Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

野村萬斎、佐藤浩市ら登壇!日本文化のたくさん詰まったエンターテインメント映画『花戦さ』完成披露上映会開催

2017/5/30 07:01

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

5月29日、『花戦さ』完成披露記者会見の終了後、有楽町朝日ホールに場所を変え、「完成披露上映会」舞台挨拶が行われた。登壇者は、先ほどの出席者から市川猿之助、高橋克実を除く9名。(主演の野村萬斎、佐藤浩市、中井貴一、佐々木蔵之介、山内圭哉、和田正人、森川葵、吉田栄作、そして篠原哲雄監督)

180A3524s

萬斎(池坊専好)「少年のような役をさせていただき、少年のような池坊専好がいろいろな人間関係の中で戦に挑む、それがチャンバラではない花をもってという優しさに注目してください。」

佐藤(千利休)「ギラギラじゃない佐藤浩市が見れます!(笑)」

中井(織田信長)「撮影は2日間、3シーンくらい。私が出ているのは最初と最後。もし、俺が出てなかったなと思う人は最初から寝てたと思ったほうがいいと思います(笑)。」

180A3490s

佐々木(前田利家)「華道茶道を極めた人が命を落として戦う物語です。一方、こんなにお茶とかお花が身近なんだなと思える非常に豊富な時代劇になっています。肩肘張らずにご覧ください。」

山内(池坊専伯)「最初に台本はいただだいたときから、シンパシーを覚えやすいお話だと思ってました。」

和田(池坊専武)「この専武という役は、専好さんに翻ろうされながらも、専好さんことが大好きで尊敬して 誰よりも専好さんのことを愛している役です。萬斎さんことを大好きになろうと妄想しながらやってまいりました。そんな僕ボーイズラブといっても過言でないような熱い萬斎さん愛をこの作品で少しだけ味わっていただければよろしいかと思います。」

180A3438s

森川(れん)「すごい方たちと一緒にここに立つという緊張と人たち皆さんの前に立つという緊張でさきほどからおなかが痛くて痛くて・・。このあと皆さんと一緒に映画を見させていただけることですごく楽しみです。」

吉田(石田三成)「花の申す力が花の狂言が何百年も前から人々の勇姿なりの汗の活力になるということをこの作品を通して改めて勉強させていただきました。」

篠原監督「京都でずっと撮影しておりまして。お花は池坊さん、お茶は、表千家、裏千家、武者小路千家の三千家の方にご協力いただきました。花の力というか、刀ではなく花で権力に対して向かっていく男たちの姿をゆっくり堪能していただければありがたく思っております。日本文化の深いところでは人の心を癒やすということを感じていただけければと思います。楽しんで観ていただけるかと思います。」

萬斎「(京都での撮影で印象に残っていることは、)京都の撮影所に入ると皆さん京都弁でしゃべり始める。ぼくは初めてだったんで京都弁でしゃべるのは大変だったんですけど。ネイティブの方もいれば、ちょっとエセっぽい人もいて(笑)。とにかく京都弁に慣れようと言うことで、皆京言葉で話をするのが印象的でしたね。」

佐藤「茶道は大変でしたね。見ている方々が違和感を感じないようにできるだけなめらかに手の動きに気をつけたんですが、監督は手しか取ってくれないので吹き替えでも良かったんじゃないか(笑)。」

180A3405s180A3563s

最後に、萬斎が、「(本作は)日本の文化がたくさん詰まっています。これから日本の教科書というか、スタンダードになるんじゃないかというぐらいに文化の薫りに満ちているので、そこを楽しんでいただきたい。そして武力に対して文化の力、芸術の力がどれだけあるのか。今ミサイルをちらつかせているヤツがいますが、そういうことではなくて対話をする。対話をするためのきっかけに花であるとか、お茶であるとか、絵であるとかそういう文化・芸術があると確信するものです。そして、この映画は楽しくご覧いただけますし、泣けるところもあり、すがすがしい気持ちでご覧いただけると思います。厚みがある映画だと思います。脚本がいいと思います。オリンピックを前に日本の力をSNSでつぶやいていただければ幸いです。」と締めくくった。

180A3553s

 

花戦さ
6月3日(土)全国公開
©2017「花戦さ」製作委員会
配給:東映

関連記事


Page Up