思いませんでした。宝塚での海外公演はだいたいが和物のショーで、今回は台詞も言いますのでどのように受け止めてもらえるか楽しみです。」

姿月:「私は一足先にニューヨークでビリーの格好で挨拶させていただいたのですが、現地の方は女性が男装をすることにとても興味があるらしく楽しみです。力を合わせて頑張ります。」

湖月:「大好きなシカゴ、大好きなヴェルマに再び向き合えることが幸せです。今とても身の引き締まる想いで、前回よりも更にブラッシュアップされたOG公演にしたいと思っています。」

水:「1年半前にお話を伺った際に、誰もが憧れるミュージカルに出演できることをとても嬉しく思いました。前回は、コケティッシュに演じようと思ったのですが今回は、たくさん女性の役をやらせて頂いたうえで、セクシーに演じたいと思っています。」

大和:「前回演じた際は、衣装に頼らずに身一つで演じることに大変怖さも感じましたが、自分をさらけ出すことの楽しさも知りました。今回は大好きなニューヨーク、毎年メトロポリタンオペラを観に行っているリンカーン・センターにて演じられることが嬉しく、”清く正しく美しく”挑んで参ります。」

初風:「シカゴの音楽が流れてきて今やっと、現実になってきまして。(宝塚アンコールでは)ブロードウェイで『すみれの花咲く頃』を歌うんですよ。身の引き締まる思いです。本場にも絶対に負けてはいません。」

杜:「世界各国で演じられているこの作品をどう大胆に演じるか模索しています。私は今回からの参加ですが、海外公演というものは役者人生で一度経験できたら良いという貴重なものだと思っております。」

また、今回参加できなかった麻路さき、和央ようか、朝海ひかるはビデオでメッセージを添えた。麻路は在住のブラジル、和央はニューヨークと国際色豊かなビデオメッセージに最後の朝海は出演中の舞台の和装に日本髪で登場し、そのあまりのギャップに出演者一同手を叩いて笑いが起こった。

フォッシースタイルのダンスや過激なセリフの飛び交う内容、”清く正しく美しく”とは無縁とも思える世界観に飛び込むことは新たな挑戦の連続。その中での発見について聞かれると、

大和:「ストーリーを考えると、ロキシーという役は自分の気持ちに嘘なく生きるピュアさ、みたいなものが共感を得ていると思いまして、女子だけで強く生きてきた私たちと重なる部分もあるのかなと思いました。」

水:「宝塚時代からは考えられないシンプルな衣装で、ダンサーさんと”筋肉は裏切らない”とか言いながら筋トレばっかりしてます(笑)女性だけでやる素晴らしさを世界に発信できたらと思っています。」

湖月:「4年前にフォッシースタイルを知り、削ぎ落としていく大切さを学びました。少しでも成長したヴェルマを見せたいです。」

姿月:「振付のゲイリーさんに教わった際に、本場ではお稽古の時から黒しか着たりしちゃいけないとかルールがあると伺い、どこの世界でも規律はあって、それを守りながらやらなければと思いました。」

峰:「ビリーって、いっぱい喋るんですよ。ゲイリーさんとお芝居の練習をした時に、彼は英語、私は日本語で掛け合いをしたのですがそれでも芝居の”間”は変わらなくて。その感じをニューヨークでも出せるといいなと思います。日本でも公演しますので、なぜ宝塚でシカゴ?と思う人にこそ見に来て欲しいです。」

杜:「前回、スケジュールが合わずなくなく出演を諦めまして、時間が合わずに前回観劇もできていないんです。今、峰さんのお話を聞いてすごく楽しみになりました。」

初風:「お話をいただいたときには、私には無縁の世界だと思っていました。でも演じていくうちにこんなに自分に合っている役はないと思うようにもなってきて、大好きな役です。」

9J9A2353-2a

出演者も、「百聞は一見に如かず」と太鼓判を押す本作はブロードウェイに飛び立つ前に日本でも上演される。

ブロードウェイ×宝塚 の化学反応で前回よりもパワーアップした「CHICAGO」を是非劇場で!

ブロードウェイミュージカル『CHICAGO』宝塚歌劇OGバージョン

日程

横浜公演:7月9日〜14日 KAAT神奈川芸術劇場

NY公演:7月20日〜24日 デビット・H・コーク・シアター

東京公演:8月10日〜21日 東京国際フォーラム ホールC

大阪公演:8月25日〜31日 梅田芸術劇場メインホール

主催

TBS/キョードー東京/梅田芸術劇場

 

 

 

関連記事


Page Up