Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

豪華絢爛なTGM2018開催!ジェジュンも熱いステージを披露!

2018/4/3 06:00

取材:記事・写真/RanRanEntertainment
ジェジュン写真提供/©TGM 2018

2018年4月1日(日)東京ガールズコレクションがプロデュースする“都会のミュージックフェス”第3弾となる『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2018』が横浜アリーナに約13,200名のオーディエンスを集め、“BE YOURSELF”をテーマに、ファッションとミュージックが融合した、女の子の「大好き」が詰まった“都会のガールズフェス」として盛大に開催された。

1DX10206s1DX11402s1DX11072s

オープニングアクトには、まずは、SNS界の歌姫として同世代から支持を集めている実力派MaRuRi、ボーカル&手話パフォーマンスグループHANDSIGN、デビュー前から話題沸騰の本格派ダンス&ボーカルユニットD.Y.Tが次々と全力で歌を披露、会場の空気を温めた。そして、清純さとパワフルさを併せ持つ韓国発のガールズグループGFRIENDは、5月の日本デビュー曲となる「今日から私たちは(Me Gustas Tu)」を含む2曲を溌溂とパフォーマンス。

1XM21462s

1DX12032s1DX12324s

本編のスタートは、心に響く歌声とサウンドで幅広い世代に愛されている清水翔太がこの日もキレのあるボーカルで、お馴染みの「君が好き」や最新曲の「Good Life」など新旧織り交ぜたラインナップを披露し、会場の熱気を一気に急上昇させた。続いて、シューティングアクトとして10代20代の注目を集めている男女混合ユニットのlol-エルオーエル-が登場、爽やかに「Ice cream」など2曲を歌った。イケメン5人組ダンス&ボーカルグループDa-iCEは、アップテンポの「TOKYO MERRY G ROUND」やSKY-HIを迎えての「SUPER FICTION」など、圧巻のパフォーマンスを見せた。

1XM22897s

途中、5月11日(金)公開の映画「ラブ×ドック」の主演女優である吉田羊と親友役の大久保佳代子が登場、笑って泣けて、最後は一緒に幸せを感じられるという大人のラブコメディーをPR。さらに映画の主題歌を担当した加藤ミリヤが、その主題歌「ROMANCE」を披露し、花を添えた。

1DX13986s1XM23766s

1XM25616s

Da-iCEとのコラボステージで熱いステージを見せたSKY-HIが、再び登場し、DJとダンサーを従え、魅力的な歌声とマシンガンのようなラップで「Smile Drop」や「One Night Boogie」などをオーディエンスを巻き込んだ熱狂的なステージングで会場のボルテージを上げた。余韻冷めやらぬ空気の中、引き続き観客を熱くさせたのは、三代目J Soul Brothersのパフォーマーとしても活躍するCRAZY BOY。前日、東京ガールズコレクションでも大いに会場を盛り上げた勢いそのままに、「NEO TOKYO」「Tropical Paradise」など4曲を大熱演。

1XM24157s

シューティングアクト4人組のガールズグループFAKYは、個性あふれるダンスとボーカルで「Surrender」「Candy」を披露、続くDOBERMAN INFINITYにバトンを渡した。この日MCとしても活躍したSWAYが、アーティストして4人のメンバーと一緒にステージに登場。4/18発売のニューアルバムに収録されている男同士の友情を描いたという新曲「春風」や、ファンにはお馴染みの「DO PARTY」「SAY YEAH!」など8曲を圧巻のパフォーマンス、観客を魅了した。

5R7A5121s5R7A5115s5R7A5182s

この日のラストを飾ったのは、ソロとして活動をスタートし、今、大きなスポットライトを浴びている韓国発のアーティスト、ジェジュン。名前がコールされると、会場中にグリーンンと赤のペンライトが揺れ、その登場を待つ熱気は最高潮に達した。ロックテイストの楽曲を披露したかと思えば、中島みゆき作の名曲「化粧」をしっとりと聴かせ、「Good Morning Night」では、オーディエンスとの掛け合いを見せ、アンコールの「One Kiss」まで、ヘッドライナーとして堂々たるステージを作り上げた。

5R7A5096s5R7A5306s

出演アーティスト、シークレットゲストを含め15組超、公演時間4時間を超える豪華絢爛な公演は、オーディエンスの心に沢山の彩り鮮やかなパフォーマンスを刻んで幕を下ろした。

 

関連記事


Page Up