Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

A.B.C—Z戸塚祥太、初主演ミュージカル『恋する♡ヴァンパイア』開幕! ロバート・デ・ニーロばりの体重増減も「仕上がりは2000パーセント」

2018/3/10 09:52

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

A.B.C–Zの戸塚祥太が主演するミュージカル『恋する♡ヴァンパイア』が3月9日(金)に開幕。開幕に先立ち、東京・天王洲アイル銀河劇場で囲み取材および公開ゲネプロが行われ、主演の戸塚と乃木坂46の樋口日奈、Six TONESでジャニーズJr.の京本大我が意気込みを語った。

9J9A6370-2s

本作は、2015年に上演された同名映画の連動展開として、映画のストーリーを新たにミュージカル作品として刷新したもの。映画ではヒロインの目線から許されない恋物語が描かれたが、本作では人間の男の子からヴァンパイアになった哲の目線から人間の女の子・キイラとの間に生まれた恋心の行方を、時に切なく、時にハートウォーミングに見せる。

会見で戸塚は「1カ月近くみんなで稽古してきたので、初日の幕が開くのが楽しみです。最高の恋のミュージカルになっていると思います」と挨拶すると、「見どころは、ヴァンパイアと人間の世界が入り混じるというファンタジーな世界で、キイラちゃんと哲くんのラブ事情です。そこに京本大我が演じるハルトがどう絡んでくるのかも注目してもらいたい」とアピールした。 

9J9A6420-2s

一方、京本は「尊敬する戸塚くんの舞台に出させていただけるとても貴重な機会。稽古でもたくさん学ばせていただきましたが、ステージ上でも学べるところはしっかり学んでいきたいと思います」とコメント。「ヴァンパイアの学校が出てきたり、ポップなところもありますし、胸キュンのラブコメディー要素もあって世界に入り込みやすい。僕が出てないシーンで思わず涙してしまうシーンもあるので、まばたきしないで楽しんでもらいたい」と本作への思いを語った。

9J9A6421-2as

 本作の制作発表時、減量することを宣言していた戸塚だが、「7〜8キロ落として、7 〜8キロ戻しました」と明かすと、京本からは「よく戻せましたね!」と驚きの声が。戸塚は、役柄によって体重を大きく増減させて演じきることで知られる名優にかけて「ロバート・デ・ニーロです!」と冗談で返し会場を盛り上げると、体重を増やすために「(ヴァンパイア役なので)赤いものを食べようと、牛肉や赤ワインをすっごい食べました」と話した。

一方、筋肉をつけたいと話していた京本も「僕も筋肉は落ちました」と苦笑いするも、「ライブもあったりして思った体にはならなかったんですが、いつもへなちょこなんで、初日からかっこいい京本大我を見せつけたいと思います」と自信ものぞかせた。

本作は、戸塚にとって初のミュージカル作品となるが、戸塚は「自分としては色々と乗り越えなければいけない壁がありましたし、ここからも苦戦しながらやっていくと思います。でも、自分を『ラ・ラ・ランド』のライアン・ゴズリングだと思い込んでやります」と胸を張り、会場を笑わせた。

9J9A6761-2s

また、樋口は本作でアコースティックギターの弾き語りに初挑戦。稽古でギターを初めて弾いたという樋口は、「大変でした。弦を押さえると指が痛いし、思うように音が鳴らなくて…。改めてギターが弾ける人ってすごいなって思いました」と話す。稽古中には、戸塚や京本からギターを教えて貰ったことも明かした。

9J9A6716-2s

「仕上がりは2000パーセント。初回から完璧です」と笑顔を見せた戸塚。「ヴァンパイアと人間の許されない恋を描いた、多くの人に楽しんでいただけるラブコメになっています。この恋するパワーで日本全国を盛り上げていきたいと思います!」と意気込んだ。

ミュージカル『恋する♡ヴァンパイア』は以下の日程で上演。

3月9日(金)〜11日(日) 東京・天王洲銀河劇場
3月16日(金) 広島アステールプラザ
3月23日(金)〜3月25日(日) 大阪・森ノ宮ピロティホール
3月28日(水)〜4月1日(日) 東京凱旋・天王洲銀河劇場


 

関連記事


Page Up