Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

MYNAME、「MYNAME 2017 LIVE TOUR ~ALIVE~」を成功裏に終了!

2017/2/22 12:47

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

韓国5人組アイドルグループ、MYNAME218日、東京シーサイドフェスティバルホールで単独ライブ「MYNAME 2017 LIVE TOUR ALIVE」を行った。

1a

昨年127日に発売した4枚目のオリジナル・アルバム『ALIVEAlways In Your Heart~』では、オリコン・ウィークリーチャート2位、デイリーチャートでは1位獲得するなど勢いが止まらないMYNAME。そんな彼らが4thアルバムを引下げてのワンマン・ライブを24日は大阪で2公演、18日・19日は東京にて3公演を行い、バラードからポップなダンスチューンまでアンコールを含めた全25曲を披露。迫力あるパフォーマンスや見ごたえのあるソロステージで会場を熱狂させた。

3a

オープニング、ステージには赤いベルベットのジャケットを着こなしたメンバーが登場。会場割れんばかりの大歓声が沸く中、1曲目は4thアルバム『ALIVEAlways In Your Heart~』収録曲の『K.O.Monster』でダンサーを従え華やかな幕開け。続く『Gimme Gimme』『Sugar』『GOLD RUSH』と新旧織り交ぜたアップテンポな楽曲でフロアを一気にヒートアップさせた。

2a

MCタイムでは、セヨンが「僕の名前は?」と聞けば、ファンは「セヨン~!」と応え、インスの呼びかけには「インスマイル~!」と、マイガール(ファンの愛称)との息の合ったコール&レスポンスで盛り上げる。また、この日の夜公演は「LINE」のライブ配信サービス「LINE LIVE」で生配信されており、セヨンが「死ぬ一歩前までがんばる」と意気込む中、コヌはおどけてLINE通知音の「LINE~♪」の真似をしてファンを爆笑の渦に巻き込んだ。

5a

続いてインスの曲紹介から『Hocus Pocus』がスタート。さらに、ジュンQによる、少しひねくれた男の気持ちを描いた曲『ニガモンデ』や『Crazy Crazy』などノリのいいポップなナンバーを次々と繰り出し、ステージを熱く盛り上げていく。4thアルバムのPVメイキングやリリースイベントの映像を挟み、ソロステージへ。ここからの5曲はしっとりとしたバラードで観客を酔わせたメンバー。まず、トップバッターのインスは、自作曲『雪道』を披露し、哀愁を込めた歌声を会場いっぱいに響かせ、チェジンはコヌが手掛けたバラード曲『僕の心に』を歌唱。突然別れを告げて去って行った恋人に会いたいと願う恋心を切なく歌い上げた。続くコヌは自身の得意なスタイルで作り上げた曲『Good Bye To You』を情感たっぷりに熱唱。また、インスが手掛けた『RAIN』では、雨降る夜に去って行った恋人を思う切ない気持ちを5人のハーモニーでしっとりと表現。最後に呟くセヨンの「ミアネ(ごめん)」の一言がより一層、曲の切なさを際立たせていた。

12a13a

ここから気分を切り替え2回目のMCタイムに。トークでは2017年の目標を掲げ、「もっと歌手としてみんなが共感できる曲を作って伝えたい(コヌ)」。「歌ってダンスを見せることがとても嬉しい。振付師としても頑張りたい。TVとかでも(マイガールに)会えると嬉しい(セヨン)」。「(メンバーが)忙しい時など僕一人でも仕事をできるように頑張りたい(チェジン)」。「2017年はもっとレベルアップして頑張りたいし、今やっている音楽をたくさん皆さんに聴かせたい(ジュンQ)」。「もっと皆さんに愛を伝えたい。ソロアルバムやミュージカルもやりたい(インス)」とそれぞれが意欲を示した。

17a15a14a

ライブ後半は、ダンスパフォーマンスが炸裂!「聴いて!聴いて!」とおなじみセヨンの合図から『ノムveryマ』。一糸乱れぬファンのコールで熱く盛り上げると、続くセヨンのソロステージではダンサーと共にキレキレのダンスを披露。そこにフードを深く被ったジュンQが怪しげに登場し、セヨンと2人でアウトローな世界観を演出すると、セヨン&ジュンQによるデュエットで『Oh My Gosh』に。ステージいっぱいにダンサーを率いて踊る光景は、まるでミュージカルの一幕を観ているかのようで、この日のライブの一番の見どころとなった。

21a

さらに、インスが手掛けた『Crank up』ではファンも一緒になってペンライトや拳を突き上げ、そのままの勢いで『Stop the time』『WE ARE THE NIGHT』と繰り出す。『タンマレ』ではインスがアカペラでファンと大合唱し、エネルギッシュなライブ運びで一気に駆け抜けた。本編のフィナーレを飾ったのは、インスが手掛けた中毒性の強いメロディーラインがポイントの『FIREWORK』。セヨンが振付を担当したという5人同時に空を蹴り上げるダンスやキレ味抜群なパフォーマンスに会場のボルテージは最高潮に達した。

23a22a

アンコールでは衣装をライブTシャツに変えて、4thアルバムから『One more time』を披露。『Burning Love』ではメンバーそれぞれフリーダンスで会場を沸かせ、『We Made It』ではファンもメンバーもダンサーも一緒にマフラータオルを頭上で振り回しながら飛び跳ねる。さらに、セヨンが客席に降り立ち、ファンをさらなる熱狂の渦に巻き込んだ。ファンの興奮冷めやらない中、45日には5枚目シングルのリリース決定が発表されると、ふたたびファンから大きな歓声が沸き起こり、ラストはリード曲『Alive or Fallen』で会場一体になる盛り上がりを見せてライブを成功裏に終了。この日に生配信されたMYNAMEの「LINE LIVE」は43万超えの視聴数を獲得し、「いいね」の数は100万超えとなる人気ぶりをみせた。

8a9a

今後は48日から神奈川県・横浜ベイホールを皮切りに全国ツアー「MYNAME LIVEHOUSE TOUR 2017 The Eternal Story〜」が開催される予定で、今年も各地でMYNAMEの熱いパフォーマンスが繰り広げられる。

18日夜公演セットリスト>
M01. K.O.Monster
M02. Gimme Gimme
M03.  Sugar
M04. GOLD RUSH
M05. Hocus Pocus
M06. LAST TRAIN
M07. ニガモンデ
M08. Crazy Crazy
M09. 雪道 【インス ソロ】
M10. 僕の心に【チェジン ソロ】
M11. HELLO AGAIN
M12. Good Bye To You【コヌ ソロ】
M13. RAIN
M14. ノムvery
M15. DANCE CORNER【セヨン&ジュンQ
M16. Oh My Gosh 【セヨン&ジュンQ デュエット】
M17. Crank up
M18. Stop the time
M19. WE ARE THE NIGHT
M20. タンマレ
M21. FIREWORK
EN01. One more time
EN02.  Burning Love
EN03. We Made It
EN04. Alive or Fallen

10asia+StarJAPAN 創刊記念LIVE 10asiaJAPAN LIVE Vol.1
■日時
2017226日(日曜日)
1 13:15 開場 14:00 開演
2 17:15 開場 18:00 開演
■会場
大宮ソニックシティ 大ホール
■出演者
超新星 ソンジェ
MYNAME
100%
ハンビョル

関連記事


Page Up