Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

横山裕に門前が乗り移った!妄想歌謡劇「上を下へのジレッタ」幕開け。

2017/5/10 04:24

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

201757日(日)妄想歌謡劇「上を下へのジレッタ」初演に先立ち、東京・Bunkamura シアターコクーンにて、横山裕、中川翔子、浜野謙太、本仮谷ユイカが登壇してのフォトコール及び囲み取材があった。

9J9A1024-2a

本作品は、1968年に「漫画サンデー」に連載された手塚治虫の幻の傑作を原作に、幼い頃、その原作を読んで衝撃を受け、主人公のキャラクターが自身の作品世界に多大な影響をもたらしているという気鋭の脚本家であり演出家の倉持裕が自ら戯曲化し演出も手がけ、「妄想歌謡劇」と銘打ったストレートプレイにとどまらない、音楽劇とは一味違う、歌とダンスを取り入れた新しいジャンルの演劇となっている。

9J9A1035-2a9J9A1046-2a9J9A1040-2a

強烈な個性を放つダークヒーロー、自称・天才TVディレクターの門前市郎を演じるのは、歌手だけではなく、ドラマ、舞台、映画、バラエティと多方面で大活躍の横山裕。空腹になると絶世の美女に変身するという歌手・小百合チエに中川翔子、妄想の世界である「ジレッタ」を生み出すキーパーソン、山辺音彦に人気バンド在日ファンクのリーダーで俳優としての活動も目覚しい浜野謙太、門前のブレーンであり、元恋人の間リエに本仮谷ユイカが配役され、その他、銀粉蝶、竹中直人など豪華なキャストが集結した。

9J9A1173-2a

数多く訪れた取材陣を前に主演の横山裕は「歌って芝居をするというのが初めての経験だったので、わからないことだらけで大変でしたが、みなさんに助けて頂きながら、がんばりました。」とまずは初日を迎えた感想を述べた。

9J9A1239-2a

本作のために約二ヶ月に亘るボイストレーニングを敢行したそうで、頭の上にティシュー箱を載せて声を出すトレーニングでは「これ、ホンマに意味あるんかな?」と思ったり、箱を落として怒られ、何回も箱を投げたくなったりしながらも、必死にがんばったとのこと。その成果は、「めっちゃ歌ってますよ。気持ちいいです。音(声)が太いんですよ。」と共演の浜田謙太も太鼓判。

共演の中川翔子は「横山さんは、本当に原作の門前が乗り移ったみたいに、幕が開いた瞬間からギラギラして、すごいオーラです。」と、これまた絶賛。

9J9A1206-2a

何回か食事にも行き、チームワークも最高とのことで「横山さんはこの作品の中の大きな大黒柱であり、ボスであり、リーダーであり、大明神であり、最近、進化してゼウスになりました。」(中川)「僕らだけでなく、他のキャスト含めて十何人が横山くんが(一緒に」行くっていうと、ばーっと付いて行くんです。大明神です。)(浜野)「助監督のように、スタッフと役者を繋ぐ橋渡しもして下さっています。みんなに行き渡るように、いつも声をかけて下さって、目がいくつあるんだろうと思うくらいです。」(本仮谷)と、座長・横山に寄せる信頼は絶大だ。

9J9A1336-2a

「こんなに褒められることはないから、恥ずかしい。他の(関ジャニ)メンバーが見ていたら、ホントに恥ずかしい。」と大汗の横山だが、二日前に誕生日を迎えた中川にケーキとプレゼントも用意したというエピソードも明かされ、その決め細やかな心配りに偽りはない。そして、二日後に誕生日を迎えるという横山は、「サプライズして下さい、みなさん!」と訴え、笑いを誘っていた。 

9J9A1381-2a

「バラエティー豊富な出演者の方々とどんな化学反応を起こすか、楽しみにして頂きたいです。それぞれ登場時に歌う場面がありますが、歌い方もそれぞれで、本当に魅力的なメンバーが集まったと思います。6月半ばまで、出演者、スタッフ共々、走りきりたいと思います。ぜひとも楽しみにして下さい。」(横山)

知る人ぞ知る異色中の異色作でもある原作を演劇界の次世代を担う注目の演出家が、個性も才能も溢れるキャストたちと一緒に作り上げる舞台が非常に楽しみである。

9J9A1028-2a

公演名称     妄想歌謡劇「上を下へのジレッタ」

原作         手塚治虫
脚本・演出    倉持 
音楽         宮川彬良
出演         横山  裕 中川翔子 浜野謙太 本仮谷ユイカ
             小林タカ鹿 玉置孝匡 馬場 徹 銀粉蝶 竹中直人 他
企画協力     手塚プロダクション
企画・製作    Bunkamura

【東京公演】
会場         Bunkamura シアターコクーン
公演期間     57日(日)~64日(日)
お問合せ     Bunkamura 03-3477-3244 10:0019:00http://www.bunkamura.co.jp 

【大阪公演】
会場         森ノ宮ピロティホール
公演期間     610日(土)~19日(月)
主催         サンライズプロモーション大阪
公演名称     妄想歌謡劇「上を下へのジレッタ」
原作         手塚治虫
脚本・演出    倉持 
音楽         宮川彬良
出演         横山  裕 中川翔子 浜野謙太 本仮谷ユイカ
             小林タカ鹿 玉置孝匡 馬場 徹 銀粉蝶 竹中直人 他
企画協力     手塚プロダクション
企画・製作    Bunkamura 

【東京公演】
会場         Bunkamura シアターコクーン
公演期間     57日(日)~64日(日)
お問合せ     Bunkamura 03-3477-3244 10:0019:00http://www.bunkamura.co.jp

【大阪公演】
会場         森ノ宮ピロティホール
公演期間     610日(土)~19日(月)
主催         サンライズプロモーション大阪
お問合せ     キョードーインフォメーション 0570-200-888 10:0018:00

 

 

関連記事


Page Up