Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

乃木坂46の生駒里奈、主演ホラー映画舞台あいさつ中に「重大発表です」

2016/7/30 10:58

2016.07.30 取材:記事・写真/RanRan Entertainment

 

映画『コープスパーティー Book of Shadows』の初日舞台あいさつが30日都内で行われ、主演の乃木坂46・生駒里奈、石川恋、欅坂46・石森虹花らが登壇。生駒は「重大発表です」として本作の衝撃的展開を予告した。

DSC_4965a

同名人気ホラーゲームを乃木坂46・生駒主演で実写映画化したシリーズ第2弾。呪いのおまじない「しあわせのサチコさん」を行った事で多くの仲間を失った女子高生の直美(生駒)が、悲劇の舞台となった天神小学校へと再び戻る。

DSC_4896a

DSC_4824a

主演の生駒はクランクイン前にブログで“血まみれにしてほしい”と本作への意気込みを書き記していたが「もっと血だらけにしてほしかった」と不満顔で「次があったらもっともっと血だらけにしてほしい」とシリーズ第3弾製作への意欲を口にした。さらにグロテスクシーンを追加した“アンリミテッド版”の公開決定も自らの口で切り出し「監督によると、さらにもっともっと血の量が増えたり、ゴキブリだったりがあるらしい」と胸を張ってPR。ところが本作のお気に入り場面の話になると「共演者の前田希美さんをビンタするところ。モデルさんの顔を傷つけたくなくて、『ごめんなさい!』と言いながら撮ったのが印象的です」と反省気味に紹介した。

DSC_4853a

DSC_4913aDSC_4860aDSC_4833a

一方、映画初出演の欅坂46・石森は「私が手をかざして呪文を唱えた瞬間にゾンビみたいのがワーッと消えたのが凄い。生駒さんが本に手をかざした時に文字が動いたのにも感動した」とVFX技術にビックリ仰天。“ビリギャル”石川恋は「自分が殺される場面が好き。相手の方には“どんどん蹴って下さい”と、思いっきり蹴ってもらいました」と楽しそうで「斧で血が飛び散って殺される場面も覚えていますね」と喜々としていた。

DSC_4968aDSC_4916a

生駒⾥奈(乃⽊木坂46)主演映画『コープスパーティーBook of Shadows』

2016年7月30日(土)

シネ・リーブル池袋・立川シネマシティ他全国順次ロードショー&ニコニコネットシネマ公開

関連記事


Page Up