Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

浜辺美波がエゴサーチ宣言!劇場版「咲-Saki-」完成披露上映会

2017/1/19 10:20

2017.01.18 取材:記事・写真/RanRan Entertainment

舞台の上に総勢9名の美少女がずらり。まさに「壮観」だ。劇場実写版「咲-Saki-」の完成披露上映会が1月18日にTOHOシネマズ日本橋にて行われ、主人公・宮永咲役の浜辺美波、原村和役の浅川梨奈(SUPERGiRLS)、片岡優希役の廣田あいか(私立恵比寿中学)など清澄高校麻雀部の5人が初の公の場に顔を揃えた。

_0652_Ra

まるで甲子園を目指す高校球児のような青春とバトルが女子高生&麻雀という異色の組み合わせで展開される「咲-Saki-」。コミックから火がつき、アニメ化、そして実写ドラマ&映画化とその人気はとどまることを知らない。今回の完成披露上映会も400席があっという間に完売したという。客層は9割以上が男性で埋め尽くされ、サラリーマン風、学生風、年配の方とその年齢層は幅広い。20代の男性ファンに話を聞くと、もともとはアニメ「咲-Saki-」のファンで、実写版で浜辺美波さんを見てその可愛さの虜になったという。

フォトセッションa

清澄メンバーa

舞台には、顔、声、スタイルともに主人公「咲」のイメージぴったりと評判の浜辺美波、原村和役の浅川梨奈、そのアニメ声が片岡優希そのものと言われる廣田あいか、染谷まこ役の山田杏奈、竹井久役の古畑星夏の清澄高校麻雀部の5人が登壇。サプライズゲストにライバル校の加治木ゆみ役・岡本夏美、東横桃子役・あの(ゆるめるモ!)、龍門渕透華役・永尾まりや、久保貴子役・佐野ひなこが登場し、舞台上はさらに華やかに。

全キャストa

映画の中では、激しいバトルを繰り広げるメンバーだが、撮影中にかなり親しくなったようだ。その仲の良さは、舞台挨拶前、袖口からメンバー同士の楽しそうなおしゃべりが会場まで漏れ聞こえてきたことからも伺える。

浜辺さん3a

浜辺美波

浅川さんa浅川梨奈

廣田さんa廣田あいか

主演の浜辺が、メンバーについて「皆さん(この雰囲気で)分かっていただけると思うんですけど、皆本当にいい子で面白い人ばっかりなんですよ。浅川さんは全部をまとめてくれたし、星夏ちゃん(古畑)は面白い話をしてくれて、あいちゃん(廣田)は横顔を見るだけで幸せになれる子。(山田)杏奈ちゃんは同い年ということで沢山話をしました。(撮影は)タイトだったんですけど本当に幸せな一か月間でした。みんなのことが大好きになってすごく楽しい一か月でした」と話すと、廣田や山田が「ありがとう」「楽しかったね」と相槌を打っていた。

永尾さんa小沼監督a

この実写版、アニメ版の再現率が高いと評判だったが、原作・アニメに忠実な演出はさらなるサプライズゲストとして登壇した小沼雄一監督やキャストの『咲-Saki-』への愛によるものと判明。小沼監督は観客に向け「今回素晴らしいキャストがそろいました。実写化が難しい原作を、このキャストだったらやれると思えました。私としては100%『咲-Saki-』ファンのために作ったつもりです」と訴え会場は大きな拍手に包まれた。浅川も冒頭の挨拶で自身の演じたキャラクターについて「和(のどか)ちゃんのことを物凄く愛しています。」と話し、片岡優希役の廣田あいか(私立恵比寿中学)は、「本当に「咲-Saki-」という作品が大好きなので、皆さんに見ていただける日が来ると思うとドキドキするけど、公開されたら終わっちゃうんだなと思うと寂しいなと思います。よろしくだじぇ」とキャラクターになりきって挨拶をしていた。原作・アニメ版が充分リスペクトされているこの映画。アニメ『咲-Saki-』の熱烈ファンも一度はこの実写版を見てみてはいかがだろう?

牌投げ2a

舞台挨拶では、メンバーから観客に向けてガチャガチャのボールに入った麻雀牌を投げるというイベントも行われた。そのうちの9つの牌にはハートマークが入っており、見事当たり牌を手にした観客にはメンバーのサイン入りのポスターや台本がプレゼントされた。

さらにこの日は観客にもう一つのプレゼント。マスコミによるフォトセッション終了後、特別に1分間だけ携帯電話による撮影が観客に許可された。「マジか?」「そんなことあるの?」と降って湧いた幸運に観客がざわめき、会場には連写の音が鳴り響いた。

イベントの進行は浅川が担当。登壇者全員に話を振ったり、古畑のとんちんかんな答えに突っ込みを入れたりと堂に行ったMCぶり。本人は「私のふがいないMCに付き合っていただいて有難うございました」と最後に詫びていたが、会場は暖かい拍手に包まれた。

美少女満載、そして見所たっぷりのバトルシーン、青春ドラマと男性にはたまらないこの映画。最後に浜辺が「みんなで仲良くエゴサーチをしますので、感想とかツイッターなどでつぶやいてくれたら皆で拝見します」と挨拶した通り、映画の評価をキャスト自身も見守っているらしい。ファンにとっては熱烈ラブコールを送る絶好のチャンスではないだろうか。

_0598_Ra

<作品概要>
2006年から現在までヤングガンガンにて連載中の「咲-Saki-」は、麻雀競技人口が1億人を超え、日本でも大規模な大会が開催されている世界を舞台に、女子高生たちが全国大会を目指し麻雀に打ち込むという全く新しい青春麻雀作品として男女問わず多大な支持を受けている。今回その実写版として、昨年124日よりMBSTBSのドラマイズム枠にて全4話と1月放送の特別編を合わせた計5話のTVドラマシリーズの放送が終了し、23日(金)からは映画版が公開。監督は、学生時代に監督した映画「チャンス・コール」が今村昌平賞を受賞、『童貞放浪記』(2009)で注目され『結び目』『nude』(2010)などの作品でメガホンをとっている小沼雄一。脚本は、『ゴッドタン キス我慢選手権THE MOVIE2サイキック・ラブ』(2014)、『神様はバリにいる』(2015)など、多数の映画やドラマの脚本を手がけてきた森ハヤシが担当。

浜辺美波 浅川梨奈 廣田あいか 古畑星夏 山田杏奈
加村真美 樋口柚子 星名美津紀 吉﨑 綾 武田玲奈 ・ 岡本夏美 あの 大西亜玖璃 長澤茉里奈 山地まり
永尾まりや 柴田杏花 小篠恵奈 金子理江 菊地麻衣 / 玉城裕規 長谷川朝晴 佐野ひなこ / 夏菜
原作:小林 立(掲載「ヤングガンガン」スクウェア・エニックス刊)
脚本:森ハヤシ 音楽:T$UYO$HI(The BONEZ)
オープニングテーマ:「きみにワルツ」清澄高校麻雀部(Astro Voice/エンディングテーマ:「ハローグッバイ」フレデリック(A-Sketch

劇場版「咲-Saki-」は、2月3日(金)よりTOHOシネマズ日本橋ほか全国ロードショー!

公式HP> http://www.saki-project.jp/
<公式Twitter> 
@saki_project

 

 

 

 

 

関連記事


Page Up