Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

自己啓発本『コンプレックス力』を出版! SKE48須田亜香里に著書についてインタビュー!<後編>

2017/3/21 07:03

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

9J9A5931-3a

――今回の本のテーマは“コンプレックス”ですが、須田さんはアイドルなのに「かわいくない」という検索ワードで上がったりしましたよね? そのときはどんな気持ちでしたか?
今はそんなふうに言われても「みんなの印象に残っているということだよね」と前向きに考えられるので大丈夫なんですけれど、初めて「かわいくない」「ブス」って言われたときは衝撃でした。でも、その反面、「初めて自分にキャラがついてうれしい」と思うところもあったんです。ただ、失敗したのは、「かわいくない」と言われたことで逆に「かわいくないキャラでいなくちゃ」と思ってしまって、かわいくないキャラに見えるように頑張ってしまったことです。「かわいくない」と言われたこと自体より、「“かわいくないキャラ”は本当に私がやりたいことなのだろうか」というところで、ちょっと悩みました。

――言われたこと自体にはあまり落ち込まなかったんですね。普段からあまりへこたれないタイプなんですか?
いえいえ、超ネガティブです(笑)。でも「ネガティブじゃダメだ」と思って、どうしたらいいか考えた結果、「じゃあ、その逆のことやればいいじゃないか」という超ひねくれ者の精神が出て(笑)。最初は、ネガティブな自分とは真逆のポジティブな言葉を言ってみるように心がけました。たとえば、ネガティブな自分が「行きたくないな」と思ったら、「ポジティブな人ならなんて思うだろう、“行きたい!”だ」と。そんなふうに考えるようになったのが、ポジティブになったきっかけですね。

――ポジティブな気持ちになるように自分に言い聞かせたということ?
そういうポジティブな人に憧れたんです。私の中のアイドルは、ポジティブで、いつも笑顔で弱音を吐かないイメージだったので、そういうアイドルになりたくて、「ポジティブに見えるように」とか「弱音を吐かないように」とか、いろいろ強がったりしていました。でも、本音を言わないと自分にマイナスになることもあるなと気づいたんです。本当は傷ついているのに、「メンタル強いもんね」「プレッシャーがあったほうが頑張れるでしょ」なんて言われたりして。もともと自分が強がっていたからそう見られてしまったんですけれど、「見せている姿が本当の自分の姿じゃない、本当の自分をわかってほしい」という本音が言えなくなってしまったんです。それで、ポジティブというか、本音を言うことは大事だなと気づいたんです。その答えに行きついた葛藤なども本に書いてあります。

9J9A5809-3a

――現在はグループのリーダーということで、メンバーからアドバイスを求められることも多いと思いますが、そういうときに心がけていることはありますか?
自分の意見を押しつけないようにしています。私のアドバイスは考えの1つなので、相手がちょっと救われたり、視野がちょっと広がったりしたらいいなという気持ちで言うようにしています。結局は自分で考える過程が大切だと思うんです。自分で考えないと身につかないと思うので、私のアドバイスを参考に自分流のやり方を見つけてくれたらいいなと思いながら助言するようにしています。

――コンプレックスで悩んでいる人には、どんなアドバイスをしたいですか?
コンプレックスって、自分では気になるけれど、他の人から見たら気にならないことがほとんどだと思うんです。でも、誰でもあると思うし、あったほうが可能性が増えるんじゃないかなと思います。実際、私は、自分に足りないと感じるところがあるからこそ、助けてもらったり、補ってもらったりしていろいろな人と関わることができました。だから、完璧な人より、何か足りない人のほうがいろいろな可能性を秘めていると思うよ、と言ってあげたいです。

――今、コンプレックスはありますか?
声が、特徴があってイヤなんです。スタッフさんが「声に特徴があったほうが、大人数のグループの中では目立つし、味があるから、いいことだよ」と言ってくれるので、「なるほど」と思うけれど、「大人数ではいいけど、ソロでは映えないでしょ」と、ひねくれた考え方をしちゃったりするんですよね(笑)。「いいこともある」と考えるようにしているんですけれど、まだ自分の中では乗り越えられていないです(笑)。

9J9A5903-3a

――今回の本は、どういう人に読んでもらいたいですか?
ちろんたくさんの人に読んでもらいたいんですけれど、一番は、今の自分が好きじゃないと思っている人や、自分の居場所について悩んだりしている人。そういう人に絶対、読んでほしいなと思います。

――もし自分が書店の店員だったら、この本をどんなふうにお客さんに薦めますか?
うーん、そうですね…。「“コンプレックスがあるから自分が嫌い”と思わずに、コンプレックスがあるから好きな自分になれる本です」っていう感じかな(笑)。

前編~ http://ranran-entame.com/eventrepo/45938.html

YouTube~ https://youtu.be/wbaVnXvAPvc

須田亜香里(すだ・あかり)

1991年10月31日生まれ。SKE48チームEリーダー。愛称はあかりん。2009年にSKE48の3期生オーディションに合格し、翌年、正規メンバーに昇格。AKB48シングル選抜総選挙では、2013年に16位、2014年に10位になったが、2015年は18位で選抜落ち。しかし翌2016年は7位で“神7”入りを果たし話題に。

SKE48公式ブログhttp://www2.ske48.co.jp/blog_pc/detail/?writer=suda_akari

単行本『コンプレックス力 ~なぜ、逆境から這い上がれたのか?~』

3月24日発売 1,300円+税/産経新聞出版

9J9A6742a


【サイン入りチェキプレゼント】
●応募方法
RanRanEntertainment(ランランエンタメ)のTwitterをフォローしてくださり、リツイートしてくださったのちにダイレクトメールからお申込みください。
ダイレクトメールからはフォローして頂いていませんとお申込みができませんので、ご注意ください。
Twitterアドレス  https://twitter.com/ranranentame
下記をご記入頂きお申し込みください。
①須田亜香里チェキ希望
②お名前
●締切 2017年4月20日
●当選者の方にこちらからご連絡いたします。2日以内にお返事のない方は次の方に当選の権利が移ります。
●送り先は日本国内に限らせて頂きます。
 チェキはお選び頂けませんので、ご了承ください。
 抽選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。
 

 

 

関連記事


Page Up