Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

観月ありさ、旗揚げ公演で“ナースの先輩”松下由樹と共演! Reading Concert「『12月25日、雪』~天国と地獄~」

2017/12/1 01:50

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

女優、歌手、モデルとして活躍する観月ありさがプロデュースする「座・ALISA」の旗揚げ公演“座・ALISA Reading Concert「12月25日、雪」~天国と地獄~”の制作発表会見が11月22日、都内にて行われ、座長を務める観月ありさとCXドラマ「ナースのお仕事」シリーズ以来の共演となる松下由樹が出席した。

DSC_7069a

本作品は、作曲家ジャック・オッフェンバックの喜歌劇「天国と地獄」を原作に、日本のクリスマスに起こった悲喜劇にリライト。朗読や歌、ダンスを織り込み、大人の愛の中に忘れ去られたピュアな愛を教えられる女性賛歌のリーディング・コンサート作品となる。第一弾の共演には本作で振付も担当するA.B.C-Zの五関晃一、コング桑田、佐藤永典が出演する。

DSC_7012a

観月は自身がプロデュースする「座・ALISA」の旗揚げ公演のきっかけについて「何かプロデュースしたい気持ちが強かったんです。ずっとお芝居をやってきて、歌もコンスタントにやってきたので、両方を兼ね備えたステージができないかなあと思いました」と説明。

続けて「この舞台ではお芝居はリーディングという形で表現し、そのお芝居に合わせて自分の今までの作品(持ち歌)を歌っていこうと思いました。一緒にステージに出ていただく方は誰がいいかなと考えたとき、一番長く一緒にお芝居をさせていただいている松下さんにお願いしたいなと思いました」と共演のいきさつを語った。

DSC_6967a

役どころについて観月は「亡くなっている魂の役。恋しい人に想いを伝えられなかった無念に気づいてくれたキューピットたちがその恋を応援してくれる、といった信じる気持ちを改めて問う内容になっています」。観月と久しぶりの共演となる松下は「ありさちゃんから旗揚げ公演の第一弾でお声をかけていただいて光栄に思いました。どんなリーディング・コンサートができるのかワクワクした気持ちで待ちわびています。いままで“先輩後輩”のイメージが強いかと思いますが、今回は大人のドラマチックな作品になっていると思いますので、新たな一面を観ていただけたら」と共演する喜びを口にした。

DSC_6997a

観月が「舞台の中で由樹さんに踊ってもらおうかな(笑)。さきほど『由樹さん、踊れます?大丈夫ですか?』と言ったのですが(笑)。無理難題を言いながら楽しくやっていきたいと思います」と明かすと松下は「初耳なんですけど(笑)」と、苦笑いしつつも「ありさちゃんが旗揚げした公演が成功となるよう、できる限りやれることはやりたいと思います!」と意欲を見せる。改めて観月は「この作品は信じるという気持ちを問う作品。私の中の、信じる気持ちというものをこのリーディング作品に込めて頑張りたいと思います」と意気込みを語った。

DSC_7022a

「ナースのお仕事」で長く共演してきた二人はお互いの長所を問われると、松下は「動じないところ。若いときからキャピキャピしていなくて年下なのに頼もしい。一瞬の集中力があって引き込まれる」と称賛。観月も「由樹さんの背中を追いかけてついて行く感じだった。現場で悩んだり落ち込んだりしていると、すぐに気づいてくださって『どうしたの?大丈夫だからね』という心強い言葉を常にかけてくださるとてもいい先輩」と互いに厚い信頼を寄せ合った。

DSC_6973a

タイトルの『12月25日、雪』に因み、理想のクリスマスについて問われた松下は「ホワイトクリスマスのようなしっとりしたクリスマスも素敵ですが、みんなで集まってワイワイするクリスマスの方が楽しそう」。観月も「ワイワイと過ごしたい。今年のクリスマスも家族と友人と大人数で過ごすと思います」とプライベートも充実している様子。

最後に観月が「リーディング・コンサートという形で第一弾旗揚げをさせていただきました。来てくださるお客様が『楽しかった。感動した。こういうピュアな恋愛いいな。信じる心っていいな』と改めて思っていただけるような舞台にしたいと思います。是非みなさん観に来てください」と呼びかけ締めくくった。

DSC_7076a

「座・ALISA Reading Concert喜歌劇『天国と地獄』オッフェンバック原作より『12月25日、雪』天国と地獄」は、12月11日(月)~13日(水)は東京・天王洲銀河劇場、12月20日(水)~21日(木)は大阪・サンケイホールブリーゼにて上演される。

最新情報は公式サイトhttp://www.rising-pro.jp/artist/alisa/ にて随時公開。

【東京】
12/11(月)19:00開演
12/12(火)14:00開演
12/13(水)17:00開演
会場:天王洲 銀河劇場
【大阪】
12/20(水)19:00開演
12/21(木)15:00開演
会場:サンケイホールブリーゼ
出演:
観月ありさ/松下由樹/五関晃一(A.B.C-Z)/コング桑田/佐藤永典
チケット料金:全席指定 7,500円(税込)
※開場時間は開演30分前
※未就学児童入場不可
原作:オッフェンバック 喜歌劇「天国と地獄」
台本・演出:モトイキ シゲキ
振付:五関晃一(A.B.C-Z)
音楽監督:鎌田雅人
お問合せ:
東京 イベントインフォメーション:0570-550-890 (平日13:00~17:00)
大阪 キョードーインフォメーション:0570-200-888(全日10:00~18:00)
主催・製作:座・ALISA Reading Concert製作実行委員会

 

関連記事


Page Up